ホーム > タグ > 100質回答

100質回答

俺屍一族に20の質問・【ver.俺屍R】息子さん用 R水月炎

質問配布→

回答者・R水月炎 質問読上げ・養女紅音
R水月炎・男31・火髪火瞳火肌 紅音・女18・火髪火瞳水肌。くれはさんちからお迎えした養子ちゃん

1. あなたのお名前は? またご存じの方はその由来なんかを。

炎(エン)です。家訓により、初代様の真名を明かすことができないので(苦笑)、家の外での呼び方は「15代目」、家の中では「炎さん」か「当主様」ですね。
当家のしきたりにより「男子は一文字」なのですが、髪が「紅蓮の炎のように赤くて、来訪時の素質が『火』だけ飛びぬけていたから」と聞いてます。

2. 現在の年齢と、わかれば誕生日・血液型を教えてください。

1歳6ヶ月。街の人たちに換算すると28歳前後になるそうです。誕生日は1024年4月23日、血液型はB型。

「え? 炎さんB型なんだ!」

当家では、『初代様の第1子長子家系はAB型、それ以外は皆B』だそうです。先日調べてくださった薬屋さんが驚いていましたよ。
血の区分は、知っておかないと討伐で大怪我をしたときに困りますから、後で紅音さんのも教えて下さいね。


「うん。じゃ薬屋さんとこ行って調べてもらうね! 炎さんがB型って意外というか、納得したかも。……っていうより。水月さんちの偏り具合に、わたしもビックリ!」

3. 髪の色、瞳の色、肌の色を教えてください。

髪は紅蓮の赤、瞳は深緋(こきひ)、肌は濃い褐色。瞳は、哀が自分に似てくれて嬉しいです。

「わたしと炎さんってホントの親子じゃないけど、哀ちゃんと3人並んでもちゃんと親子に見えるから、何だか嬉しいな。イケメンのお父さんって自慢できるし!」

紅音さん、「いけめん」って何ですか?

「顔の話だよー! 水月さんちは、嵐さんとか侑さんとか、海さんとか。男前が多くてイケパラだよねっ!」

まぁ、嵐ちゃんのことは『役者張りに顔が派手』やとは侑さん海さんも言うてたから解らんでもないけど……って、何でもないです! 次の質問は何ですか?
(炎、紅音が自分の口元を驚きの表情で見ているのに気がついて慌てて口調を戻す)

4. 身長、体重、靴のサイズ(笑)なんかも教えてください。

「はい。これ見て、換算して答えてくださいだって」(紅音、換算表を炎に渡す)

(暗算、苦手なんやけど……)紅音さん、後ろの文机から算盤とってくれませんか。
ええと、182cm、74kg。靴は履いたことが無いからわかりません。

5. あなたの口調、一人称、二人称は?

口調は、当主になってからはそれなりに振舞えるよう気をつけています。一人称は当主として外に出るときは私、それ以外は俺。

「わたしは、炎さんの口調は、さっき嵐さんのお話してくれたときみたいな方がいいなー。なんか気を遣わせちゃってる気がするんだもん。
それと、『紅音さん』って。ちょっと淋しいよー」

え? そうな、の?(やば、今ウッカリ『そうなん?』って言いかけたー!!)
ま、嵐ちゃんから当主継いだとき、口調に気をつけるって約束してもうたし。……って、アカンわ。嵐ちゃんのこと思い出すと、ついつい口調が元に戻ってまうなー(苦笑)


「遥にいちゃんとお話してるときと、おんなじでいいよー。外歩いてるときのビシッとした当主様もいいけど、こっちの炎さんも素敵」

そうか? なら、自分のことはこれから『紅音ちゃん』って呼ぶことにしようか。

「うん! そっちならいいよ!」

6. あなたの父君、母君のお名前を教えてください。

父神は鹿島中竜様、母は咲羅。我が家の家訓により、鹿島様のお子は何人もいますよ。

7. ご職業は何ですか?

薙刀士です。

8. 愛用の武器・防具・お気に入りの装飾品はありますか?

闇の光刃、鎖かたびら。

「炎さんに闇の光刃って、すごく似合うしカッコイイよねっ! 火がずばばーん!て出るのもカッコイイし!」

装飾品は、そうやなー。お気に入りとは違うけど、『当主の指輪』かな。お揃い……とはちょっと違うけど、嵐ちゃんから受け継いだものやし。
そういえば、宮城さん家に行った俺の分身は、紅音ちゃんと遥がつけているのと同じ福鈴を嵐ちゃんとお揃いで初代様から貰ってたらしくて、正直ちょっと羨ましいな。


「え? じゃー遥にいちゃんだけじゃなくて、嵐さんと炎さんも養子に行ったんだ。色んなおうちとご縁があるんだね!」

9. 朱の首輪をつけたこと・・・あります?

無いです! 嵐ちゃんは『術を覚えたいって本人が言うならアリかも?』って言ってたけど絶対ダメ!
俺の代から家訓に追加しますからね! わかった?

10. あなたのオススメ戦術は?

萌子を重ねがけしてから、奥義を親玉戦で使う。可能なら奥義併せ。

「え? 薙刀の奥義ってもっとバンバン使っても大丈夫なんじゃないの?」

当主になってからは、嵐ちゃんの戦術を参考にしてるから。つい、なー。

「じゃあ、当主になる前は?」

嵐ちゃんに鏡とか、あとは威力の大きい火の術をバーンとォ! 使ってみるとか(笑

11. 「交神の儀」についてどう思っていますか?

血を絶やさないため……というより。
『一族と神様、力をあわせて強くなって、京の街と天界をバーンとォ! 救っちゃうための通過点?』って、嵐ちゃんが言ってたんだ。
俺も、そんな感じかな。

12. 「氏神」さまについてあなたの意見を聞かせてください。

俺の母さんとか、嵐ちゃんは『嫌だ』って言ってたみたいやけどなぁ。俺は、もし推挙されたらなっても良いよ。
天界で、哀や紅音ちゃんと仲良くちゃぶ台囲んで、初代様みたいに一族の行く末を見守るのも悪くないって思うから。


「やったー! 天界もイケパラになるね!」

(嵐ちゃん……俺は嵐ちゃんと違って、初代様と同じ場所からみんなを見守ることは出来ひんかもしらん。
でも、居場所は違っても、家族を大事に思う気持ちは、嵐ちゃんや初代様にも負けへんって思ってるよ)

13. こんちくしょー、家出してやる! と思ったことはありますか?

無いよ! 紅音ちゃん、まさか哀とケンカでもした?!

「違うよー! 質問表に書いてあるんだってば! っていうか、せっかく長旅してイケパラにたどりついたのに、わたしが出て行くわけないよー」

14. 口説き文句をひとつどうぞ。

え、あ……ごめんして!(顔真っ赤)
くそ、嵐ちゃんに巻物の読み方だけや無くて、こんなんも聞いといたら良かった。


「炎さん、かわいい!」

自分の娘に『かわいい』言われて喜ぶ男がおるか! はよ次の質問を読上げて!

「はーい」(うん、炎さんってやっぱ『ギャップ萌え』なイケメンだよね! 来て良かったー!!)

15. リーダー、参謀、その他大勢。自分はどの位置だと思いますか?

当主やから、『リーダー』って答えなアカンでしょ。

「炎さんは、充分頼りになるリーダーだよー。イケメンだし」

16. 休養中、何をして過ごしますか?

体がなまらんように修練とか、イツ花ちゃんの買い物に付き合って荷物持ちとか。

「じゃ、今度、遥にいちゃんと一緒に、わたしと可憐ちゃんのお買い物にもつきあって!」

ああ、いいよ。

17. あとちょっとで迷宮最深部、というところで一月が経過。あなたなら続行しますか? それとも帰還?

翌月の予定によるかな。怪我人いたら絶対に、無理をしないで帰る事。

「え? 意外。炎さん、討伐のとき怪我とかあんまり気にしないでしょ」

これも、当主継ぐときに嵐ちゃんから釘さされてなー(苦笑)。
当主になったら、『自分の怪我ももちろん、家族みんなの体調管理に気をつけるように』って何遍も言われたから。

18. 見事朱点打倒を果たしました! そのときあなたの心境は? また、その後の人生についての希望はありますか?

ありがとう、みんな。母さん、海さん、侑さん、嵐ちゃん……見てるか? 解けたで、呪い。……って、報告できたら、嬉しいなあ。

「うん。それが出来るように、あたしや遥にいちゃん、哀もがんばるね!」

19. イツ花さん・黄川人さん・初代様に対して一言ずつお願いします。

イツ花ちゃん。そうやな、バーンとォ! 気が合うな(笑)。

黄川人。多分、自分のこと『黄川人』って呼んでくれるん、俺や遥、紅音ちゃんぐらいが最後やろなー。
ま、初代さまの事やから、顔合わしても一発殴るぐらいで許してくれるんと違う? ただ、あの人のことやから、平手やなくてグーで顔に思いっきり一発やと思うけど(笑)


初代様。いつも、見守ってくれて家の掃除まで手伝ってくれてありがとう。
悲願達成まで、まだまだかかりそうやけど、もうちょっと待っといてください。


……こんなところかな。

「うん、黄川人については正直、『イケメンだから許す!』とは言えないかなあ」

20. お疲れさまでした。最後に一言どうぞ。

お疲れ様でした。何や、『嵐ちゃんが書付燃やした』って海さんが言ってたからどんなこと聞かれるのかと思っとったけど、普通のことばっかやったね。

「炎さん、これ、記念にもらってもいい?」

書付のこと? そんなんで良ければ、ナンボでも(笑)

「やったー! 紅音の『イケメン宝箱』に保存!」

あ、そうや紅音ちゃん、甘いもん好き? 嫌いやなかったら、六時屋の『期間限定・柚子氷』これから一緒に食べに行かへん?

「わーい! 嬉しいな! イケメン当主様とデート!」

俺屍一族に20の質問・【ver.俺屍R】息子さん用 片瀬秋幸・秋征・嵐

質問配布→
↓回答者1・片瀬秋幸(下4右2・男21)・回答者2・片瀬秋征(下4右2・男21左前着付)↓  ↓回答者・嵐(下6左1男子)

回答者1・片瀬秋幸(下4右2・男21) 回答者2・片瀬秋征(下4右2・男21左前着付) 回答者・嵐(下6左1男子)イメージCV・かわのをとや
俺屍一族に20の質問 【ver.俺屍R】息子さん用

1. あなたのお名前は?

片瀬 秋幸(カタセ アキユキ)
片瀬 秋征(カタセ アキマサ)
片瀬 嵐(カタセ ラン)、で良いのか? 生まれた時の名前は別にあるけど、今の俺は片瀬の一員だしな。

2. ご存じの方はその由来なんかを。

そうだね……父が「春駒(ハルマ)」という名で、槍家系は春夏秋冬が入ると聞いたことがあるから、その関係なんじゃないかな?

(プレイヤー曰く「名前考えるの苦手なので実は高校時代の同級生の名前コッソリ借りてます。アキユキごめん! 双子だったんで、弟の方は元の漢字そのままで読み方変えることにしました」とのこと)

あ、これ俺は実家の方で答えてるんでパス。

え、教えてくれてもいいじゃん。

書付……は、燃やしちゃったんだっけ。
まあ良いや、隠すほどのたいした由来じゃないし(笑)。
俺の実家では「男は一文字女は二文字」っつー慣例があって、その関係。
風の女神の子供だからってコトらしーんだけど、「風」だと前にいた兄貴……顔見たことねーケド、同じ女神から授かった別家系の先人と被るから変えたんだと思うよ多分。

3. 現在の年齢と、わかれば誕生日・血液型を教えてください。

8ヶ月。生まれは世界の理に触れるから今は言えません(笑)血液型はAB。

8ヶ月だよ。血液型はBだね。双子だからユキ君と一緒なんだけど、嵐くんもあわせると三つ子みたいだねー! 弟ができたみたいで嬉しいな。

いやマサ……双子は後から生まれた方が兄らしいから、そういう意味だと本当はお前が長男なんだぜ?

(※双子の後生まれが兄という説は地域によります。現在は先生まれが兄で戸籍法で統一されてるらしいです。生まれ年で兄弟決めるなら、嵐が兄で真ん中に秋幸、末子が秋征ですね。ただ片瀬家は双子後生まれ兄説を採用してるので、秋征・秋幸の順になります。現当主は槍家系でなく薙刀家系のハミ出た双子の片割れがなった剣士なので、厳密に言うと家系図上で嵐とは兄弟ではありません)

4. 髪の色、瞳の色、肌の色を教えてください。

髪は新緑みたいなツヤツヤの萌黄色、瞳は土守護の鬱金色(うこん)いろ、肌は水守護の象牙色。一卵性の双子だから二人とも同じだよ。

濃い目の深緑の髪、琥珀色の瞳、肌は茶褐色(風髪・土瞳・土肌)……なんだけど、片瀬の玄関くぐったときに若干、髪の色味が変わった気がするんだよねー。
もうちょい暗めの色合いだった筈なんだけど、俺の髪。(前髪をつまむ)
あ、ちなみに宮城さんちに行った分身の方は、若干青みがかった緑に変わってたみたいだな。

へー、不思議だね。じゃあ僕も、天来さんちに行ったら髪の色が変わるのかな?

それは困るなー。入れ替わって遊べなくなるじゃないか。

小さい頃ならともかく、今は入れ替わるのムリなんじゃないかなあ。
昔は、見分けられるの父さんぐらいだったけど、今は僕とユキ君じゃ体つき違うからすぐバレちゃうよ。

(プレイヤー注:弓使いの秋征は、左右の腕の太さが違うので槍装束着たらバレバレです。ヘンな癖のある嵐と違って、秋征は大胸筋もついてる方です。つまり戦装束じゃなければ入れ替わってもバレないというお話)

5. 身長、体重、靴のサイズ(笑)なんかも教えてください。男のスリーサイズは聞いても楽しくないので聞きません(笑)

173cm、65kg、27cm。ふーん、スリーサイズ聞くのやめたんだ(笑)

176cm、68kg、27cm。オレとマサは大体同じかな。

目方はユキ君の方がちょっとだけあるよ。多分、鍛えてるから骨と筋肉の分が違ってきてるんだろうね。

6. あなたの父君、母君のお名前を教えてください。

父さんの名前は春駒(ハルマ)。母神は太照天昼子様。

7. ご職業は何ですか? あなたが剣士さんでない場合、銘入りの剣にあたる「自分だけの武器」ってあったらやっぱり嬉しいですか?

オレは槍。マサが弓。どっちかに奥義継がせなきゃいけなかったから、跡取りに決まったオレと違って、マサは好きな職業選べって言われてたんだけど。

嵐くんを迎えるのが判ってたら、拳の指南書を選んだんだけどねー。

え、何で?! (そこまで東と一緒かよ!)

攻撃範囲が弓と似たりよったりだから。
うちは過去に弓家系があったから、弓使いの装備が比較的充実してたんだよね。
僕が弓を選んだ理由は、後列からも攻撃できるし敵陣のどこでも狙い撃てるからなんだ。大筒も悪くは無いんだけど、防御に若干不安があるから。

あ、そう。あーびっくりした。

何? どういうこと?

ああ、俺さ……実は宮城家とも養子縁組してんの。
で、宮城さんちで二人にそっくりの拳法家――東(アズマ)っていうんだけど。
玄関前でバッタリ会ってさ。
平樹家から宮城家に養子に来たらしいんだけど、母神が一緒だから実はホントに兄弟だったんだ。
性格は――そうだな、どっちかっつったらマサ君の方に似てるかな。
ちょっと天然でほわーっとしたトコなんか、マジ瓜二つだぜ?

嵐、分かってないなー。マサはこう見えて頭に血が昇りやすいから、オレ結構苦労してるんだぜ?

ごめんねユキ君(苦笑)。あ、そうそう。銘入りの剣だけど、あれは命を食らう剣ってイメージあるから、僕はあまり持ちたいと思わないねー。

オレも同感。

8. あなたのオススメの、奥義の使いどころを教えてください。

あー…奥義。奥義ね……なんでかわかんないんだケド、片瀬の玄関くぐったら使い方忘れちゃったんだよ。つーことで俺パス。マサ君たちはどんなカンジで使ってんの?

オススメってわけじゃ、ないんだけどさ。そのときそのときの隊長の指示で、ユキ君が「無敵陣春輝」で盾になってくれてる間に、梵ピンで底上げして剣の奥義併せが定石かな。
剣士にばかり負担かけるわけにもいかないから、僕も合間に連弾弓を打つこともあるよ。

オレは、アタッカーに回るときなら梵ピンかけて体力最大の状態での「秋穂万歳殺」かな。
体力の基本値が上がるほど強力になる奥義だから、日々の鍛錬は欠かさないようにしてるよ。

9. 朱の首輪をつけたこと・・・あります?

あ、先月つけたよね。

え? 何でまた?!

もういい加減、決着をつけたいからさ。「太照天を覚えるのに必要な心の力は足りてる」って当主様が言ってたからね。

マサがやるって言ってる以上、オレだけ逃げるわけにいかないだろ。

まあ正直……また「つけろ」って言われても「勘弁」、かな(苦笑)

別に痛かったり、体がどうこうって訳じゃないんだけどな。なんっかこう「陰鬱な気分」にさせられるもんな、アレ。

そうなのか……

10. 街の人や御前試合でのお役人など、外部の人から見て貴方の御家はどのように見られていると思いますか?

あー……。先祖の、槍の奥義3つ作って氏神になった、春輝さんのときモメにモメたらしいから。あんまり良くは思われてないんじゃね?

何か最近、御前試合ときの物言いにも棘があるよね(苦笑)。

11. あなたが当主さまだとしたら、資金の配分はどのようにしますか?(例:とにかく宗教部門につぎ込んで奉納点を下げる、刀鍛冶を呼びたいから公共部門に5 割・・・など)

うちはわかり易いよ。
「幻灯枠? 姿絵? そんなものが何の役に立つ。宗教部門と公共部門につぎ込んで、商業はとりあえず『火渡りの石』が店頭に並ぶまで復興が進めば問題ない。余ればそのとき当主になったヤツが適当に考えろ」
だもんね。初代の指針。
硬派というより『硬派な男前に憧れる若造』って感じの人だよね、うちの初代様。

ああ、だから水月家の初代に頭が上がらないんだろ。

どっちかっていうと、あれはビビってるというより「先輩」とか「師匠」的な雰囲気じゃない?

待て待て二人とも。ってか、片瀬の初代様って『水月初代』を何か誤解してないか? あの人、剛毅な性格には違いないけど、きれいなモンとか可愛いモンとか大好きでさ、「鎧や薙刀なんて拾い物で充分、そんな血腥いものに注ぎ込む余裕があるなら幻灯屋に可愛い枠が追加されるように投資しろ」って言うような人だぜ? 『硬派』ではないよな、少なくとも。

え? そうなの?

いや今の話から察するに、水月の初代はもしかして普通の女性なのか?! 戦装束でないときは男袴に脚半だからてっきり少年かと。

ユキ君はその辺、鈍すぎだよ……水月初代様が女性なのは、ぱっと見でわかるでしょ。
男装してるのは何か事情があるんだと思って、触れないようにしてたけどさ。

いや、水月初代が男袴か着流しなのは、すげー単純な理由だから。
「ただ単に家にある着物の着丈が合うのがこれしかないからだ」だとさ。

僕はちょっとよくわかんないんだけど。「かわいいものやきれいなものが好き」な女性なら、普通は綺麗な着物を好んで着るんじゃないの?

あー……その辺が、あの人の性格なんだよね。
「見る分には女物の着物は美しくて良いが、自分で着るとなると動きづらくて適わん。やはり可愛い女の子に着せて、見ているのが一番だな」だってさ。

ああ、判った。つまり、ウチの現当主に「機能重視で男物を着るが、内面はかわいいもの好き」の要素を足したら水月初代になるってことか。

12. イツ花さんと、太照天昼子様って・・・・・・似てますよね? あなたはどう思います?

別人なんじゃないかな。昼子さまは僕らの母上だしね。流石に、両方に会っちゃってたらわかるよ。

13. ふたつの呪いが無かったら、どんな人生になっていたと思いますか?

うーん。そもそも僕たち生まれてきてないんじゃないかな。

生まれて来てたとして、マサと双子だったと仮定するなら、オレは相変わらず、どっか抜けてるのに喧嘩っ早いマサの面倒見てるのは変わんねーと思うな。

あ、俺はこの質問はパスで。実家の方でも答えてねーもん。

14. 結魂の儀について。既に一人、結魂した相手が居る状態で、さらに別のお嬢様から求婚のお申込みが。受ける? 受けない? あなたならどうしますか?

宮城家に行った嵐って、結魂してるんだよな。

……俺は宮城嵐じゃないからね(苦笑)。宮城嵐の想い出は、水鏡を通じて間接的に見てただけだから、自分の気持ちとして語ることは出来ないかなー……。
今の俺は申込むのも可能だけど、ソレは黒蓉さんに申し訳ないから無しで。
受ける方に限って言えば、何回でも可能らしいけど。

まどろっこしいな。じゃあ聞くけど、「片瀬嵐」の考えはどうなんだよ?

片瀬嵐である俺の考え方として言わせて貰うけど、「特別な感情」を期待してるなら、他の男探した方がイイよ。
片瀬の男なら、能力値で他にもっと……ユキ君やマサ君の方が強い子を授けてくれる筈だから、二人に頼んだ方が良いんじゃないかな?

うーん。何ていうのかな、嵐くんってちょっと淋しい考え方するところがあるのかな? もしかして。
要約すると「能力値で見て、嵐くんの子が欲しいって思ってるお嬢さんのお申し出ならお断りしません」ってことで良いの?

まあ、そうなるかなー。

オレは多分、片瀬の氏神か天界の女神にお願いすることになるんだろうけど……マサは、好きに選んでいい立場なんだから遠慮とかするなよ。

15. 「交神の儀」についてどう思っていますか?

いやこれも。どうもこうも、なきゃお家が断絶しちゃうでしょ。

家絶やさないだけなら、養子迎えるとか結魂で子を授かるという選択も今は可能だぜ?

ユキ君……これ多分、艶っぽい返答を期待してるんだよ(苦笑)。
せっかく嵐くんが上手くかわしたのに、何でそこでツッコんじゃうかなあ。

16. 当主様のこと、どう思っていますか?

男前だよね。(※特徴→風評:男前)

男前だな。

……水月初代といい、実家での男祭りといい、何で俺ってば「可憐系女子」と縁が薄いかなー。

みさおさんは「可憐系女子」に入らないのか?

あー…何だろ。みさおさんは充分魅力的な女性デスがー。
琵琶とか三味線が特技の女子って、何でかわかんないけど俺、苦手なんだよね(苦笑)

17. こんちくしょー、家出してやる! と思ったことはありますか?

積極的に家出しようとは思わなかったけど、「朱ノ首輪」を着けたら何かやたら厭世的になったよね。

マサを置いて家を出るとか、正直ねーし。

片瀬に来てからは無いかな。

18. 口説き文句をひとつどうぞ。

え、初対面同然の兄弟口説けって? 何の罰ゲームですかソレー? 勘弁してー!(笑)

ムリ。そんな急に振られても思いつかないよ。

じゃーオレもパスで良いか?

19. イツ花さん・黄川人さん・初代様に対して一言ずつお願いします。

イツ花? 猫、飼いすぎ。初代様が許可したらしいけど、オレはその判断、間違ってると思うぜ。

黄川人さんに関しては、そうだね……彼のことそう呼ぶのって、よくて春騎さんの代までだよね。僕らからしたら「近いうち行くから首洗って待ってろよ」かな。

……片瀬初代のことを二人がどう思ってるかは、さっきの資金配分のトコで大体わかったかなー。
ところでコレ、俺はノーコメントってことにさせてもらってイイかな?

嵐くんは、ご実家でこれと同じような質疑応答に答えてるんだよね? じゃ、良いんじゃないかな。

ありがとーマサ君!

20. お疲れさまでした。最後に一言どうぞ。

え? もう終わり? コレ100個あるんじゃなかったっけ。

そんなに沢山質疑応答してたら何時まで経っても広間に行けないでしょ(苦笑)

あっさりモードっていうヤツなんじゃないか?

成程ねー。ユキ君、マサ君、お疲れ様!

おう! じゃ嵐、着いて早々で悪いけど歓迎の宴席があるから、広間行こうぜ。

俺屍一族 娘さんに100の質問回答・鷹羽雫海&伽羅

1. あなたのお名前は?

鷹羽 雫海(たかば しずか)

鷹羽(七瀬) 伽羅(きゃら)

2. ご存じの方はその由来なんかを。


母神の名前から一文字、それと当家の「しきたり」によるものだと聞いている。

当家のしきたりっていうのは、親神さまのご加護があるように、『火水風土』の守護を織り込むということなのね。
で、あたしの場合、風の神様の娘だからお香からとって「伽羅」。
家に来たとき、イツ花ちゃんが「母君と同じ、甘い香りがします」って言ってたからってのも関係してるらしいんだけど、伽羅香って明らかに「甘い香り」じゃないわよね(笑)


3. 現在の年齢と、わかれば誕生日・血液型を教えてください。


淑女に年齢の話なんてしちゃダメよ?

…伽羅姉が、答えたくないなら私も口を噤もうか。

4. 髪の色、瞳の色、肌の色を教えてください。


そうね、雫海ちゃんは金茶の髪に、冬の海に似た深青の瞳、肌は都の人みたいな健康的なお肌ね(土髪水瞳土肌)。
あたしは緑の黒髪、茜の瞳、お肌は健康そうな桜色。(風髪火瞳風肌)


5. 身長、体重、靴のサイズ(笑)なんかも教えてください。


伽羅姉は、その辺の男より背が高いな。私は人込みに埋もれる程小柄だから、少し羨ましい。

(プレイヤー注・伽羅の身長:172cm、雫海の身長:142cm。設定上、伽羅は鷹羽家の中でも例外的な大柄。雫海は鷹羽平均サイズ)

6. スリーサイズを教えてください(笑)上から順に。


……殺す。

こればっかりは、あたしも雫海ちゃんに同意ね(苦笑)。

7. あなたの口調、一人称、二人称は?


一人称は私、二人称は貴殿・貴君。ぺらぺら喋るのはあまり得意な方ではない。

一人称はあたし、二人称はあんた、口調? 勝気ってよく言われるわ(苦笑)。

8. あなたの父君、母君のお名前を教えてください。


父は勇魚(いさな)、母は那由多ノお雫様だ。

父は東雲(とううん)、母神様は風車ノお七様よ。

9. ご職業は何ですか?


薙刀士。薙刀は女物に強力な武器が多いのだ。

雫海ちゃんは事情があって、戦装束は男物を着てるんだけど、得物は女物なのよね。

10. 愛用の武器はありますか?


はふりの鋒と秋津の薙刀を交互に使っている。

あたしは、はふりの鋒とブンブン刀。北斗旋風が欲しいトコなんだけど。

11. 愛用の防具はありますか?


とくにこれと言ったこだわりは無い。イツ花にまかせて「最強装備」で決める。

12. お気に入りの装飾品は?


気に入っているわけではないが、当主ノ指輪か。先祖の英霊には感謝している。

あたしはたすきがお気に入りかな。迷宮で走り回るのには欠かせないわよね。

13. 朱の首輪をつけたこと・・・あります?


つけたところで心の値が足らぬ。

それを、雫海ちゃんに言わせなければならない自分の不甲斐なさが口惜しいわね。

伽羅姉、何を――

雫海ちゃんは、心を痛めずにそんなこと出来る娘じゃないもの。

14. 奥義を覚えたら使っちゃいたくなる方ですか?


使いたくなるというより、私が考案した奥義は自動発動の弾き返しだからな。

ま、あたしはそのときそのときの必要に応じて?

15. あなたのオススメ戦術は?


守りを固め、攻撃に転じよ。

萌子を重ねがけして双光斬! 美津乳や蛇麻呂使っとくのもいいわよね。
あとはうん、やっぱ薙刀は前列出てナンボでしょ。敵が一列に並んでるときなんか、アゲアゲになるわよね!


16. 携帯袋の中に常に入ってるものってありますか?


神仙水。

有寿ノ宝鏡? あと御玉。イツ花ちゃんも言ってたけどさ、たまには親に元気な顔見せてあげなきゃね?

17. あとちょっとで迷宮最深部、というところで一月が経過。あなたなら続行しますか?それとも帰還?


目的無くただ進むのは愚か者の所業だ。

まあ、帰ってお風呂入りたいし? 巻物や指南書をどーしても取りたいッ! て時なら続行もアリなんじゃない?

18. 御前試合とふだんの討伐。実は身支度の時間、違ってたりします?


質問の意図が理解できぬ。

まー正直、素敵な殿方でもいれば身支度に気合いも入ろうってモンだけどさー。

19. 実はあまり行きたくない迷宮ってあります?


愚かな。そんな惰弱なことで「公儀討伐隊」が務まるか。

20. 逆にオススメな迷宮とか。


オススメというか、闇の光刃欲しいから、九重楼とか相翼院とか、よく行ってるわね。

俺屍息子さんに100の質問 氷雨(5ヶ月)&藍晶(1ヶ月)

俺屍息子さんに100の質問

質問配布→
聞き役・伽羅(藍晶母) 回答者・氷雨(5ヶ月時点) &藍晶(1ヶ月時点)
聞き役・伽羅(藍晶母) 回答者・氷雨(5ヶ月時点) 回答者・藍晶(1ヶ月時点)
アイコン提供:みやぎゆう

1. あなたのお名前は?

鷹羽 氷雨(たかば ひさめ)です。
藍晶(らんしょう)!

2. ご存じの方はその由来なんかを。

……ええと、あの。

「何? 氷雨くん」

伽羅さん、母から何か聞いてませんか? 俺、実は自分の名前の由来を知らなくて。

「――雫海ちゃんったら……。いいわ、教えてあげる。氷雨くんの名前はね。雫海ちゃんが交神に行った時、冬のさなかの2月にしては珍しく雨が降ってたのね。
鷹羽家での名付けは、『親神の加護がわかるように火水風土の守護を持たせる』か、人間側の親の意向で決まるの。氷雨くんの場合は前者ね。
ただ――個人的な感想を言わせて貰うなら『もっとあたたかい名前をつけてあげればいいのに』って思ったわよ。はじめに君を見たときにね」

うん! 氷雨はあったかいし優しい! 綺麗だし、おれ氷雨大好き!! あ、母さん、おれは? おれは?!

「それは、氷雨くんに訊いたら?」(今なんか、この子ヘンなこと言わなかったかしら? まぁいいか)

え? 母さんがつけてくれたんじゃねーの?

――ごめんね、嫌だった? 藍晶が家に来るときにね、家族のみんなでひとつずつ、新しく家に来る子の名前を考えたんだよ。
土の神様の子供だから――と俺は藍晶石から『藍晶』を挙げたんだ。


そうなんだ! ありがとう氷雨!

「ちなみに、あたしが考えてたのは単純に父神さまからとって『小次郎』。――藍晶、何よその目は。わかりやすくて良いじゃない!」

なんでもないよー!(……ありがとう氷雨。そして氷雨の提案を採用してくれた当主様!!)

3. 現在の年齢と、わかれば誕生日・血液型を教えてください。

5ヶ月――街の人たちの年齢にあてはめるなら14歳前後でしょうか。最近すこし、喉の調子がおかしいかな。
誕生日は、1025年4月生まれです。


1ヶ月! 向かいの家の正ちゃんとおんなじくらいだってイツ花ちゃんが言ってた!
誕生日は1025年8月。


「そっかー。男の子だもんね。氷雨くん、大丈夫。ソレ病気じゃないから。子供の声から大人の男の人の声に変わりつつあるのよ。順調に成長してる証拠ね。
藍晶は、そうね……街の人たちの歳にあてはめて考えるなら八つかそこらってところね」

4. 髪の色、瞳の色、肌の色を教えてください。

はいはーい! おれ! おれ言いたい!!
氷雨の髪は空色。目は夕暮れみたいな蒼。肌は……んっとーえっとー、街の人たちみたいな健康そうな肌色? 氷雨のそらいろの髪、綺麗だしサラサラしててさわり心地が良いから大好きだ! なー、触ってもイイ?


いいよ。――じゃぁ、藍晶の守護の色合いは俺が答えようか。
黒に近い深緑の髪、金に近い翡翠色の瞳、肌は南国の人みたいな褐色だね。俺は日差しに少し弱いから、藍晶の守護色が少し羨ましいよ。
(……そういえば、この水の加護が現れた髪を『空色』って表現するの、この子だけだな)


(……氷雨くんが嫌がってないから、まあいいか。しかしこのクソガキ、あたしの言うことはまったく聞きやしないくせに、えらく懐いてるわね)

5. 身長、体重、靴のサイズ(笑)なんかも教えてください。

……千年後の単位で、ですか? わかりました――(換算表を見ながら)158cm、49kg……靴は、履いたことがないのでわかりません。

うー…。115cm、38kg、靴はわかんねー。けど!

……どうしたの?

おれ、絶対、氷雨よりでかくなるからな!

(首をかしげながら)うん? そうだね……なら、イツ花さんのごはんは残さないようにしようね?

「そうよ、野菜もちゃんと食べなきゃ大きくなれないんだから。
あと氷雨くん、あなたもお茶請けやおかずなんかで、欲しがるからって藍晶に大きい方あげるのやめなさいね。
成長期なんだから、自分もきちんと食べなきゃダメよ」

6. スリーサイズを教えてください(笑)上から順に。

あ、おれ母さんと氷雨のならわかるよ!

「待ちなさい。あたしのをバラしたら、このあとの訓練で地獄を見るわよ」

……伽羅さん、次の質問にうつりましょう?

7. あなたの口調、一人称、二人称は?

自分のことは「おれ」。ひとのこと呼ぶときはだいたい名前。名まえしらないヤツはそのときそのときで違う。
口調って、おれそんなヘンなしゃべり方してねーと思うけど。


一人称は俺、公の場に出るときは「私」、呼びかけは「あなた」。口調、ですか? そうですね……

おれ氷雨のしゃべり方、母さんと違って怖くないから好き!

「ひとこと多いのよこのクソガキ。まあ氷雨くんの口調は、まず揉め事には結びつかないわね」

8. あなたの父君、母君のお名前を教えてください。

さっき言ってなかったっけ? 母さんは伽羅(きゃら)。父神様は稲荷ノ狐次郎様。

母上の名は雫海(しずか)、父神様は万屋元亀さま、です。

9. ご職業は何ですか?

槍使いです。俺は体火の値が低くて、攻撃力の高い槍で補う必要があったので、訓練を始めて1ヶ月目に、薙刀から槍に持ち替えることが決まりました。

そうだったんだ。だから氷雨、薙刀の使い方詳しく知ってたんだなー。

うん。藍晶は体火の素質に恵まれているからね。頼りにしてるよ。

えへへ。嬉しいな! 氷雨のこと守れるように、おれもっと強くなる!

(プレイヤー注:氷雨はいったん、薙刀持たせたことがあるのですが、攻撃力があまりに低いのと、心水と心土が高く前列でガンガン戦うのに向いてなかったのでリセットして武器を持ち替えたという裏事情。実際のゲーム中では、職業の変更はできません)

10. 愛用の武器はありますか?

11. 愛用の防具はありますか?

厄払いの槍、虎皮の腹巻です。

はふりノ鋒!防具はまだ初陣前だし、大きすぎて着られないんだー。

12. お気に入りの装飾品は?

海の首飾りです。俺は回復に回ることが多いから、技の水をあげておくと有利になりますし。
術を覚えるために、たまに家で付け替えてるのは日の首飾りや赤光ノ勲章など、技火が上がるものが多いですね。


日の首飾り。初陣の前に、花乱火の術、絶対覚えてやるからな!

13. 朱の首輪をつけたこと・・・あります?

……あれは、身に着けるものではありません。

朱の首輪って何?

神々の力を封じる呪いの首輪だよ。……俺たち半神半人が身に着けると、技の力を大幅に上げることができるんだけどね。
とても、辛くて苦しい思いをするし、意識が朱点に引っ張られて、全てが憎く思えてくるから家族のことも大嫌いになる……と、聞いている。
だから――藍晶は絶対に、身に着けたりしないでね。


うん。氷雨がイヤだって言うなら、やめとく。

14. 奥義を覚えたら使っちゃいたくなる方ですか?

ええと……俺が先月習得した、火燐様の作られた「大風車」は、自分への攻撃を防ぐだけのものですからあまり使いたいと思いません。
味方全体を守ることができるのなら、良かったんですけどね。


おれ、今月母さんから教えてもらうんだー!

15. あなたのオススメ戦術は?

一に回復。味方が安全そうなら、呪符を使ってでも、敵の数を減らすこと。奉納点や戦勝点を得ることも、大切ですから。

おれなら、術の併せ使って敵を倒すか、武人や萌子をかけてから奥義! あとはくららとか。実戦出るならそうする!

16. 携帯袋の中に常に入ってるものってありますか?

傷薬と、七光の御玉ですね。――そういえば、御玉が入っているのは何故なんですか?

「いやその、たまに呼んで子供の元気な顔をみせてあげたいじゃない」

17. あとちょっとで迷宮最深部、というところで一月が経過。あなたなら続行しますか? それとも帰還?

帰ってきて。氷雨、絶対帰ってきて!(氷雨の腕に思い切りしがみつく)

……と、この子が言っているので、続行は出来ないですね。

「別に、藍晶に気を遣う必要は無いのよ?」

いえ、俺も家族が待つ家に帰りたいですし。無理は禁物だと思います。
大丈夫だよ、藍晶。……ちゃんと、帰ってくるし、次は多分一緒に討伐行けるだろうから。


ホント?!

18. 夏の御前試合と白骨城討伐、どちらを優先したいですか?

……我侭を言っても良いのであれば、白骨城ですね。正直、街の人たちに矛先を向けるのは苦手なんです。
例えそれが、刃を潰した模造品であってもね……。


おれ、御前試合かも。こないだのアイツ、ぜってーブチのめしてやる!

「誰のこと?」

河原で氷雨になんか言ってたアイツ。

「氷雨くん、絡まれたりしたワケ?」

いえ、そういう訳では……。俺も、藍晶がどうしてこんな風に怒っているのか、全く理由がわからないんです。

「ふーん。ま、いいわ。次いくわよ次」

19. 実はあまり行きたくない迷宮ってあります?

……紅蓮の祠が苦手です。火の術が苦手なので大ダメージを受けますし。
――というより、本当は……ごめんね、藍晶。迷宮に行かなくても良い暮らしを、させてあげたかったんだけどね――


そんな風に、あやまらないで。おれは、氷雨にあえたから。だからいーんだよ!

「そうよ。氷雨くんのせいじゃないし、もっと言うなら、あなたたちの親である、あたしたちの方がそう言いたいわよ。
ここまできたら、あとはひたすら朱点打倒を目指して進むしかないのよ」

20. 逆にオススメな迷宮とか。

……どうしても、答えなくてはいけませんか?

「あー、さっきの答えに集約されてる気もするし、飛ばしちゃえ」

21. カモにしやすい(笑)鬼っています?

あ、おれまだ実戦出てないからわかんねー。

……そんな風に考えたこと、無いですよ。

22. 死にかけたことはありますか? 差し支えなければ原因も。

幸いなことに、まだ無いですね。

23. 漢方薬のお世話になったことはありますか?

漢方薬って何?

流行り病にかかったり、大怪我してどうしても健康度が回復しないときにお世話になる医薬品のことだよ。
……俺はまだ、お世話になったことは無いけどね。


「まあ、あんたたちの歳じゃ必要ないわね」

24. お世話になってる術は?

お雫、お地母、速鳥、円子……かな?

「そういえば氷雨くんが攻撃系の火術を戦術に取り入れてるの、殆ど見ないわね」

火の値が低いので、攻撃術を使うとしても太刀風や白波などの水や風の術に限られてしまいますからね……(苦笑)。

おれ、火の術得意だから、実戦に出られるようになったら氷雨の分まで頑張る!

25. リーダー、参謀、その他大勢。自分はどの位置だと思いますか?

これは、3番目ですね。

「まあ子供のうちは皆そんなモンよ」

26. あなたは肉体派? それとも知能派?

うーん。腕力に自信があるほうではありませんので……。

「まあ、氷雨くんはちょっと天然なところがあるから『知能派』って表現も何か違うわね」

おれ、体の力でも術の力でも役に立てるように、訓練しっかりする!!

「あ、言ったわね。あたしの訓練は氷雨くんと違ってビシバシ鍛えるから、覚悟しておきなさいよ」

27. 責任感は強い方ですか?

……弱くはない、と思います。多分……。

「大丈夫。いい加減な子に、留守を任せたりはしないわよ」

責任感って何?

「――藍晶には、まだそういうのを期待するのは無理そうね」

28. あなたは楽観的? それとも悲観的?

ええと……悲観的、では無いでしょうか。他の方が言うほど、自分のことを信じることが出来ません。

「そうね。氷雨くん、多分自分で自覚してるよりはるかに自虐的よ、君は」

もう! 氷雨をおれが信じる。だから氷雨も、おれが信じる氷雨を信じる!
こうやってぐるっと回ればいいんじゃん! だから氷雨、おれの前で「俺なんか」は絶対言っちゃダメ!!


「あんた珍しく良いこと言うわねー。よし、それ採用しましょ」

29. 口より先に手が出るタイプですか?

いいえ。自分から揉め事を起こしたりはしません。

「……藍晶がモロに、『口より先に手が出るタイプ』でしょ。ごめんね氷雨くん。
この子連れて外歩いてて、なんか揉めるときって、きっとこの子が原因なのよね、多分」

いえ――

ちげーよ! 氷雨に何かヘンなこと言ってくるヤツがたまにいるから、ぶっ飛ばしてんじゃん。

「成程――『鷹羽本家の特性』ってやつね。氷雨くん、一応忠告しておくけど……男の子だからって裏通りを独りで歩いたらダメよ。
裏通りに行かなきゃいけないときは、あたしか、速瀬ちゃんを護衛につけること。いいわね」

え……そんなに、頼りないですか? 俺は。(俯く)

「違うわよ。どういう理由かは知らないけど、雫海ちゃんも悠河兄さんも、瑞岐くんも。皆、そう。
鷹羽初代様の血筋の人って、――何て言ったらいいかな。こう――攫っていきたくなるような……『護ってあげたい』って思えるような不思議な雰囲気があるのよ」

じゃーおれが氷雨を守る!

「あんたはまだ小さいから無理でしょ」

……。

30. 他人に迷惑をかけるほう? それともかけられる方ですか?

かけている、のではないでしょうか……

え? そんなワケねーじゃん。

「氷雨くんってホント、見事に自覚が無いわね。どうみても、藍晶に『迷惑をかけられている』方でしょ、君は」

え? 藍晶に迷惑をかけられたことなんて無いですよ?
おれ、氷雨に迷惑かけたりしねーよ!(二人、ほぼ同時に答える)

「はいはい。仲が良くって何よりだわよ」

31. あなたの性格を一言でいうと?

そうですね……押しに弱く、甘さを切り捨てることが出来ない軟弱者、でしょうか(苦笑)

氷雨は弱くなんかねーよ! だって、自分が痛いのに、おれのこととか他のヤツのこととか先に心配してくれるじゃん。
訓練の組み手でも、おれまだ一回も勝ったことないしさー。


「まあそうね……客観的に言うなら『優しくて我慢強い子』ではあるわね氷雨くんは。
欠点というより美点だと思うけど、苛められていてもそうだと気がつかない鈍いところもあるわね。だから天然だって言うんだけど。
藍晶は、そうね……チビだけど、きっとあたしや氷雨くんが思ってるよりずっと、モノを考えてると思うわよ。飽きっぽいのが玉に瑕だけどね」

32. あなたの長所は何ですか?

さっき、伽羅さんが挙げてくれたので、俺の長所としては「我慢強い所」を挙げさせてもらいましょうか(笑)
藍晶の長所は――そうだね、細かい所によく気がついて、多分三手先ぐらいまで考えていられるところじゃないかな?


氷雨の長所は「優しい」も上げていいと思う。
おれ、氷雨にはもっと氷雨のことを大事に扱って欲しいと思うけど、他の誰かをいつも気にしてくれる所は、好きだし氷雨のいいところだと思うんだ。

33. では短所は

これは、先程答えさせて頂いた通りだと思います。
――あまり自分の欠点ばかりを挙げていると、また藍晶に怒られてしまいますから。
この辺りにさせていただけませんか?(藍晶の頭を撫でつつ微笑む)


「まあそうね。欠点を自覚して補おうと努力することと、自虐的に落ち込むことは違うとあたしも思うし。
雫海ちゃんは、氷雨くんの優しさを『弱さ』として切捨てたかったみたいだけど、あたしも藍晶も、氷雨くんはそのままでいいと思うわよ」

二人とも、ありがとう。

34. 好きなことは?

そうですね……討伐に行くより、家でのんびり過ごすほうが好きです。

おれは木登りとか体を動かす方が好き! でも氷雨が一緒ならなんでもいいや。

『何でも』なんて気軽に言ったら駄目だよ(苦笑)。そんなこと言ってると、「蔵の掃除一週間」とか言われちゃうよ?

う……蔵の掃除一週間はヤだなー。でも氷雨が一緒なら、おれ頑張る!

「あんたたちの仲の良さに免じて、蔵の掃除はカンベンしてあげるわよ」

35. 嫌いなことは?

公儀の討伐士がこんなことを言ってはいけないのは、わかっているのですが……やっぱり、誰かを傷つけるのはあまり好きにはなれません。

おれは、氷雨が痛いのはイヤだ。氷雨の心が痛いのは、もっとイヤだ。

(……この子、もしかして……いやでも、氷雨くんが藍晶を見る目は弟とか家族を見てる以外の何者でもないから、あたしの考えすぎかしらね)

36. 今一番の悩み事は?

特に、無いかな?

なんでおれ、今月氷雨といっしょにいられないのかな。……もっと早く、うまれたかったなー。

「それを言っても仕方が無いでしょ。あんたと氷雨くんの年齢が逆転することなんて神様でもできやしないんだから。
一緒に討伐に行きたいなら、今月のあたしとの訓練をきっちりやり遂げることね」

37. 休養中、何をして過ごしますか?

そうですね……普段、お世話になっている武具屋さんや雑貨屋さん、薬屋さんや商工会の寄合に行ったりしてます。
主に、イツ花さんの荷物持ちですけど。
あとは庭木に水を遣ったり、猫にご飯をあげたり。蔵の片付けや、歴代当主宛の御文の代返なんかもしてますね。


代返って何?

御文を受け取った人がお返事を書けない時に、代わりに御文を返すことだよ。

「え? もしかして初代様あてとか、雫海ちゃんあてのも氷雨くんが返してくれてたの?」

ええ、その……初代様あてのは、今は減ってきてますけど。
あの、母上宛の御文ですが、何故か男性からのものより、女性からの恋文が多いんですよね……。
当主になると、同性からの恋文が増えるということなんでしょうか……はぁ。


じゃあ、氷雨あての御文はおれが代わりに返事書くよ。

「いや、子供の手跡で返事来たら流石に揉めるわよ」

手習いも頑張るからさー。氷雨が当主継ぐ頃には、おれも大人顔負けの御文書けるようになってるって!

38. 行きつけのお店とかってありますか?

雑貨屋さんかな?

おれ、幻灯撮るの大好き! 氷雨、また連れてって!

「待て待て。あれ、そこそこお金かかるでしょ! 家族皆で、新しい子が来るたびちゃんと撮ってるでしょーが」

あそこまで大人数が入れるのはそんなに多くないですけど、俺や藍晶の手持ちでどうにかできる程度の、小さい幻灯も最近できたみたいなんです。

サッちゃんに教えてもらったんだー! やるだろ。

39. お祭りは好きですか?

うん! お祭り大好き!

活気があって良いですよね。家族の皆も楽しそうにしてますし。

「まあね。ただ、日が傾きかけたら、行き帰りは気をつけるのよ?」

40. 建立物のネーミング、どう思ってます?

変!

ちょっと、藍晶……街の人たちがご厚意で建ててくださったものだよ? そんな風に言うなんて――

だって、ヘンなものはヘンだろ。

41. 美人画屋さんに行ったことはありますか? また、好みの美人画は?

いえ……美人画屋さんは、花街との境にありますので、俺は行くことが出来ません。

美人画って何?

「あんたはまだそんな事知らなくていいの」

えー! 教えてよー!!

……もう少し、大きくなったらね。

42. 相場を張るのに自信はありますか?

いえ、あまり。残念ながら、貨幣や流通の動きから色々なことを読み取れる商才は、俺には無いみたいです。

じゃあ、おれ相場を読めるように勉強する!

「まあ、色んなことに興味を持つのは悪いことじゃないし」

43. 仲の良い人はいますか?

……(視線に気付いて)藍晶かな?

向かいの正ちゃんとー、サッちゃん。

「藍晶、今月の訓練終わったら、その子たちと遊ぶのは多分無理になるわよ」

んー。うーん。でも、訓練終わったら氷雨と討伐いけるようになるんだろ。

44. 親友と呼べる人はいますか?

いませんね、残念ながら。

おれも。

「ここで即答しちゃうあたり、あたしは何て言ったらいいのか、少々複雑ではあるわね」

45. ライバルと呼べる人はいますか?

そうですね――御前試合で手合わせした、三本槍の真ん中の人かな。

「ま、今ウチには槍使いがいないもんね」

46. 家族仲は良い方ですか? また、どう思ってますか?

……ええ、うちは家族仲は良いですよ。大切に思っています。(微笑む)

うん! おれ、氷雨が一番好きだけど、母さんも当主様も、速瀬ねーちゃんも瑞岐にーちゃんも好きだ。

47. 当主様のこと、どう思っていますか?

尊敬する、母上です。

当主様って氷雨の母さんなんだよなー。おれ、あんま喋ったことがないから、どんなひとなのかわかんねー。
いっつも男物の着物きてるから、3日ぐらい前まで男の人だと思ってた。


「雫海ちゃんにも、事情があるのよ。色々とね」

48. 尊敬する人、憧れている人はいますか?

尊敬しているのは、母上。
憧れ、ですか……(藍晶を見ながら)そうだね――藍晶は、俺には無いものを沢山持っているから「ああ、良いな」って思うことが時々あるよ。


ホント?! おれ、氷雨のこと大好きだからすげー嬉しい!

「まあ、藍晶の回答は今のが答えみたいなモンよね」

49. 趣味・特技はありますか?

趣味……は、特に無いかな。特技は、そうですね――こんなものを、出すくらいなら。(式神を出してみせる)

わあ! すげー!! おれにも教えて!!

ええと……そうだね。じゃあ、俺の次に、『当主になる』って約束してくれる?

うん! いーよ!

(あちゃー……この子、絶対『当主になる』のがどういうことか解ってないわ。
しかし氷雨くんも、ボンヤリしてるようで、押さえなきゃいけないところはしっかり押さえてるのね。
まぁ、このほわんとした雰囲気に飲まれる方も悪いわね)

50. 初代様に一言お願いします。

会ったことないからよくわかんねーけど、あんたのおかげで、おれはここにいるし氷雨にあえた。だから、ありがとう!

きっと、とても強い心をお持ちの方なのだろうな――と思います。
俺は、初代様の選んだ道が間違っているとは思わないし、今の俺たちに出来る事が『鬼を狩ること』しかないなら――命の限り、戦います。


氷雨……

「氷雨くん……」

氷雨、おれ絶対強くなるから!!

51. ・・・お疲れではありませんか?

……っ!(藍晶、おびえた目で伽羅を見返す)

え? あの、伽羅さん。お疲れなのでしたら、お茶でも淹れてきましょうか?

「違う違う。これが51番目の質問なのよ……って、藍晶、そこで露骨にほっとした顔するのやめなさい。失礼な子ね」

52. 小さいときの将来の夢はなんでしたか?

ええと……そうですね。……すみません、やっぱり飛ばして頂いて良いですか?

氷雨、そんな顔しないで! 母さん、次!

「はいはい。じゃぁ、パスってことで次にいくわね」

53. 癖はありますか?

特に、思い当たりませんが……。

おれ、いっこ氷雨の癖知ってるけど。ぜってー教えてやんねー。

え? 何? 気になるなあ。

ひ・み・つ!

「何よ、気になるじゃない。あたしや氷雨くん本人にも言えないことなの?」

だーめ! 教えないー!

「しょうがないわね。言い出したらきかないんだから」

54. 嘘は上手い方ですか?

氷雨は嘘つかねーもん。

まあ、そうだね。

55. 感情がすぐ表に出るほうですか?

そうですね……次期当主として、そこは直さないといけないと思ってるんですけど。

「うーん。傍から見てて、氷雨くんは藍晶ほど露骨に嫌そうな顔したりしないから、そのまんまで良いんじゃない?」

いや、伽羅さん。藍晶の年齢で感情表現が顔に出ない子がいたら、逆に心配です。

「それもそうね」

56. よく食べる方ですか? 味にはうるさい?

人並み程度ではないでしょうか? 

おれ、人参とか大根とか、あと筍とか――

「あんたはまずその好き嫌いを直しなさい。野菜も食べなきゃ大きくなれないってさっきも言ったでしょ」

うー。だって嫌いなものは嫌いなんだもん。

57. 好きな食べ物はありますか?

そうですね。煮物は結構、好きですよ。

おれ、油揚げ大好き!

「ぷっ……あんた、そんなとこだけ狐次郎様に似たのね」

58. 好きな飲物は?

お茶。

甘酒!

59. お酒、強いですか?

元服前なので、飲んだことは無いのですが……俺には『浄化の雨』があるので、おそらく酔わないと思います。

んー。父さんのトコにいたとき、お供えでもらったのを飲んだときに「おまえ強いなー」って言われた。

「あの男は……!」

60. 宝物はありますか?

そうですね、『物』ではないけど、家族かな。俺にとってかけがえのない存在ですから。

先月の訓練で氷雨と一緒に読んだ指南書! いっぱい書き込みしたんだ!

「そうね。訓練で使う写しは、あんたの修練が染み付いたあんただけの指南書よ。大事にしなさいね」

61. 好きな動物は何ですか?

庭に来る、猫や犬、小鳥などですね。

んー……氷雨は、鳥にはあんまり優しくしなくていいと思う。

「あら? どうして?」

だってさー、この前、鳥に餌をやろうとしたらさ。
小鳥がぜーんぶ氷雨にあつまっちゃって、おれのおやつまで全部とられちゃったんだぜ?


「何かその光景、想像つくわね。
つつかれたり追いまわされたりするわけじゃ無いから……って、されるがままにしといて鳥が鈴なりになっちゃったんでしょ」

62. 嫌いな動物は?

ええと、その……実は、虫が少し苦手です。理由は自分でもよくわからないのですが……。

おれ、べつに嫌ってるわけじゃないけど、犬にはよく吠えられる。

「藍晶が犬に吠えられるのは、狐次郎様のにおいがするからじゃないかしら」

63. 好きな色はありますか?

青。あと、空色!

特にこれといって、こだわりは無いです。

64. 嫌いな色は?

原色のハッキリした色合いは、嫌いというより苦手ですね……目に痛いので。

えっとー、灰色とかの暗い色。洞窟の中を思い出すからヤだ。
父さんのこと、嫌いなわけじゃねーけど、あのジメジメしたカンジがヤだったんだ。

65.  座右の銘はありますか?

いえ、特にありません。

座右の銘ってなに?

「今はまだわかんなくてもいいわよ。そうね、自分の中の譲れない信念……みたいなもんかしら」

66. 今までに一番印象に残っている出来事を教えてください。

氷雨に初めて会ったとき。
母さんや父さん、他のみんなは金茶か都の人より少し淡い灰色ばっかだから、氷雨の空色の髪がすっごいきれいだと思ったんだ。


……そうだね、藍晶が家に来たときのことかな。「そらいろのかみだー!!」って、いきなり飛びつかれたから、正直ちょっとびっくりしたよ。

「びっくりしたのはこっちよ。『うわっ!』て氷雨くんの声が聞こえたから襖をあけたら、尻餅ついた状態の氷雨くんに、藍晶が掴みかかってるんだもの。
来て早々いきなり喧嘩でもしてるのかと思ってヒヤッとしたわよ」

67. 裏切られた! と思った瞬間は?

今月の訓練が、氷雨じゃなくて母さんだって聞いたとき。

……俺じゃ、薙刀の奥義は教えてあげられないんだし、母君と一緒に過ごす時間は大切だよ?

氷雨だって、雫海様が作った奥義継いで無いじゃん。

「このクソガキ。母さん直々の指導がイヤだって言うの?!」

う、いやじゃないですおかーさま。

68. これまでの人生で一番の失敗は?

今のところ、特に大きい失敗はまだ無い……と思います、多分。

おれも。

69. これまでの人生で一番の自慢話をしてください。

とりたてて、お話するようなことは、何も。

えへへー。ひみつ!

「何よ。気になるじゃない」

じゃーちょっとだけ。この前、すっごい綺麗なお姉さんに手をつないでもらったんだ!

(……何か、先が思いやられるわね)

70. 今までの人生の中での懺悔をひとつどうぞ。

ざんげって何?

「ああ、これは、あんたたちの場合当てはまるものが無さそうだから、飛ばして次いくわよ」

71. 「交神の儀」についてどう思っていますか?

あれ、血をごっそり抜かれるんですよね……。しっかり準備しておかなくては、と思います。

え? そうなの?

俺たちにかけられた『種絶の呪い』を回避して子を授かるには、儀式に望む一族の血と、神の血、それと一族全員の祈りが必要だからね。

「儀式自体に一ヶ月もかかりゃしないんだけど、儀式に参加した人の体力が戻るのに一ヶ月必要だから、訓練も討伐も出来ないのよ。おわかり?」

72. 交神のお相手、好きに選べるとしたら基準は顔? それとも遺伝情報?

ええと、『次代に力を繋ぐ』儀式である以上、お相手の方に望むのは「遺伝情報」では?

73. ここだけの話、交神相手の女神様のこと、どう思っていますか?

おれたち交神行ってねーのに、どう思うも何もねーじゃん。

74. 一族間でのロマンスについてあなたの考えは?

「うわちょっと、子供になんてこと聞くのよ。これも飛ばして次行くわよ次」

75. 「外」の人とのロマンスについてあなたの考えは?

「はー……しばらく、こっち関係の質問が続くのね。全部飛ばすわけにも行かないし。仕方ない、二人とも。答えられる範囲でいいわよ」

ええと、恥ずかしながら、所謂『色恋沙汰』に関しては全くわからないのですが。
……そうですね、短命の呪いと、種絶の呪いが解けない限り、市井の方々と添い遂げるのは不可能だと思います。


おれ、この家に生まれてよかったと思う。

藍晶?

だってさ、『呪われてなかったら一緒にいられなかった』ってことだろ、それ。

「あんた時々、真実をつくこと言うわね」

76. 「外」の人たちから、自分たちはどう思われていると思いますか?

そうですね……色々な方がいらっしゃいますから、一概には言えません。

氷雨にヘンなこと言ってくるヤツはぶっ飛ばす。それ以外はべつにどっちでもいいよ。

「ちょっと藍晶、揉め事は勘弁して頂戴」

77. もし、「外」の女性から告白されたらどうします?

え? そんな方はいらっしゃらないと思いますが。もしいらしても、丁重にお断りすると思います。

良かったー! 

「は? まあいいわ、次にいくわよ」

78. 好きな人はいますか?

氷雨!

……ありがとう。だけど藍晶――たぶんこれ、意味が違うと思うよ。

違ってないもん。おれが好きなのは、氷雨だよ。

ええと、どう言ったらいいかな――

氷雨は、おれのことが嫌いなの?(泣きそう)

いや、大好きだよ(頭を撫でる)

本当?! おれ、氷雨のこと大好きだ!!(ぎゅーっと抱きつく)

「はいはい。あたしもいるわよー。その辺にして、次いくわよ」

(プレイヤー注:氷雨の「好き」と藍晶の「好き」は違います。詳細をまとめた小話はコチラ。※ぬるいですが腐向けなので、大丈夫な方だけどうぞ)

79. 好きなタイプは?

タイプで人を好きになったりしません。

んー。きれいで優しくて、芯が強い人。

80. 嫌いな人はいますか?

ええと、ご本人がいないところでこう言うことを言うのは、苦手なもので……。

おれ、アイツ嫌い!

誰のこと?

この前、氷雨が河原で喋ってた、どっかの剣士。

「氷雨くん、重ねて聞くけど――本当に、絡まれたり苛められたりしたわけじゃないのね?」

ええ……普通に、世間話をしていただけなんですが。
藍晶、あの人は別に、悪い人じゃないんだよ?


嫌なモンは嫌なの!

(……成程、藍晶のコレは嫉妬ね。実際にどんな話してたのか不明だから、相手の思惑は謎だけど。
子供のカワイイ我侭なのか、相手が氷雨くんに色目使ってたのかは判断が難しい所だわね……)

81. 嫌いな人や、苦手だな~と思うのって、どんなタイプの人ですか?

そうですね、こちらに向ける敵意を隠そうとしない方は、正直少し苦手ですね……。

嫌いなヤツは嫌い。タイプとかべつに、そんなの関係ねーし。

82. あなたの周囲で一番変だと思う人は? どこが変ですか?

ええと……ご本人を前に、言い難いのですが。伽羅さんのご趣味はちょっと理解できかねます。

母さんさー、おれが家に来たときいきなり、着物の裾めくって「狐尾が無い!!」だもんな。父さんの耳と尻尾が受け継がれなかったからって、ガッカリしすぎなんだよ。

「悪かったわよ。たとえあの素敵な狐耳とふわふわ尻尾が無くても、あんたはあたしのかわいい息子よ」

83. 文句を言いたい人に今ここでぶちまけてください。

いえ、ご本人に直接言うのでなければ、お墓まで持って行きますから(苦笑)

本人が目の前にいないのに言っても、意味ねーじゃん。

84. 年取ったなぁ、と思わず思ってしまうのってどんなときですか?

ないよ。

年取った、と思えるほど熟練ではありませんから。

「まぁ、子供に聞くことじゃないわよね」

85. 「外」の人たちのこと、どう思っていますか?

商工会や武具屋さん、雑貨屋さん、薬屋さん……皆さんいつもありがとうございます。

おれ、ホントのこというと、自分や家のみんなと、街の人たちがどう違うのか、まだよくわかんねー。

「まあそうでしょうね……そのうち、嫌でもわかるようになるわよ」

86. ふたつの呪いが無かったら、どんな人生になっていたと思いますか?

そうですね……おそらく、討伐に行ったりはしていなかったんじゃないかと思います。

呪いがあってもなくても、氷雨といっしょにいられるならそれでいい。

「呪いが無ければこの家に生まれてないとしたら? って、嘘よ。意地悪を言って、ごめんね」

87. イツ花さんに一言お願いします。

ええと、いつもありがとう。

鉈豆はやめて。

88. 黄川人さんに一言お願いします。

そうですね……これを言うと、先代当主や現当主、周りの皆さんはあまり良い顔をなさらないのですが。――憎めない人です。

おれ会ったことないからわかんねー。

89. 「氏神」さまについてあなたの意見を聞かせてください。

まだ、氏神になった方がいらっしゃらないので、なんとも答えようがありません。

「まあ、そうよね」

90. 今一番欲しいものは?

大切なものを守ることが出来る強さ。

大好きな人と一緒にいられる時間。

91. 自分のこと、好きですか?

うん。好き。

ええと……『好き』と答えられるように、精進します。

92. 人気ありますか? あるとしたらどの部分だと思います?

人気、ですか……自分のことを好きになれるように、周りの方からも認めていただけるように、前向きに努力します(苦笑)

あーもう! そのまんまでいーよ、氷雨は!

93. これだけは誰にも負けない! といえるものは?

残念ながら、まだそこまで確固たる自信につながるものは今はまだ無いですね……。

氷雨のことを一番好きなのは、おれ!

? 勝ち負けって、それ関係無いんじゃないかな?

94. これだけは譲れない! というものは?

家族の幸せ、かな……。

おれも。

95. ・・・・・モテますか?

いえ。全然。俺も藍晶も、まだ子供ですから。

(……駄目だ、この子全然わかってない! ああもう、どうしてこう、似なくて良いところ雫海ちゃんに似ちゃったのかしら)

96. 贈り物をもらうとしたら、何が嬉しいですか?

いえ、お気持ちだけで充分嬉しいです(にっこり)

おれ、氷雨が何あげたら喜んでくれるのか知りたかったのになー。

97. こんちくしょー、家出してやる! と思ったことはありますか?

無いですよ。

あるわけねーじゃん。

98. 口説き文句をひとつどうぞ。

(氷雨の手を握って、目をじっと見つめる)一生大切にするから、ずっとそばにいて。

ええと……伽羅さん、これってそういう趣旨の質問なんですか? 

「いやコレ、『口説き文句をひとつ言え』ということであって、『どう返事するか』を問う意図は無いみたいよ。藍晶、氷雨くんが困ってるからやめなさい」(鉄拳を食らわせる準備をしつつ、凄みのある笑顔を藍晶に向ける)

……はーい。(しぶしぶ手を放す)

99. 見事朱点打倒を果たしました! そのときあなたの心境は? また、その後の人生についての希望はありますか?

初代様、ご先祖様、悲願達成致しました。見ていてくださいますか……? といった所でしょうか。

うーん。呪い解いても、氷雨がずっと一緒にいてくれるなら、おれはそれでいいや。

100. お疲れさまでした。最後に一言どうぞ。

ええと、伽羅さん、藍晶、お疲れ様でした。

氷雨、おれ母さんとの訓練ちゃんとやるから、早く帰ってきてね!

「はいはい。あんたがいい子にしてたら、皆すぐ帰ってくるわよ」

氷雨1歳7ヶ月時点での回答  藍晶1歳前後での回答

俺屍息子さんに100の質問【ver.R】 R水月嵐

質問配布→
↓質問読上げ・海(下3右1男子)↓  ↓回答者・嵐(下6左1男子)
質問読上げ・海(下3右1男子) 回答者・嵐(下6左1男子)イメージCV・かわのをとや
俺屍一族に100の質問 【ver.俺屍R・息子さん用】
1. あなたのお名前は?
嵐(ラン)。
上の名前は、「管理人が本名を入れてしまったので公開できません。仮にR水月とさせて下さい」だってさ。
というわけでR水月 嵐です。よろしく。


2. ご存じの方はその由来なんかを。
由来っつーかさ、俺んちで名前付けるときの決まりって「男は一文字女は二文字」しかないから結構適当なんじゃないかと思うけどな。
まあ俺の場合、母神が風の女神だけどそのまんまだと前に居た兄貴と被るから、無難なところ選んだんじゃないかな?

(プレイヤー注:無印のお気に入りの子と響きが同じになる一文字選びました)

3. 現在の年齢と、わかれば誕生日・血液型を教えてください。
11ヶ月。生まれは1023年12月。
(プレイヤー注:12月4日、血液型AB。初代の直系は血液型ほぼコレ)

4. 髪の色、瞳の色、肌の色を教えてください。
濃い目の深緑の髪、琥珀色の瞳、肌は茶褐色(風髪・土瞳・土肌)

(プレイヤー注:Rは土肌が火肌に近くなったので、一瞬ビビリました。無印の藍晶と同じ組み合わせになったのかと……! 藍晶は風髪風瞳火肌。もっとも、Rは髪と瞳の素質が無印と入れ替わってるんですよね)

5. 身長、体重、靴のサイズ(笑)なんかも教えてください。
平成の単位でお願いします?(換算表を見ながら)うん、173cm、65kg、27cmだな。
「嵐くんってどっちかっていうと『すらっと』じゃなくて『ひょろっと』背が高い感じだよね」
まー、胸筋はあんまついてないよね。背中はそこそこついてるけど。
「体の使い方にヘンな癖がついてるからでしょ」
しょーがないじゃん。……体質的に問題在るから、無意識に前面庇っちゃうんだよ(苦笑)。
重いもん持つときも背筋使うから、あんま胸筋つかないんだよね。


6. スリーサイズを教えてください(笑)上から順に。
え、ヤダ。男の聞いても楽しくないっしょ? 俺も答えて楽しいことがあるわけじゃなし。
イイ女だけが知ることができまーす、なんてネ(笑)


7. あなたの口調、一人称、二人称は?
口調はまーこんなモン。……え、誰かに似てる? まぁ良いケド。
二人称はアンタ(相手によるけどね)。

「そういえば、嵐くんって侑くんのことは呼び捨てにしてるけど、あれ何で?」
ああ、侑は俺とほとんど年齢変わらないから、変に敬称つけられるのが恥ずいんだってさ。
「言われてみれば、おれも『海さん』とかって呼ばれたら何かカユくて嫌かも」

8. あなたの父君、母君のお名前を教えてください。
父さんは郷(サトシ)母神は東風吹姫様。

9. ご職業は何ですか?
弓使い。父さんから、爺さんが作ったっていう奥義継いだし、俺も奥義作っちゃったから、多分世襲制が決まるんじゃないかなー。
ま、職業選択は、俺が接近戦に向かないってのもあるんだけどね。

「うーん。正直、嵐くんが特注剣を持てないのってちょっと勿体無いよね」
そうか? あれ、侑が持ってるから生きるんじゃないか? 麻緒さんの剣、福ついてンだろ?

10. 愛用の武器・防具はありますか?
剛鉄弓、木霊の弓、修験者の衣。木霊の弓は眠り効果があるのがイイよね。
あー……修験者の衣は、正直俺あんま似合わないから、上からいつも嵐ちゃん特製・戦装束を着てる(笑)

「嵐くんが改造装束着るのは勝手だけどさ、おれとか侑くんにまでに着せようとするのはやめてね」

11. お気に入りの装飾品は?
薫風の腕輪? ただ俺、実はあの腕輪腕じゃなくて脚につけてるんだよね。

12. 朱の首輪をつけたこと・・・あります?
無いな。取ってくるなり、当主様が質入しちゃうから。
ってか、覚えたい術があって、つけて帰ろうとしたら「いやお前こんなんつけて帰ったら絶対家出するだろ」って取り上げられた。ちぇー。


13. あなたのオススメの、奥義の使いどころを教えてください。
不幸な人妻を救って差し上げたいので、涙を呑んで連弾弓。
初代様じゃないけど(笑)男の神様は、そのうち誰かが何とかするだろ。俺は知らねー。


14. あなたのオススメ戦術は?
巻物や良さげな武器防具が止まったら迷わず大将狙い(場合によっては連弾弓)。
戦勝点2倍・3倍の時は他のヤツが届かない後列にいる戦勝点の高い鬼を狙い撃ち。
場合によって、術で殲滅できそうなら術とか。
あとはまあ、回復も必要だよね、時々。炎ちゃんとか殆ど回復考えてないから。


「まあ炎ちゃんとか咲羅さんとかには、攻撃に集中してもらった方が効率良いからね。
おれ、討伐のとき嵐くんが絶妙なタイミングで回復進言してくるからビックリしたんだけど、状況判断が的確で早いよね」

15. 携帯袋の中に常に入ってるものってありますか?
んー……御前試合のとき以外なら引波のお守りかな。4代目当主が決めたらしいよ。

16. あとちょっとで迷宮最深部、というところで一月が経過。あなたなら続行しますか?それとも帰還?
不幸な人妻が待っていそうなら迷わず……って、嘘だよ。冗談だって!
親玉倒すとか巻物や指南書、装備品を集めたいとか目的があって、かつ怪我人や疲労している者が居なくて、かつ翌月に御前試合や子供の来訪予定がなければ続行。
それにあてはまらなければ帰還を選択。


17. 夏の御前試合と白骨城討伐、どちらを優先したいですか?
場合によるねー。俺が隊長ならどっちも行けるように配分するけど。

18. 実はあまり行きたくない迷宮ってあります?
いやいや、あんなとこ好き好んで行きたがるヤツいねぇって。
きれーなお姉さんのいるお店とか行ってた方が楽しいだろ絶対。


19. 逆にオススメな迷宮とか。
討伐に、って意味だよな? 戦勝点が目当てなら太鼓持ちが多く出てくる迷宮っしょ。
軍資金なら、鳥居かな。宝箱そこそこあるし、槌は売ったら結構良い値で引き取ってくれるからなー。


20. カモにしやすい(笑)鬼っています?
んー。太鼓持ち? カモってか、遭えたらラッキー! 的な?

21. 死にかけたことはありますか? 差し支えなければ原因も。
死にかけたっつーか、美女を天界に帰して差し上げたくてついつい本気モードで攻撃してたら、討伐続行できないくらいヘトヘトになってた(笑)

22. 漢方薬のお世話になったことはありますか?
ナイ。そんなものに頼らなくてはいけない程、疲れが残るような年齢でもないし。

23. お世話になってる術・道具は?
術はお地母、速瀬、萌子、火祭り、風祭り。
道具なら有寿の宝鏡と神仙水かな。


24. あなたのお家に、銘入りの剣はありますか? また、あなたが剣士さんでない場合、「自分だけの武器」ってあったらやっぱり嬉しいですか?
侑が持ってるのがそうだねー。俺専用ってあったらそりゃやっぱ嬉しいよ。
てか、無くても俺は「俺の!」て勝手にカスタムしてるけど。戦装束とか(笑)


25. リーダー、参謀、その他大勢。自分はどの位置だと思いますか?
戦場での適正ねー……。

1.有能な怠け者
前線指揮官に向く。怠け者であるために部下の力を遺憾なく発揮させる。
どうすれば自分が、部隊が、楽に勝利できるかを考える。

2.有能な働き者
参謀に向く。勤勉であるために自ら考え、実行しようとするので、
部下を率いるより参謀として司令官を補佐する方がよい。

3.無能な怠け者
総司令官、連絡将校、下級兵士に向く。
自ら考え動こうとしないので、参謀や上官の命令通りに動くため。

4.無能な働き者
働き者ではあるが、無能であるために間違いに気づかず
進んで実行していこうとし、さらなる間違いを引き起こす。

コレで言うなら俺、「1.指揮官」向きなんじゃね?
「いや嵐くんは2の参謀向きだと思うよ絶対。進言聴いてるとわかる」

26. あなたは肉体派? それとも知能派?
いざとなったら素手で戦えなくも無いけどね。あれやこれや考えてるから知能派なんじゃないかな。
つか、「愛称:詐欺師」だから間違いなく後者だろって……海くん、結構言いたいことハッキリ言うよね(苦笑)


27. 責任感は強い方ですか?
いや、全然。
「まあ、表面だけ見てたらそう見えちゃうよね嵐くんは。というより、そう見せてるのかな」
いやそれ過大評価だから絶対(笑)

28. あなたは楽観的?それとも悲観的?
楽観的。最悪の事態を想定しながら行動することと、最悪の未来に絶望して立ち止まるのは違うからね。
「快楽主義の刹那主義、って自分から言うヒトって根っこは絶対、思慮深い悲観主義者だよね」
どういう意味かなー?
「別に。一般的にそうだよねって話」

29. 口より先に手が出るタイプですか?
いや? 出させるタイプだよ(笑)
「うわ、出たよ詐欺師の名言!」

30. 他人に迷惑をかけるほう? それともかけられる方ですか?
かけられていると思わせずにかけるのが、俺の素敵な特技です(笑)
「うん、嵐くんってそのへんすっごく要領いいよね」

31. あなたの性格を一言でいうと?
いやーん、一言で言い表せるような薄っぺらいヒトだと思われてるなんて悲しいー。嵐ちゃん泣いちゃう(笑)
「いやここまで大きくなった男にウソ泣きされても。サムイからやめて」

32. あなたの長所は何ですか?
んー、そうだな。状況を把握するのと、どう対応したらいいのかを判断するのにかかる時間が、多分並より短いよ。
「25番目の質問とか、14番目の質問で述べたおれの見解と併せて補足するなら、『頭の回転がかなり速い』ってことだね、嵐くんの場合」

33. では短所は
落ち着きがないところ。地道にコツコツ繰り返し単調作業とかすんの、すんげー苦手。
「うん、ほんと『風』の特性そのまんまって感じだよね」

34. 好きなことは?
空に近い場所に登ること。あ、あと戦装束とか武具をカスタムするのも好きだね。お直しはお針子ちゃんにお願いしてるけど。
「見た目はともかく、嵐くんの羽織って良い位置にポケットついてたりして便利で高性能だよね。てかアレ、お針子さんに頼んでたの? てことは、結構良いお値段するんじゃ……」
ううん、全然? 俺ってイイ男だしー?

35. 嫌いなことは?
意味も無く、モノの場所をコロコロ変える事。どこに何があるのか解んない状態って『時間の無駄』を生み出すだろ、絶対。部屋散らかすヤツって、人生を無駄に浪費してるよね。確実に。
「あーごめん。おれ、意識して散らかしてるんじゃなくて、元の場所に戻すのが面倒っていうか、無意識にあちこちに置いちゃうんだよいつも」
その無意識の行動がカオス状態の元でしょ。直した方がいいと思うけどね俺は。

36. 今一番の悩み事は?
ごめんなさい初代様。鹿島様の席次をあげるべしとのことですが、俺的には剛鉄弓を活かしたいので跡取りは男の子がイイです。とはいえ、男ばっかでむさっ苦しいから女の子授かって欲しいような。複雑だよねえ。
「いや、おれ的には嵐くんの素行を見てると、自分の子供は間違いなく男の子の方がいいと思うな」
あ、俺年下はパス。そして血縁関係のある女もムリ。だから安心していーよ。
「ごめん、おれには高度すぎてツッコミできない」
そう? じゃ次行こうか。

37. 休養中、何をして過ごしますか?
道具屋行ったり雑貨屋行ったり。小遣い稼ぎもしたりするけど、方法は内緒(笑)。

38. 行きつけのお店とかってありますか?
うん。装飾品屋さんとか、花屋やお茶屋さんにも結構行くなー。
(嵐くんの場合それって絶対、自分用の買い物じゃないよね……)

39. お祭りは好きですか?
うん。ってか、お祭り嫌いなヒトなんていないっしょ?

40. 建立物のネーミング、どう思ってます?
あー……正直、イツ花ちゃんの感想が、俺の感性に一番近いかな(苦笑)。
「あ、おれも同感」

41. 美人画屋さんに行ったことはありますか? また、好みの美人画は?
行かない。姿絵なんかより、本物の太夫さんの方がイイに決まってんじゃん。

42. 武者絵のモデルになって欲しいと頼まれました。そのときあなたはどうしますか?
ヤだ。モデルってさー、絵師さんが描き終わるまでじっとしてなくちゃいけないんだろ? 俺を描くなら、姿絵用に幻灯とるからそっち使ってくんない? あと、売れた絵の何割かウチに入れてくれるならなってもイイけど。

43. 相場を張るのに自信はありますか?
うん。相場ってさー、見てると色々わかることあって面白いよ。

44. 仲の良い人はいますか? また、親友と呼べる人はいますか?
そうだな、仲が良いのは侑だな。親友……は、いないかな。残念ながら。

45. ライバルと呼べる人はいますか?
あさひ突撃隊の大将さんかな。あのヒトすんげー身が軽くってさ、矢が全ッ然当たんねーの。

46. 家族仲は良い方ですか? また、どう思ってますか?
ウチは家族仲は良い方だね。どうって、家族は家族っしょ。それ以上でも以下でも無いよ。

47. 当主様のこと、どう思っていますか?
咲羅さんのこと? 最恐(さいきょう)のエースアタッカーかな(笑)。

48. 尊敬する人、憧れている人はいますか?
会ったことないけど、初代様。手記とか見てると、尊敬するね。いろんな意味で。

49. 趣味・特技はありますか?
言葉遊びとか結構好きだね。『趣味や特技』の括りに入れていいのかどうかは謎だけど。

50. 初代様に一言お願いします。
素敵な家訓をありがとう(笑)。

51. ・・・お疲れではありませんか?
は? ……ああ、これが51番目の質問なのか。吃驚したー(笑)
このタイミングでこの質問って、これ考えたヤツは策士か、天然かどっちかだろうね。


52. 小さいときの将来の夢はなんでしたか?
んー……内緒(笑)
「え、教えてくれても良いじゃんー。そんな答え方されると余計気になって仕方ないよ」

53. 癖はありますか?
帽子が飛ばないように、走るときは左手で押さえて走る。

54. 嘘は上手い方ですか?
ってか、「嘘ついてる」って相手に気づかれちゃった時点で失敗だよね。
「そんな事ばっか言ってるから『詐欺師』って呼ばれちゃうんだよ嵐くんは」

55. 感情がすぐ表に出るほうですか?
さーどうでしょー。
「割と表情がよく変わる方だとは思うけど、嵐くんの場合『怒ってるフリしてる』こともあるからねー」

56. よく食べる方ですか? 味にはうるさい?
食べっぷりは普通じゃないかな。味にうるさいワケじゃないけど、高野豆腐を肉と偽って出されても判別できる程度の味覚はあるかな。
「地味に、家計に打撃を与えるタイプだよね。ごまかしがきかないって先代当主が言ってたよ」

57. 好きな食べ物・飲み物はありますか?
いなり寿司。飲み物は、どこで出されたんだったかあんま覚えてないんだけど、香りの良い薬草を煎じた特殊なお茶かな。

58. お酒、強いですか?
まあそれなりに。
「そういや嵐くん、飲み比べのときに毎回『嵐くん専用杯』を持っていくのは何で?」
あー、ゴメン。ソレ企業秘密だから。
(……杯に何か仕掛けしてるんだな)

59. 宝物はありますか?
ああ、うん。でもゴメン、何がソレに当たるのかは伏せさせてね。
「また意味ありげな答え方を……」
具体的に言っちゃうと差し支えるから。色々とね(苦笑)。

60. 好きな動物・嫌いな動物は何ですか?
好きなのは……うーん、そうだな。イヌ科の動物かな? 嫌いっつーか苦手なのは鳥。
「え? 鳥、苦手だったんだ。意外だね」
小さい頃に帽子を持って行かれた事あってさ(苦笑)。あ、戦装束の帽子の帯にやたら反応する、猫も正直あんま好きじゃないかな。

61. 好きな色・嫌いな色はありますか?
好きなのは琥珀、月草、菫かな。嫌いっつーか苦手っつか「俺に似合わない」のは小豆とか宗伝唐茶(そうでんからちゃ)とかの「赤系統で彩度の低い渋めの色」かな。

62. 座右の銘はありますか?
現状維持は落ちてる証拠。決断しないのは「答えを出さない」という選択をするのと同じだよ。4文字熟語で言うなら「迅速果断」てとこかな。

63. 今までに一番印象に残っている出来事を教えてください。
歴代当主の手記を読んだ事かな。侑の母上ってこんなヒトだったんだー、とかさ。
一番印象深かったのはやっぱ初代様だけど。


64. 裏切られた! と思った瞬間は?
無いね。俺が侑や海くんになることが出来ないように、侑や海くんが俺になることも出来ない。簡単に言うと、「俺の事を最優先に考えられるのは俺」ってことだね。
「うわ、嵐くん結構きっつい事言うね」
あーゴメン。俺、結構口が悪いから。……そうだなー、噛み砕いて端的に言うと「信頼と期待は違うよ」って事なんだよね、俺の言いたい事は。
「というより、嵐くんが言いたいのはむしろ『依存と信頼は違うよ』って事なんじゃないかと思うけどね」

65. これまでの人生で一番の失敗は?
……人妻ふたりをお救い出来なかったことかな。
「普段、サポートに回る嵐くんが、奥義の使用を連続で進言してきたからね。おれもちょっと驚いたよ。というより、嵐くんって真面目な顔も出来たんだね」
俺、いつの瞬間も常に大真面目ですけど?(笑)
「人妻がどうのとかはこの際置いておくとして。毎回違うことを全部本気で言ってるから、信用無くすんだよ君は」

66. これまでの人生で一番の自慢話をしてください。
疲労しにくくて、2体攻撃できる奥義を編み出したことかな。
「燃費って結構大事だよね。連弾弓って結構疲れるんだろ?」
ああ。親玉倒すのに役に立っても、迷宮のさらに奥に進みたいときは健康度の損ない具合も考えないといけないからさ。

67. 今までの人生の中での懺悔をひとつどうぞ。
別に? 懺悔しなくちゃいけないようなコト、した事無いしー?
「嘘つけ」

68. 「交神の儀」についてどう思っていますか?
どうって。無きゃお家が断絶しちゃうでしょ。

69. 交神のお相手、好きに選べるとしたら基準は顔? それとも遺伝情報? あるいは他の要素?
総合。容貌もそこそこ重要だけど、俺の能力値との相性とか、奉納点とか属性とか、考えなきゃいけない要素は山ほどあるだろ。
「嵐くんて、所謂『恋と結婚は別物』ってタイプ?」
当然。

70. あなたのお家は、神様と一緒に成長したいタイプですか? それとも、能力値の高い神様に「良いお子をお授け下さい」と願うタイプですか?
初代様の家訓から察するに間違いなく前者だろ。

71. ここだけの話、交神相手の女神様のこと、どう思っていますか?
ああ、俺まだ交神行ってないからこれはパスで。
「69番目の回答参照でお願いしますってこと?」
あー……まあ、そうなるかな。

72. 一族間でのロマンスについてあなたの考えは?
いやいやいや質問がおかしい質問が。
「うん、咲羅さん以外に女子が居ない状態でこれは、結構問題大アリな質問だね」
つか、『一族間で』ってさー、姉ちゃんとか妹とか母親とか含むだろ。倫理以前に俺は血縁者を異性として見ることが出来ない。男は論外だし。
「その定義にあてはまらない女の子が、一応あと一人同じ屋根の下にいるけどね」
イツ花ちゃんも除外。使用人に手ェ出すとかもありえないだろ普通に。
「誤解を避けるために言っておくと、おれも嵐くんに全面的に賛同かな」

73. 「外」の人とのロマンスについてあなたの考えは?
相手によるね。
「ストップ。それ以上は何か色々ヤバそうな予感がするから言っちゃダメ」

74. もし、「外」の女性から告白されたらどうします?
どうって、まぁ相手と状況によるとしか。

75. 好きな人はいますか?
うん。そういう相手が一人も居ないっていう人間って信用できないと俺は思うけどね。
「相手については敢えて聞くのをやめておこうか」
ああ、その方がいいと思う。

76. 好きなタイプは?
うーん。別にタイプで好きになるワケじゃないし。逆に「これはないな」って定義ならハッキリしてるんだけどな。
「ハタから見てて解る傾向は『年上好き』だよね嵐くんって」
いや、俺らの出自からしたら年下の相手の方が少ないだろ絶対的に。

77. 嫌いな人はいますか? また、「嫌いな人」や「苦手だな~」と思うのって、どんなタイプの人ですか?
相手の、具体的な名前は我が家の今後のために伏せるとして(苦笑)、そうだなー……。嫌いっつか苦手なのは「自分の頭で考えようとしないヤツ」かな。

78. あなたの周囲で一番変だと思う人は? どこが変ですか?
ああこれは、文句なしでイツ花ちゃんに決定だろ。
「ちょっと嵐くん……!」
いや別に、イツ花ちゃんのことを嫌って言ってるワケじゃないから(苦笑)。
好きか嫌いで言ったら好きだけどね、ああいう子は。


79. 文句を言いたい人に今ここでぶちまけてください。
剣福さん。剣士以外の武器はどうして特注受け付けてくれないんですか!
「あ、おれもそう思う。刀匠だから仕方ないけどさ、刀剣以外もあったら良いよね」

80. 「外」の人たちのこと、どう思っていますか? また「外」の人たちから、自分たちはどう思われていると思いますか?
敵は少ない方が良いし味方は多いに越したことは無いよね。どう思われているかは、そうだな……『金の切れ目が縁の切れ目』にならなきゃいいと思うけどね、俺は。
「嵐くんってさ、要領良いし世渡り上手だから恨み買うようなこと殆どないけど、情はあんまり篤くないよね。正直ちょっと寂しいよ」

81. あなたが当主さまだとしたら、資金の配分はどのようにしますか?(例:とにかく宗教部門につぎ込んで奉納点を下げる、刀鍛冶を呼びたいから公共部門に5 割・・・など)
そうだなー……家訓無くてもさ、娯楽って結構大事だと思うんだよね。
人ってゴハン食べてるだけで生きていけるわけじゃないでしょ。

「家訓に従うなら宗教部門と娯楽部門中心で、公共がその次、商業は余裕があるとき……だったっけ?」
まあでも、初代様のその判断は概ね妥当だと思うけどね俺は。

82. 「結魂の儀」についてのあなたの考えをきかせてください。
奉納点ナシで子供を授かることが出来るって、結構魅力的ではあるけどね。正直相手によるとしか言い様が無いかな。

83. 年取ったなぁ、と思わず思ってしまうのってどんなときですか?
ナイ。多分俺、今が「最もバランスの取れた時期」にあたってるんじゃね?
「ああ、11ヶ月ならそうだね」

84. ふたつの呪いが無かったら、どんな人生になっていたと思いますか?
パス。そういう『無かった可能性』に考えを巡らす時間を『無駄』だと俺は思ってるから。

85. イツ花さんに一言お願いします。
ま、根はイイ子だよね。仕事は正直、粗いけど。
「細かいことを気にしないのは、あの子の長所でもあるんだけどね。嵐くんとは考え方が合わないんだよきっと」
うん。重ねて言うなら俺はイツ花ちゃんを嫌いなワケじゃないから、そこは勘違いしないで欲しいな。

86. イツ花さんと、太照天昼子様って・・・・・・似てますよね? あなたはどう思います?
うわー、さり気に怖いこと訊くよね。そこは触れたらいけないんだと思ってんだけど?
「あー……うん。まぁ、姿絵見たとき気になってさ、聞いたことあるんだけど『一生懸命マネっこしてるんです』って言われたんだよね」
じゃぁ、そういうことにしておこうか。
女が訊いて欲しくないと思ってることは訊くもんじゃないっしょ。

87. 黄川人さんに一言お願いします。
歴代当主の手記から思い描いていたより、以外に普通のヤツっぽくて、逆に吃驚したよ(苦笑)。
「一体どんな子だと思ってたのさ……」
壊れてるというか、『病んでる』ヤツなんだろうなーと思ってたからさ。

88. 「氏神」さまについてあなたの意見を聞かせてください。
まだなった人いないからねー。正直よくわからないな。俺? もし死んだあとに推挙されても祀らないで欲しいな。
「何で?」
天界って退屈だっていうじゃん。

89. 今一番欲しいものは?
風属性のついた弓。俺の技の値で一番高いの風だから。

90. 自分のこと、好きですか?
ああ、好きだよ。つか、自分が自分の味方じゃ無かったら、すんげーしんどいと思うんだけど。

91. 人気ありますか? あるとしたらどの部分だと思います?
朱点童子討伐隊とか、隊長って人気商売だからねー(笑)。主張を通しつつ、人に好かれる要領の良さって、どっちかっつったら当主に必要な資質じゃないかな?
「そういう点では、嵐くんって当主に向いてるんだよね。進言が的確すぎるから、逆にリーダーにならずにいてくれた方が周りとしては助かるんだけど」

92. これだけは誰にも負けない! といえるものは?
そうだなー、『弓の腕』ってことにしといてくんない? 無難なとこで(笑)

93. これだけは譲れない! というものは?
あ、無いかも。
「え? 嵐くんてさ、自分専用に結構こだわってるから、そんな答えが返ってくるなんて意外だなー」
うーん、そうだな……何つったらイイかな。俺らのいる世界って、色んなものがある意味『偶然』の選択の上に成り立ってると思うんだよね。
未来が定まっていないんであれば、『代わりのきかない存在って、たぶんひとつも存在しない』と思うんだよ、俺。

「ごめん嵐くん、おれにもわかるように説明してくれない?」
ああ、だからさ。例えばなんだけど、部品の形が決まってて一枚の絵を完成させるタイプの遊びがあるだろ。(※1)
世界がああいう風に成り立ってるなら、一部分だけを変えることって絶対に出来ないワケ。
よって、過去を変える事も未来を変える事もできない。起きることは防げないし、逆に予定されてないことは絶対に起きないよね。

「ああ、おれにも何となくわかってきたよ。つまり、代わりがきかない世界であるなら誰しもがオンリーワンであるがゆえに、ナンバーワンは不動ってことだよね?」
うん。逆に、代わりがきく、つまり『唯一絶対が存在しない』ということは『不動の一位も存在しない』って事。
それを希望ととるか絶望ととるかは考え方次第だよね。

「嵐くんは『希望』と捉える人だね」
まあね。下克上魂とでも言おうか(笑)。
(※1プレイヤー注:ジグソーパズルのことです)

94. ・・・・・モテますか?
うわ、これ自分で「はい」とか言ったらすげー嫌なヤツじゃん俺(笑)。
「これまた意外な返答だね。嵐くんの事だからてっきり『うん、俺ってイイ男だしー?』とか言うと思ってたよ」

95. 贈り物をもらうとしたら、何が嬉しいですか?
いや、俺のために選んでくれたっていう、その気持ちが充分嬉しいよ?(笑顔)
「嘘くさいなーその笑顔」
傷つくなぁ。けっこーマジで答えてるんだケド?
「『傷つく』とか言いながら、笑顔で受け答えするとこが嘘くさいんだよ」

96. こんちくしょー、家出してやる! と思ったことはありますか?
あ、『朱ノ首輪』つけて帰還しようと思ったときにチラッと頭の片隅をよぎったかな、それ(笑)
「やっぱり取り上げて正解じゃないか!」

97. 口説き文句をひとつどうぞ。
え、ヤダ。男を目の前にして言う口説き文句なんて俺の語彙には無いね。
「あー……おれも、嵐くんに口説かれたくはないなぁ」(苦笑)。

98. 見事朱点打倒を果たしました! そのときあなたの心境は? また、その後の人生についての希望はありますか?
感無量? その後ね……そうだな。手記でも書こうかな。
「これに対しては『時間の無駄』って言わないんだ」
ああ。望む未来を思い描くのは、行動しやすくするって点で無駄じゃないからね。

99. 裏京都に行ったことはありますか? 黄川人君と昼子様、どちらのお話を聞きたかったですか?
これは、『行った事ないんでパス』って言いたいトコだけど。昼子様は何か怖いからお話聞く勇気は俺にはないかな(苦笑)。朱点倒して呪いが無くなって、飽きるほど時間ある体になれたら、黄川人の雑談につきあってやってもイイかな。

100. お疲れさまでした。最後に一言どうぞ。
海くんもお疲れ。ところでこれ何に使う――って、マジ?! 書き付け残してんの?!
花乱火!

「ちょ、何すんだよ家の中で! 危ないだろ」
その書き付けは世の中に出してはイケナイものです。よって焼却処分決定。
「あーあもう。おれ速記苦手なのに結構頑張ったんだよ? ヒドイことするなー嵐くん。こんだけ焦げちゃったら読めないよ全く」
どっかの誰かが言ってたケドさ、世の中には知らない方がイイことって在るじゃんやっぱ。(あー……本気でヤバそうなのはパスしといて良かった、マジで。危ない危ない)

100質回答 高千穂速風・緋鷹

高千穂速風・緋鷹回答

速風。指南書P268下62・左2、土髪水瞳水肌。 緋鷹。指南書P268上3・右2、土髪水瞳火肌。
↑今回質問に答えてくれるのはこの人たちです↑

1. あなたのお名前は?

「――四代目、『高千穂 透架(たかちほ とうか)』だ。生まれたときの名前は『速風(はやかぜ)』」
「高千穂 緋鷹(たかちほ ひだか)と申します」

2. ご存じの方はその由来なんかを。

「知らん」
「父上が付けてくれました」

3. 現在の年齢と、わかれば誕生日・血液型を教えてください。

「1021年6月現在1才5ヶ月。1020年1月生まれで血液型はAB(RH+)」
「8ヶ月。1020年11月生まれ、血液型はたぶんA」

4. 髪の色、瞳の色、肌の色を教えてください。

「やや暗めの金茶髪に藍色の瞳、肌はやや色白」
「金茶の髪に明るめの青い瞳、肌は褐色。うわ―。ふたり並んでるとなんだか不良さんみたい」
「ただし外出するときには幻術をかけてるから、都の人たちとたいして変わらんな」

5. 身長、体重、靴のサイズ(笑)なんかも教えてください。

「身長173cm・体重62kg・靴? 知らん」
「身長176cm・体重63kg・靴は25、26? そのくらいですたぶん」
「・・・髪ほどくと身長ちょこっと低くなるよな緋鷹は」
「・・・・いじめないでください・・・」

6. スリーサイズを教えてください(笑)上から順に。

「知るか! だいたい、そんなもの聞いたところでどうするんだ?」
「・・・・秘密」

7. あなたの口調、一人称、二人称は?

「速風さんって物覚えがいい代わりに言葉遣いに情緒が無いですよね、時々。一人称は俺、二人称は~殿。当主だからかそれとも本人の性格なのか、一族に対してはたいてい呼び捨てですこの人」
「・・・・・・緋鷹は顔に似合わずおっとりした柔らかい喋り方をするな。緋鷹の一人称は俺、二人称は名前にさん付けだ、たいてい」

8. あなたの父君、母君のお名前を教えてください。

「父神は怒槌丸様、母の名は水津稀(ミヅキ)」
「父上の名前は清澄(キヨスミ)、母神は二ツ扇の前様」

9. ご職業は何ですか?

「薙刀士。前列一掃! これに限る。実は槍とどっちを選ぶか少しだけ悩んだが」
「剣士。父上の後を継ぎたかったんです」

10. 愛用の武器はありますか?

「鳥居千万宮で拾ったブンブン刀」
「九重楼で拾った名刀長船。速風さん、お金が無いって、つらいですね・・・・・・」
「言うな」

11. 愛用の防具はありますか?

「「鎖かたびら。」」
「品揃えが少ないので選り好みしてられません」

12. お気に入りの装飾品は?

「好きでつけてる訳じゃないんだが、当主の指輪。外れん!」
「宝箱開けたり御前試合でもらったりした薫風ノ腕輪」

13. 朱の首輪をつけたこと・・・あります?

「つけたところで心の値が足らん」
「・・・だ、そうです」(良かった・・・)

14. 奥義を覚えたら使っちゃいたくなる方ですか?

「雑魚相手に使うのは嫌だな」
「時と場合によりますねぇ」

15. あなたのオススメ戦術は?

「補助術で攻撃力を上げてから奥義『双光速風斬』! くららや鬼毒の符を使っておくのもいいな」
「怪我をしたらすぐに回復。命あっての物種です」

16. 携帯袋の中に常に入ってるものってありますか?

「影縫いの針。持ち逃げ防止用」
「当主さま。おか、ったー!!」(顔をしかめている)
(↑緋鷹、「お金が無いってつらいね」と言おうとして速風に思い切り足を踏んづけられる)

17. あとちょっとで迷宮最深部、というところで一月が経過。
あなたなら続行しますか? それとも帰還?

「翌月に春の御前試合や交神の儀の予定が無くて、怪我人と年寄りがいなくて、その上進みたければ続行」
「何やらすごいことになってそうなので帰って着替えたいんですけど・・・・・・」

18. 夏の御前試合と白骨城討伐、どちらを優先したいですか?

「白骨城は6、7月ですませるよう予定を立てる」
「あそこ、暗くて骨がいっぱい転がってるからあまり行きたくないんですけど・・・・・・」

19. 実はあまり行きたくない迷宮ってあります?

「夏の相翼院は上からの日差しがきつい上に、水面の照り返しもあって――ものすごく暑い。よって日差しが 弱い時期以外は却下」
「冬の相翼院も逆の意味で結構しんどいですよね」

20. 逆にオススメな迷宮とか。

「「春もしくは秋の相翼院!」」

21. カモにしやすい(笑)鬼っています?

「白骨城の鬼に白波連発。けっこう効くんだ、これが」
「九重楼の達磨さん」

22. 死にかけたことはありますか? 差し支えなければ原因も。

「無いな」
「訓練のとき、赤玉の当たり所が悪くて・・・・・・」(苦笑)
「だから火の術が嫌いだったのか」
「幸い、円子をすぐにかけてもらって事無きを得たんですけど」

23. 漢方薬のお世話になったことはありますか?

「うっかり流行り病をひろって咳が止まらなくなって、つい最 近飲まされた」
「まだ、無いです。漢方薬ってどんな味がしたんですか?」
「・・・・・・万金露よりマシだ」

24. お世話になってる術は?

「陽炎、くらら、武人」
「お雫、泉源氏、かな?」

25. リーダー、参謀、その他大勢。自分はどの位置だと思い ますか?

「リーダー」
「その他大勢」

26. あなたは肉体派?それとも知能派?

「えげつない作戦を立てると昔言われたことがある」
「どっちでもない気がします~」

27. 責任感は強い方ですか?

「・・・・責任感、というより、意志の強さには自信があるな」
「まぁ、それなりに」

28. あなたは楽観的?それとも悲観的?

「楽観的」
「どちらかと言うと悲観的かも?」

29. 口より先に手が出るタイプですか?

「ははは!」
(↑口と手が同時に動くことが多いです)
「出ません」

30. 他人に迷惑をかけるほう?それともかけられる方です か?

「俺は他人に迷惑をかけたりはしないな、基本的に」
「・・・・・・」
「ん? 何か言いたそうだな」
「いえ、別に・・・・・・」

31. あなたの性格を一言でいうと?

「一言で言い表せるほど薄っぺらい人間じゃないぞ、俺は」
「おっとり、ほのぼの」

32. あなたの長所は何ですか?

「過ぎた事にはこだわらない」
「焦らないこと、かな?」

33. では短所は

「そんなものいちいち考えん」
「鋭い目つきと口の悪さで誤解されやすい人です。速風さん、根はいい人ですよー」
「緋鷹は優柔不断なところをもう少しどうにかした方がいいと思うが」

34. 好きなことは?

「街の様子を探りに行くこと」
「甘味処巡り」

35. 嫌いなことは?

「書類の整理。面倒だ!」
「蔵の整理」

36. 今一番の悩み事は?

「金が無い! 俺たちだけ食ってく分だったら充分なんだが。――朱点のおかげで都は荒れ放題だ! あちこち建てなおしてるせいで何かと物入りだからな」
「・・・お金が無いって、つらいね・・・」
(↑今度は踏みつけられずにすんだらしい)

37. 休養中、何をして過ごしますか?

「街へ出かける。もちろん、幻術かけてな」
「・・・・・・お屋敷の雨漏りの修理や障子の張り替え」(苦笑)

38. 行きつけのお店とかってありますか?

「行きつけも何も、まだまだ復興中だから自然と行き先は限られてくるな」
「最近開店した甘味処」

39. お祭りは好きですか?

「あの神輿は趣味が悪いな」
「ま、まぁ、街に活気が戻るのは悪いことじゃないですよ。ね、当主さま?」
「・・・・・・」
(※当時復活していたのは「豊年ムキムキ祭り」のみだった)

40. 建立物のネーミング、どう思ってます?

「誰も読み方を知らんものを、どう思うも何も無いだろう」
「当主様に読めないものが、俺に読める訳無いじゃないですか」
(※当時建ってたのは「大毘遮那座神像」のみです)

41. 美人画屋さんに行ったことはありますか?また、好みの美人画は?

「美人画屋? 何だ、それは?」
「ええと、遊郭などに集まってくる、太夫さんたちの似顔絵を扱ったお店ですよ」
「そういえば、そんなものが出来たと聞いた気もする」
(↑興味が無いので話半分にしか聞いていなかったらしい)

42. 相場を張るのに自信はありますか?

「外すときと当てるときと、まぁ五分五分だな」
「・・・地道に稼ぎましょう?」

43. 仲の良い人はいますか?

「・・・・・・特に、いないと思うが」
「えぇっ! 速風さん、俺たちのこと嫌いなんですかっっ!」
「・・・別に嫌ってはいない」
(まったく――なんでこいつは俺に懐く?)
「あ――えっと、俺は闇羽ちゃんとは甘いものが好き同士で気が合います~」

44. 親友と呼べる人はいますか?

「いないな」
「いつか、そんな相手を見つけられるといいですよね」
「・・・・・・なんで俺の方を見て言う?」

45. ライバルと呼べる人はいますか?

「いたけど死んだ」
「いませんよ」

46. 家族仲は良い方ですか? また、どう思ってますか?

「あえて、この場で何か言うのは控えさせてもらう」
「う~ん? 他所のお宅がどうなのかっていうのがわからないから、これがふつうだと思っていますけれど」

47. 当主様のこと、どう思っていますか?

「――前当主は気の毒だったと思う、色々と」
「前の当主様のことは良く憶えてません。速風さん、いい人ですよ~。たまに言葉キツかったりしますけど」
「・・・・・・」

48. 尊敬する人、憧れている人はいますか?

「浮葉兄さんかな。遺言が何か格好良かった」
「速風さん」
「・・・・・・」(頭を抱える)
「緋鷹――。お前・・・・・・本人目の前にして、よく言えるな」
「? どうしてです?」
「言った方が恥ずかしくないか? ・・・・・・言われた方は、もっと恥ずかしいぞ」(横向く)
(あ、照れてる)「ふふ。さっきの、お返しです」

49. 趣味・特技はありますか?

「趣味、は特に無い。特技は結界破り」
「趣味は甘味処巡り。特技は・・・・・・何かあったかなぁ?」

50. 初代様に一言お願いします。

「俺様に取り憑くな」
「会った事も無いのにこんなこと言うのも変ですけど。――そんなに悪い人じゃない気がします。なんとなく・・・・・・ですけど」

51. ・・・お疲れではありませんか?

「そう思うなら、さっさと終わらせればいいだろう。いちいち つまらんことを聞くな」
「あ、すみません! 悪気は無いんですよ~、この人。大丈夫ですから、続けましょうか」

52. 小さいときの将来の夢はなんでしたか?

「幻術かけずに街に降りられる体になること」
「速風さんみたいな当主になること」
「!!」
「あ!! だ、大丈夫ですかッ?!」
(↑速風、派手に椅子から落ちる)
「・・・・・・」(ひらひらと手を振る)
(↑大丈夫だから続けろ、と言いたいらしい)

53. 癖はありますか?

「考え事をするときに腕を組む」
「書物を読むとき頁折って栞代わりにしてます」
「犯人はお前かー!!」

54. 嘘は上手い方ですか?

「緋鷹は、嘘をつくとき視線が右上に泳ぐからすぐ判る」
「速風さんはぜんぜん顔に出ないですよね」

55. 感情がすぐ表に出るほうですか?

「出ていると思うが、なれない奴には読みづらいだろうな」
「けっこう喜怒哀楽はハッキリしてますよ~」

56. よく食べる方ですか? 味にはうるさい?

「べつに大喰らいでもなければ小食でもない」
「ふつう、だと思いますたぶん」
「ちなみに、俺様の感覚は『好き』と『大嫌い』の2種類しかない」
「何も言わず食べてくれるときは大丈夫って事ですよね」

57. 好きな食べ物はありますか?

「甘いものは苦手だが、それ以外なら特に好き嫌いはない」
「甘いもの。勘弁して欲しいのは苦いもの」

58. 好きな飲物は?

「特にない」
「お抹茶は甘いものに良く合いますよね~」

59. お酒、強いですか?

「けっこう自信はあるな」
「元服のとき、ちょっと飲んだだけで眠っちゃいました」

60. 宝物はありますか?/h3>
「思いつかんな。物にはさほど執着せん」
「・・・・・・ないしょ」

61. 好きな動物は何ですか?

「・・・・犬?」
「猫。気まぐれでわがままだけど可愛いですよ~」

62. 嫌いな動物は?

「羽虫。夜に明かりに寄ってくるのがうっとおしい」
「烏。以前、父上と裏山に行ったら追いかけ回されたんです・・・・・・」

63. 好きな色はありますか?

「浅葱」
「萌黄」

64. 嫌いな色は?

「ドドメ色」
「橙」

65.  座右の銘はありますか?

「特にない」
「塵も積れば山となる」

66. 今までに一番印象に残っている出来事を教えてください。

「職業の世襲制が決定されたこと」
「雫風ちゃんが家に来たときのこと」

67. 裏切られた! と思った瞬間は?

「当主に指名されたとき」
「まだ、ないです」

68. これまでの人生で一番の失敗は?

「俺様、すんだことはいちいち気にしないタチだからな」
「先月の鳥居千万宮討伐で、道に迷ってる間に3つくらい火が消えてました・・・・・・」

69. これまでの人生で一番の自慢話をしてください。

「奥義を作ったことぐらいか?」
「甘味処で【山盛りあんみつ、三杯完食したら御代は頂きません!】に挑戦して見事達成したこと。時間の記録 もまだ破られてません」

70. 今までの人生の中での懺悔をひとつどうぞ。

「・・・・・・懺悔しなければならんようなことをした憶えはない が?」
「当主様の前で、ですか? ・・・・・・勘弁してください」

71. 「交神の儀」についてどう思っていますか?

「どう、と言われても返事に困る」
「まだ行ったこと、無いんですけど」

72. 交神のお相手、好きに選べるとしたら基準は顔? それとも遺伝情報?

「俺様は好きに選んだぞ?」
「ええと、実はこの方がいいなって希望はあるんですけど」
「おまえ耳まで真っ赤だぞ」

73. ここだけの話、交神相手の女神様のこと、どう思っていますか?

「・・・・・・。聞くな」
「な、な、な・・・・・・いいい、いきなりなに言い出すんですかっっ!」
「おまえ、見てて面白いぐらい顔に出るな」
「速風さん、どうしてこういう質問に平然としてられるんですか。いつもと全然かわらないし」
「当たり前だ。おまえと俺様では経験が違う」

74. 一族間でのロマンスについてあなたの考えは?

「・・・・・・勝手にしろ」
「うーん? 雫風ちゃんも紅宴さんも姉妹みたいなもんだし、そんなこと考え付きませんけど」

75. 「外」の人とのロマンスについてあなたの考えは?

「・・・・・・べつに」
「というより、基本的に高千穂一族は、あまり外と関わっちゃいけないんですよね」

76. 「外」の人たちから、自分たちはどう思われていると思 いますか?

「知らん。俺様に聞くな。そんなもの、いちいち気にならん」
「というより、当家の存在すら、知ってる人はめったにいないでしょうからねぇ・・・・・・」
「めったに出ないが、御前試合のときも偽名使ってるしな」

77. もし、「外」の女性から告白されたらどうします?

「え、どうしよう・・・・・・」
「おまえな・・・・・・これぐらいでいちいち動揺するな。俺様は一夜の夢を見るぐらいだったら別にかまわんと思う が。 据え膳食わぬは男の恥、と昔から言うだろう?」

78. 好きな人はいますか?

「いない」
「えぇっ! 速風さん、俺たちのこと嫌いなんですかっっ!」
「・・・・・・こういう質問がきたら、ふつうは『異性で』という意味だろうが。そういう緋鷹はどうなんだ?土の女神、といえば――」
「わーっ!そういうことは言っちゃ駄目です~!!」

79. 好きなタイプは?

「とくにないな」
「えっと・・・・・・」
(↑緋鷹、またしても赤面して黙り込む)

80. 嫌いな人はいますか?

「黄川人」
「いませんよ~」

81. 嫌いな人や、苦手だな~と思うのって、どんなタイプの 人ですか?

「感情表現は素直に言動に出せ。あまのじゃくな奴はうっとう しい」
「う~ん? 嫌いだーって思うから、相手にもそれが伝わるんじゃないですか~?」

82. あなたの周囲で一番変だと思う人は?どこが変ですか?

「緋鷹」
「何もそんなキッパリ言わなくても・・・・・・。そんなに変ですか?」
「自覚の無い奴はたいていそう言う」

83. 文句を言いたい人に今ここでぶちまけてください。

「さっきも言ったが、初代当主! 俺様に取り憑くな!」
「どうして、大江山の開門って11月と12月だけなんですか! それじゃ間に合わない――」
「つまらんことを考えるな。自分の心配をしろ」

84. 年取ったなぁ、と思わず思ってしまうのってどんなとき ですか?

「・・・・・・無いぞ」
「やっと一人前になったばっかりなんですから・・・・・・」

85. 「外」の人たちのこと、どう思っていますか?

「べつに」
「正直、鷹羽の人たちのことは気になりますね・・・・・・」

86. ふたつの呪いが無かったら、どんな人生になっていたと 思いますか?

「知らん」
「呪いがあっても無くても、今の家族に会えるなら、それでいいです」

87. イツ花さんに一言お願いします。

「・・・・・・元気か?」
「あんまり無理しちゃダメですよー」
(※鷹羽家の方に常駐して高千穂邸には時々顔を出す程度)

88. 黄川人さんに一言お願いします。

「嫌いだ」
「・・・まだ会ったこと無いんですけど・・・・・・速風さんとの間に一体何があったんですか・・・・・・」

89. 「氏神」さまについてあなたの意見を聞かせてください。

「氏神? 何だ、それは?」
「当主様が知らないのに俺が知る訳ないじゃないですか」
(※まだ説明すらされてません)

90. 今一番欲しいものは?

「・・・・・・」
「雨漏りしない部屋と装備品」

91. 自分のこと、好きですか?

「『自分が嫌い』などと考えていては、あの男には勝てん」
「好きですよ?」

92. 人気ありますか?あるとしたらどの部分だと思います?

「知らんな」
「どうでしょうねぇ」

93. これだけは誰にも負けない!といえるものは?

「初代の人格を封印できたのは今のところ俺だけだな」
「ふふ、甘いもの勝負なら負けませんよ?」

94. これだけは譲れない!というものは?

「俺が、俺であること」
「あんみつのあんの量!」

95. ・・・・・モテますか?

「さぁな」
「あまり、外と関わりがありませんからね・・・・・・なんともいえません」

96. 贈り物をもらうとしたら、何が嬉しいですか?

「実用的なもの。特に、消耗品だったらありがたく頂くな」
「甘味処の割引券もしくは甘いもの」

97. こんちくしょー、家出してやる!と思ったことはありますか?

「ふ・・・緋鷹くらいのとき、少しな――」
「ええっ、どうしてですかっっ?!」
「細かいことだ、気にするな。ま、あのころは俺も若かった――ということだ」
「え、俺? そんなの、ある訳ないじゃないですか。速風さんが当主なのに」

98. 口説き文句をひとつどうぞ。

「『俺様の残りの時間すべて、お前にくれてやる』 こんなも ので、どうだ?」
「えっ・・・・・・」
(緋鷹、耳まで真っ赤になって下を向いてしまう)

99. 見事朱点打倒を果たしました! そのときあなたの心境は?また、その後の人生についての希望はありますか?

「そんなもの、そのときになってから考えればいいだろう」
「速風さん・・・・・・」

100. お疲れさまでした。最後に一言どうぞ。

「ここまで全部目を通してくれた、その心遣いは感謝す る――」
(速風さんの口から「感謝する」なんて・・・・・・いいなぁ。一回言われてみたい)
「お疲れさまでした。まぁ、何かの参考には・・・・・・ならないと思いますが。 高千穂家の人たちってこんなもの、というコトで」

100質回答 鷹羽日柳

鷹羽日柳回答

俺屍一族に100の質問・回答例/日柳

1. あなたのお名前は?

鷹羽 日柳(たかば ひさなぎ)どす。どうぞよろしゅう。

2. ご存じの方はその由来なんかを。

それやったら、あてより当主はんに聞かはったらええんちゃいますやろか。当主はーん!
「はい? え? 聞いてなかったんですか……? 日柳さんの名前はですね――『いつもお日様みたいに明るく笑っていられるような子になるように。いつも、お日様がこの子を見守ってくれますように。強い風にあっても折られること無く受け流す柳のように、どんな困難にあっても、それを『なぎ』はらっていけるような、優しくて強い子になるように。』と」
当主はん……
「でも、考えたのは私ではありませんよ」(にっこり)
(※プレイヤーはそこまで考えてません。万葉集だったか古今集だったかからとったような・・・うろ覚え。)

3. 現在の年齢と、わかれば誕生日・血液型を教えてください。

1026年4月の下半期生まれの、現在育ち盛りの6ヶ月どす。
血液型?さぁ、気にしたことあれへんよってな・・・・・・。

4. 髪の色、瞳の色、肌の色を教えてください。

髪は当主はんよりちょぉっと濃いめの水浅葱、瞳は月草。
お肌は七難隠す、色白どす。

5. 身長、体重、靴のサイズ(笑)なんかも教えてください。

身長150cm、体重46kg、靴は23.5cmどす。
あ、念のため言うときますけどな、あてが小さいんとちゃいまっせ。藍兄は特別大きいんどす。
他所様のお宅ではどうか解れへんけど、鷹羽の家の人たちは背丈やなんかは街にいてはる月並みの人と大して変われへんさかい。
まぁ、当主はんみたいに、背丈のわりに小柄に見えてるお方もおはしますけどな。

6. スリーサイズを教えてください(笑)上から順に。

いややわ、そんなん(笑)。
聞いてどうしはるん?新しい着物でも仕立ててくれはるんどすか?

7. あなたの口調、一人称、二人称は?

一人称はあて、二人称はあんさん、口調は京ことば。
何処で覚えてきはったんか、やて? ・・・・・・内緒どす(笑)。

8. あなたの父君、母君のお名前を教えてください。

お父ちゃんの名前は「瑞岐(みずき)」、母神様は「春野鈴女」さまどす。

9. ご職業は何ですか?

弓使いどす。うちは、職業は世襲制て決まってるさかいな。

10. 愛用の武器はありますか?

そうどすなぁ・・・紅蓮の祠やなんか行く時は雨切り弓どす。

11. 愛用の防具はありますか?

天狗の法衣どす。あれは弓使い専用やし。

12. お気に入りの装飾品は?

日の首飾りや雪のたすき、あたりがええんちゃう?

13. 朱の首輪をつけたこと・・・あります?

ないない。あの当主はんに限ってそないなこと絶対せえへんわ。

14. 奥義を覚えたら使っちゃいたくなる方ですか?

そんでようお父ちゃんに怒られとります。
ええやん、使ても!せっかく憶えたんやし。

15. あなたのオススメ戦術は?

親玉にやったら連弾弓、敵の数が多ければ地獄雨どすな。

16. 携帯袋の中に常に入ってるものってありますか?

んー?いざって言う時のための七光りの御玉!(笑)
いややわ、冗談どす・・・そんな顔せんといて?

17. あとちょっとで迷宮最深部、というところで一月が経過。あなたなら続行しますか?それとも帰還?

あとちょっと、やったら進んだらええんとちゃいますやろか。

18. 夏の御前試合と白骨城討伐、どちらを優先したいですか?

御前試合どすな。ええもんいっぱい貰えるし。

19. 実はあまり行きたくない迷宮ってあります?

紅蓮の祠。弓使いの戦装束は暑いんどす・・・・・・

20. 逆にオススメな迷宮とか。

鳥居千万宮の変わり鳥居は美しゅうおすな。

21. カモにしやすい(笑)鬼っています?

うーん・・・・・・赤んちょあたりに携帯袋の中身もってかれたりしたときなんかは、しばき倒したろ思いますけどな。

22. 死にかけたことはありますか?差し支えなければ原因も。

ないない。怪我したら即座に当主はんが治してくれはるよってな。

23. 漢方薬のお世話になったことはありますか?

あてはあらしまへんけど、当主はん夏からずーっと飲んではるな。
もともと自分の怪我は後回しにしはるお人やし・・・心配やね。

24. お世話になってる術は?

萌子と陽炎、あとはお雫どすな。

25. リーダー、参謀、その他大勢。自分はどの位置だと思いますか?

その他大勢どす。リーダーが当主はんで参謀が藍兄どすな。

26. あなたは肉体派?それとも知能派?

その他大勢やったら肉体派になるんとちゃいますやろか。

27. 責任感は強い方ですか?

まぁ、人並みちゃうかと思いますけど。

28. あなたは楽観的?それとも悲観的?

楽観的どすなぁ。起きても無いこと心配したかてしゃーないやん。

29. 口より先に手が出るタイプですか?

・・・・だいたいおんなじ位どすな(苦笑)。

30. 他人に迷惑をかけるほう?それともかけられる方ですか?

かけるほうどす。・・・・そういや当主はんは、かけられてる方やいう自覚がまったくあれへんお人やね。
そやから、あてや藍兄や常陸はんが「なんか迷惑かける人」、当主はんや常盤坊はかけられる人。

31. あなたの性格を一言でいうと?

なんというか・・・・・・バーンとォ!お茶目さん?(笑)

32. あなたの長所は何ですか?

気さくで話し好きなところ?

33. では短所は

わりと後先考えてへんところどすな(苦笑)。

34. 好きなことは?

お茶を立てること。落ち着くゆうか、心があらわれます・・・・・・

35. 嫌いなことは?

訓練んとき、巻物読むんが億劫やったね。

36. 今一番の悩み事は?

帽子を被ると髪がくしゃくしゃンなってまう、ゆうことぐらいどすな

37. 休養中、何をして過ごしますか?

お抹茶によう合うお菓子を探しに出かけます(笑)。

38. 行きつけのお店とかってありますか?

紅月本舗。あっこのはどれもオススメどす♪
(↑※鷹羽家/高千穂家の甘党行きつけの和菓子屋さんです)

39. お祭りは好きですか?

お祭りが嫌いな人なんてそうそういてしまへんやろ?

40. 建立物のネーミング、どう思ってます?

たまに当主はんが気の毒になるんが幾つか・・・

41. 美人画屋さんに行ったことはありますか? また、好みの美人画は?

そういうんはまだ早いゆわれてますのや。
藍兄やったら詳しいんとちゃう?

42. 相場を張るのに自信はありますか?

さぁ・・・・・・張った事があれへんよってな。
これも藍兄に聞いたらコツとか教えてくれはるよ。

43. 仲の良い人はいますか?

頼りになるんは当主はん。いい事も悪いことも教えてくれるんが藍兄、あてといっしょにやんちゃするんが常陸はん、常盤坊は止める役(笑)。

44. 親友と呼べる人はいますか?

うーん・・・そういうんはまだいてへんなぁ

45. ライバルと呼べる人はいますか?

ちょっと違うけど、お父ちゃんみたいな弓使いになりたい思てるよ

46. 家族仲は良い方ですか? また、どう思ってますか?

うちは家内円満どす(笑)。ええ家族や思てるよ

47. 当主様のこと、どう思っていますか?

優しいし、頼りになるお人どすけど、もうちょおっと自分のこと大事にしはっても、バチは当たらへんのとちゃいますやろか。

48. 尊敬する人、憧れている人はいますか?

尊敬してるんはやっぱりお父ちゃん。あと、当主はんと、藍兄。
藍兄はアレで結構、かっこええとこもあるねんで。
憧れてるんは・・・名前きくの忘れてもうたんやけど、御前試合でちらっと会うた、どこぞの大将さん。
お父ちゃんもかっこええけど、あてもあんな弓使いになりたいて思てるん。

49. 趣味・特技はありますか?

趣味はお茶。特技は・・・射的どすなぁ、やっぱり。
もっとも、いつやったか弓使いの子供が景品ぜーんぶ獲ってもうて、それから商売上がったりやゆうて、弓使いと大筒士お断り! いう露店も出来たいう話どすけど・・・・・・

50. 初代様に一言お願いします。

女系や女系やゆわれとったうちどすけど、何でか今は女の子が生まれません(笑)。
もしあてや常陸はんが交神行ったら、かわいい女の子が授かるように神様によう頼んどいてください。

51. ・・・お疲れではありませんか?

こんぐらいで疲れてるようでは、『公儀妖鬼討伐士』は務まりまへん。
せやけどキリのええとこやし、何やったらお茶でも立てまひょか?

52. 小さいときの将来の夢はなんでしたか?

紅月本舗に弟子入りして、街いちばんの菓子職人になりたいて、初めてあっこのお菓子もろた時に思たね(笑)。

53. 癖はありますか?

うーん・・・・・・考える時に右手で首筋触ること、ぐらいやろか。あ、人のやあらへんよ(笑)。

54. 嘘は上手い方ですか?

下手やね。すぐばれてるし(笑)。

55. 感情がすぐ表に出るほうですか?

あては感情表現が豊かなんが取得どす(笑)。

56. よく食べる方ですか? 味にはうるさい?

食べてる量はそうは多いことあらへんけど・・・味付けにはけっこううるさい方やね。

57. 好きな食べ物はありますか?

甘いもの。紅月本舗の栗蒸し羊羹は絶品どす!
あっこのはどれもオススメやけどね。

58. 好きな飲物は?

お抹茶。あて、甘党どすけど甘茶は今ひとつどすな。

59. お酒、強いですか?

元服前やから飲んだ事あれへんよってに・・・・・・答えようがあらしまへんな(笑)。

60. 宝物はありますか?

御前試合の翌月にもろた茶碗。
・・・当主はん、ようくれはったな・・・・・・(笑)。

61. 好きな動物は何ですか?

馬。小さい時にちょおっと乗せてもらったことがあってん。

62. 嫌いな動物は?

猫。こないだ走り回って庭の盆栽割っていきよった・・・・・・!

63. 好きな色はありますか?

瑠璃色。臙脂もけっこう好きやね。

64. 嫌いな色は?

何でかわかれへんけど山吹が苦手・・・・・・

65.  座右の銘はありますか?

そういうんは特にあらしまへんなぁ。

66. 今までに一番印象に残っている出来事を教えてください。

そうやね・・・いつやったか、当主はんが怒らはったときのことやろか。
あんときあてはたまたま遠くから見とっただけどすけど、ふだんが優しい優しいお人なだけに、なぁ?
めったなことではまず怒ったりしはらんお人どすけど、お父ちゃんから雷落ちるよか怖いて思いましてん。

67. 裏切られた!と思った瞬間は?

そらやっぱり、紅月本舗で本日限定! ゆうのにずーっと並んで、やっと買える! ゆうときに目の前で売り切れたゆうときでっしゃろ。

68. これまでの人生で一番の失敗は?

戸棚の中に栗蒸し羊羹あったんでおいしゅう頂いたら、実はそれ時雨坊のとっといたやつやて大泣きされました(苦笑)。
いやー悪いことしてもうた思て、あわてて買いに行きましてん。

69. これまでの人生で一番の自慢話をしてください。

そうやね、実は先の御前試合、当主はんも藍兄も出られへんよってに、あてと常陸はん、お父ちゃんと常盤坊で行ってきたんどすけど、ぼちぼちええ結果になった、てことぐらいやろか。

70. 今までの人生の中での懺悔をひとつどうぞ。

お父ちゃん、ごめんなさい。
こないだ道に迷って、うっかり遊郭の方へ行ってもうてん。
ほんとは元服までは行ったらアカンてゆわれとりますのや・・・・・・。
わざとやないし、なーんもせんと帰ってきたから許したって?

71. 「交神の儀」についてどう思っていますか?

そうどすなぁ・・・・・・まだ実感湧かれへんわ。
そういや藍兄はなんで断ってはるんやろ? 女の人が駄目って言う訳やあれへんみたいやし。 どこぞに決めたお人でもいてはるんやろか。
にしては毎回違う芸妓はんと歩いてはるな。

72. 交神のお相手、好きに選べるとしたら
基準は顔?それとも遺伝情報?

顔で選んでええんかゆうたらお父ちゃんにしこたま叱られました。

73. ここだけの話、交神相手の女神様のこと、どう思っていますか?

まだ決まってへんけど・・・・・・姿絵見てこのお人がええ! ゆうたら、当主はんは「良いですよ」ゆうてにっこり笑ってはった。
せやからきっと、わがまま聴いてくれはると思とります。

74. 一族間でのロマンスについてあなたの考えは?

うち、いまは男所帯どすけど(笑)、そういうのがあってもええんとちゃいますやろか。

75. 「外」の人とのロマンスについてあなたの考えは?

そうやね・・・・・・さっきもゆうたけど何でか今はうち、男所帯どすからな。
ロマンスゆうたらやっぱそういうことになりまっしゃろ。
ま、本人同士が幸せなら、それでええんちゃう?

76. 「外」の人たちから、自分たちはどう思われていると思いますか?

当吟はんがどう思てはるかは今ひとつわかりまへんけど、街の人たちからは好かれてるみたいやね。
(※当吟というのは即位中の帝を指す言葉です)

77. もし、「外」の女性から告白されたらどうします?

そうどすなぁ・・・本気やったら諦めてもろたほうが相手には幸せちゃうかと思います。 あてには心に決めたお方がいてるし、まぁ呪いの事もありますよってな。

78. 好きな人はいますか?

「人」はいてへんね。心に決めたお方がいてるいうんはほんとやけど。

79. 好きなタイプは?

美人で優しい人。

80. 嫌いな人はいますか?

いてるけど、あちらさんの名前しらへんよってな。

81. 嫌いな人や、苦手だな~と思うのって、どんなタイプの人ですか?

自分より弱いもんに優しく出来へんお人は嫌いどす。
あとあて、なんや難しいお貴族さんの決まりとかにうるさいお人も苦手どすな。

82. あなたの周囲で一番変だと思う人は?どこが変ですか?

変ゆうか・・・・・・藍兄はつくづく謎めいたお人どすな。
たまーにかっこええとこ見たりすると、いっつもこうやと当主はんみたいに素直に尊敬できるんやけど、て思います。

83. 文句を言いたい人に今ここでぶちまけてください。

今はあれへんよ。あては、がーっとその場で言うてまうさかい。

84. 年取ったなぁ、と思わず思ってしまうのってどんなときですか?

いややな、あてまだ6ヶ月どす。そんなん思たことまだあらしまへんがな。

85. 「外」の人たちのこと、どう思っていますか?

んー・・・・・・まぁこんなもんでっしゃろ。

86. ふたつの呪いが無かったら、
どんな人生になっていたと思いますか?

初志貫徹!(笑)で、今頃きっと紅月本舗に弟子入りしてますわ。

87. イツ花さんに一言お願いします。

大根を煮るときは、米のとぎ汁使たら臭みが取れてええ具合になりまっせ。

88. 黄川人さんに一言お願いします。

あんさんがなんで当主はんをあんだけ嫌わはるんかが気になるわ。

89. 「氏神」さまについてあなたの意見を聞かせてください。

うーん・・・・・・あては素質があるんやったらなってもええて思いますけど。お父ちゃんは嫌やて言うてはったね。

90. 今一番欲しいものは?

お茶請け。今ちょうど切らしてるみたいで、えらいすんまへんなぁ。

91. 自分のこと、好きですか?

ああ、好きおすけど?なんやあんさん、まさか「自分のことが嫌い」やなんて辛気臭いこと考えてはるんか。

92. 人気ありますか?あるとしたらどの部分だと思います?

さぁどうやろ。
人気ある言うたら当主はんは優しいところが人気どすけどな。
ただちょおっと、おなごの気持ちに鈍いところがあるんが珠に瑕どすな。
優しいところがおはすだけに、余計と異性関係でややこしいトラブルおこしはるタイプどす。
藍兄はその点、派手に遊んではるぶん、おなごの気持ちをようわかってはって、扱いも心得てはるよって――以外にそういう揉め事が少ないんどすな。

93. これだけは誰にも負けない!といえるものは?

何やろ。あてはまだまだ成長途中ですよってに・・・・・・。

94. これだけは譲れない!というものは?

お抹茶には紅月本舗のお菓子!

95. ・・・・・モテますか?

いや、さっぱりどす。
(↑※もう少し育てばきっといい男になるに違いない、という視線に気付いてません)

96. 贈り物をもらうとしたら、何が嬉しいですか?

そうどすなぁ、甘いもんやったらあてと常陸はんと坊やたちで仲良う分けていただきます。
当主はんや藍兄は食べへんよってな。

97. こんちくしょー、家出してやる!と思ったことはありますか?

ないない。そんなことしたらお父ちゃんの雷が・・・・・・おおこわ。
というよりきっと当主はん、ずうっと探さはるやろから、気の毒でそんなことでけへんわ。

98. 口説き文句をひとつどうぞ。

別嬪さん。あて、ええとこ知ってますのや。
これからふたりでお抹茶でもどうどす? あ、もちろん奢るよってに。
・・・こんぐらいどすなぁ(苦笑)。
藍兄やったらきっと気の利いたこといっぱい言うてくれはるんやろけど、あてにはこれが精一杯どす(笑)。

99. 見事朱点打倒を果たしました!そのときあなたの心境は?
また、その後の人生についての希望はありますか?

うわーやってもうたー!(笑)。
そしたらあては、弓はこっちに置いといて、紅月本舗に弟子入りさせてもらいまひょか(笑)。

100. お疲れさまでした。最後に一言どうぞ。

長々と引き止めてもうてえらいすんまへん。
あてのしょーも無い話に最後まで付き合ってくれはって、どうもおおきに。
またどっかで会う事あったらどうぞよろしゅう、な?

100質回答・鷹羽藍晶

鷹羽藍晶回答



藍晶。指南書p268下6・左1、風髪風瞳火肌。
↑今回質問に答えてくれるのはこの人です↑
鷹羽藍晶(男5・風髪風瞳火肌、イメージCV:三木眞一郎)

1. あなたのお名前は?

鷹羽 藍晶。(たかば らんしょう)
俺たち「七瀬家」の一族は、紛らわしいのと同じ家族の一員だからって意識で「七瀬」は名乗らねーの。

2. ご存じの方はその由来なんかを。

うちではたいてい親神に縁がある名前を付けるんだ。
俺の父神様は土神だから大地の子供ってことで鉱物(宝石)から。
藍晶石の藍晶。
氷雨が付けてくれたんだけど、自分でもけっこう気に入ってるよ。

3. 現在の年齢と、わかれば誕生日・血液型を教えてください。

1歳ちょいってとこ。外の人間でいったら22、3~4ってとこかな?
誕生日は1025年8月の上半期。
血液型は……Bだっけ、ABだったっけ? どっちだったか忘れちゃった。
氷雨が大怪我したときに「俺の血じゃ使えない」って言われてショックでさー。
氷雨はAだよ。前に薬屋で調べてもらった時にそう言われたから。
「自分のは忘れてるのに、何でそっちは覚えてるのか」だって? 『当主になんかあったときに助けられない』って、大問題だからに決まってんじゃん。

4. 髪の色、瞳の色、肌の色を教えてください。

緑の黒髪(笑)、金に近い翡翠色の瞳、褐色の肌。
……って、小さい頃に氷雨が教えてくれたから、多分そうなんじゃないかな。
髪は俺から見て都の人たちとあんま変わんないように見える。瞳はちょっと色薄い? 肌は……まー、明らかに『濃い』よね俺。

5. 身長、体重、靴のサイズ(笑)なんかも教えてください。

え、千年後の単位で答えるのか? 身長は187cm、体重76.5kg、靴――は、履いたことないから、わかんないや。

6. スリーサイズを教えてください(笑)上から順に。

野郎のスリーサイズを聞いて楽しいか!(大笑)……って、測ったことないからわかんないんだよな、これも。

7. あなたの口調、一人称、二人称は?

口調は花街を歩いている軽薄な兄ちゃん(笑)、一人称は俺、二人称はあんた、かな。

8. あなたの父君、母君のお名前を教えてください。

父神は稲荷ノ狐次郎さん、母親は伽羅って名前だよ。

9. ご職業は何ですか?

薙刀士。世襲制なんだよね、ウチ。

10. 愛用の武器はありますか?

はふりノ鋒。北斗旋風とか、奥津ノ薙刀って、何で女専用なワケ?
せっかく属性武器あっても装備できないじゃん、俺。
まぁ俺水系術苦手だから奥津ノ薙刀装備しても大して攻撃力変わんないんだけど。

(※プレイヤー注:北斗旋風はRでは男女兼用ですが、無印のときは女性専用でした。Rは男薙刀もそこそこ使えるように調整されてますね)

11. 愛用の防具はありますか?

武者鎧、夜明けの兜。ウチで買えるのはこれくらいなんだよねー。

12. お気に入りの装飾品は?

海の首飾り。おさがりでもらったんだー(笑顔)

13. 朱の首輪をつけたこと・・・あります?

ないよ。着けると苦しいんだろ、あれって。
氷雨の性格からゆって誰かに着けるなんてまずなかったし。

14. 奥義を覚えたら使っちゃいたくなる方ですか?

時と場合によるよね。

15. あなたのオススメ戦術は?

ズバリ、一発逆転!!(笑)。

16. 携帯袋の中に常に入ってるものってありますか?

回復用の薬かな。あとはそのときどこに討伐に行くかによるね。

17. あとちょっとで迷宮最深部、というところで一月が経過。 あなたなら続行しますか?それとも帰還?

怪我人いなくて、次の月に予定がなければ進むね。

18.夏の御前試合と白骨城討伐、どちらを優先したいですか?

白骨城!!去年の借りは返させて貰うぜ。
……問題は、俺がそれまでもつか、だな。

19.実はあまり行きたくない迷宮ってあります?

忘我流水道。俺、技の水低いんだよ。
――それに、あの人魚の姉ちゃん、何でか俺にやたらとキツイ。
なんか嫌われるようなことしたか? 俺。……てゆか、俺、あの人魚嫌い。

20. 逆にオススメな迷宮とか。

うーん。……ってか、やっぱ迷宮なんざ行かなくていい暮らしが一番だよ。

21. カモにしやすい(笑)鬼っています?

相翼院のカッパ君かな。(笑)。

22. 死にかけたことはありますか?差し支えなければ原因も。

あるよ。原因は――ごめん、俺やっぱパス!

23.漢方薬のお世話になったことはありますか?

あるよ。東方淫洋根って名前だったかな。
「薬の材料は知らない方が気兼ねなく飲めるかと」ってイツ花ちゃんはゆってたけど、 いったい何で出来てんの、アレ?
味もともかく、すさまじい臭いがしたぞ……

24.お世話になってる術は?

陽炎、速鳥、白鏡、黒鏡。

25.リーダー、参謀、その他大勢。自分はどの位置だと思いますか?

いまはリーダー。当主だから。氷雨が元気だった頃は……どこだろ?

26.あなたは肉体派?それとも知能派?

うーん。がむしゃらに前列出たりはしないけど、
けっこうギャンブラーだから(笑)知能派よりの肉体派?
よくわかんないや(笑)。

27.責任感は強い方ですか?

好き勝手やってますけど?

28.あなたは楽観的?それとも悲観的?

楽観的かもしんないな。 氷雨は、けっこう悩んじゃうタイプだなー。 ま、俺も落ち込むときもあるにはあるんだけどね。

29.口より先に手が出るタイプですか?

どうかなぁー。落ち着きがないとか、口と手が同時に動く人だって
いわれたことはあるけどなー。

30.他人に迷惑をかけるほう?それともかけられる方ですか?

氷雨にはかけっぱなしかも。常盤は手間のかかんない弟だし。

31.あなたの性格を一言でいうと?

きまぐれでわがまま。ただし俺のワガママは氷雨限定(笑)。

32.あなたの長所は何ですか?

常識とか、従来の型にはまらない発想が出来るとこ。

33.では短所は

気分屋で落ち着きのないとこかな。
どうも、ひとつところにじっとしてたり、地道な作業って苦手なんだよなー(笑)。

34.好きなことは?

木登り(笑)。

35.嫌いなことは?

当主のお仕事(書類の整理)。

36.今一番の悩み事は?

ないよ。

37.休養中、何をして過ごしますか?

賭場に行ったり、花街行ったり
……って、これ、あんま大きな声で言ったらマズイか(笑)。

38.行きつけのお店とかってありますか?

ないしょ(にっこり)。

39.お祭りは好きですか?

大好き!露店覗いたり、神輿見たり――楽しいよね。

40.建立物のネーミング、どう思ってます?

イツ花ちゃんが前にゆってたけど……
お偉いさんの考えることって、わかんないよねー。

41.美人画屋さんに行ったことはありますか?また、好みの美人画は?

あ、無いや(笑)。でも前に、歌麿呂さん、だっけ? の弟子ってのが『姿絵のモデルになってくれ』ってうちに来たことあったっけ。

42.相場を張るのに自信はありますか?

まかせとけ!(笑)

43. 仲の良い人はいますか?

そうだな……呑み仲間とか、あとは阿部清明、薬屋の兄ちゃん、かな?

44. 親友と呼べる人はいますか?

うーん。氷雨、かな?

45.ライバルと呼べる人はいますか?

うーん――これも、氷雨、かな……?

46. 家族仲は良い方ですか? また、どう思ってますか?

家内円満がウチの自慢! 当主だからってワケじゃなくて。『守りたい』と思ってるよ。
俺にとって守ら『なきゃいけない』存在じゃなくて、守り『たい』存在ってコトだな(笑顔)

47. 当主様のこと、どう思っていますか?

それは、先代当主に対して? うーん。氷雨は『当主』って存在より先に。俺にとって『氷雨』だし。
――当主としては純粋に尊敬してるよ。今でも。

48.尊敬する人、憧れている人はいますか?

氷雨。あと、会ったこと無いけど初代様。

49. 趣味・特技はありますか?

趣味ねぇ――特に、ないけど。
賭け事は強いよ? 俺。

50. 初代様に一言お願いします。

一度会ってみたいな。

51. ・・・お疲れではありませんか?

だーいじょーぶ。俺なら。そっちこそ疲れてない?(笑顔)

52. 小さいときの将来の夢はなんでしたか?

そうだなぁ……『ぜったい、氷雨に勝つんだ』ー、って思ってたなー……

53. 癖はありますか?

時雨とか、常盤と話すときにかがんで目線合わせることぐらいかな?
常盤は最近、しゃがまなくても良くなったけど。

54. 嘘は上手い方ですか?

じゃないと賭け事なんて出来ないぜ?

55. 感情がすぐ表に出るほうですか?

どうだろうなー。

56. よく食べる方ですか?味にはうるさい?

ああ、食べっぷりいいよ(笑)。
味付け濃すぎなきゃそんなに文句は言わないよ。

57. 好きな食べ物はありますか?

辛いもの。

58. 好きな飲物は?

酒!

59. お酒、強いですか?

おうよ! あと実は、氷雨って俺より酒強いんだよな……
前ふたりで呑んでて、「やべぇ、俺のが先つぶれそう」って、ペース落としたことがあったんだ(笑)。

60. 宝物はありますか?

おさがりでもらった海ノ首飾り!

61. 好きな動物は何ですか?

煮たぎり。かわいいよな。――え、ダメ?

62. 嫌いな動物は?

特に思いつかないけど……

63. 好きな色はありますか?

青。……それと、「若竹色」。前に小菊ちゃんと時雨が教えてくれた。きっと綺麗な色なんだろうな。俺には視えないけどね。

64. 嫌いな色は?

灰色、かな・・・?

65.  座右の銘はありますか?

人生はギャンブル!(笑)

66. 今までに一番印象に残っている出来事を教えてください。

俺が当主継いで、襲名披露のあいさつ回りに行った鍛冶屋で、 「鷹羽の当主さまといえば。かすかに青みがかった銀の髪、 透き通るように白い肌、そして白子といえば普通は紅い瞳が多いのに、 その方はまるで湖水のように澄んだ美しい蒼い瞳をしていたそうだ」 って、たぶん初代様のことだと思うんだけど・・・ まぁ、本家には色だけなら初代様から似たかんじのひと多いのも事実だけど。 俺のこと指差して、「これ絶対違う」っていわれたことかな(笑)。

67. 裏切られた!と思った瞬間は?

うーん。特に無いかな?

68. これまでの人生で一番の失敗は?

そりゃやっぱ去年の白骨城討伐かな。 氷雨はあれからずっと自分のせいだって言い続けてたけど、 ほんとは俺のせいだよ・・・敗走することのなったのも、 氷雨が俺をかばったからなんだ

69. これまでの人生で一番の自慢話をしてください。

餅と白雪祭りのときに、街に出たら持ちきれないくらい大福もらって
見かねた近所のおっちゃんが大八車貸してくれたこと(笑)。

70. 今までの人生の中での懺悔をひとつどうぞ。

そうだな・・・アレは・・・いや、やっぱ、やめとくわ(笑)。

71. 「交神の儀」についてどう思っていますか?

ただ、血を絶やさないためにだけ、朱点を打つためにだけ子供を残すんだとしたら、哀しいよな。
俺より、常盤や時雨、常陸や日柳の子供を残してくれればいいと思ってる。 俺の力はたぶん次代に継がせることは出来ないから。 それに、俺には常盤や時雨がいたからな。
自分の子を残す為に一月も天界に行くよりも、家族と一緒に居たいから、俺は交神の儀には行かないよ。

72. 交神のお相手、好きに選べるとしたら基準は顔?それとも遺伝情報?

遺伝情報、だな。

73 ここだけの話、交神相手の女神様のこと、どう思っていますか?

――『ごめんなさい』かな……。
厳密に言えば、俺は「儀式を断った」わけだから、交神行ってないんだけどな。
相手の女神にしてみりゃ恥かかされた訳だし。俺のことはいくら恨んでくれても憎んでくれても構わないよ。
ただ、前当主を責めるのはやめてくれな。あいつは関係ない――俺の心の問題だから。

74. 一族間でのロマンスについてあなたの考えは?

うーん。俺は、家族を恋愛の対象としてみることは出来ないけど。
本人同士の問題だな。

75. 「外」の人とのロマンスについてあなたの考えは?

同じ時間の中に生きられないからな――厳しいよな。

76. 「外」の人たちから、自分たちはどう思われていると思いますか?

どこまで理解してくれてるのか謎だけど、 好意的なひと多いからな
……嫌われてばっかりじゃないんじゃないかな?

77. もし、「外」の女性から告白されたらどうします?

え?マジで? 俺でいいの? たぶん俺あんたより先に死ぬよ?
それでもイイ? って言っちゃうねー。

78. 好きな人はいますか?

……いないよ?(笑顔)

79. 好きなタイプは?

うーん。強い意志の持ち主、かな?

80. 嫌いな人はいますか?

いるけどないしょ。

81. 嫌いな人や、苦手だな~と思うのって、どんなタイプの人ですか?

不平不満ばっか言ってるヤツのそばにいると、こっちがやんなっちゃうよな。

82.  あなたの周囲で一番変だと思う人は?どこが変ですか?

近所のなにやら怪しげな自称発明をしている学者さん。
あの人の考えてることは俺でも読めません(笑)。

83. 文句を言いたい人に今ここでぶちまけてください。

薬屋! もっとマシな味の薬は作れねぇのか!(笑)。

84. 年取ったなぁ、と思わず思ってしまうのってどんなときですか?

女性の顔を見て、すぐに名前が思い出せなかったとき。
……1回見てれば忘れないんだけど。女の顔なら。おかしぃなぁ……

85. 「外」の人たちのこと、どう思っていますか?

悪い人たちばっかりじゃないよね。

86. ふたつの呪いが無かったら、どんな人生になっていたと思いますか?

さぁねえ……

87. イツ花さんに一言お願いします。

いつもありがとうな。でも、たまには遊びに出かけてもバチは当たんないと思うけど?

88. 黄川人さんに一言お願いします。

腹は立つけど……あいつが黄川人を許すって言うなら俺もそうする。
そう出来るように、心の持ち方変えられる様に試行錯誤はするよ。

89. 「氏神」さまについてあなたの意見を聞かせてください。

うーん――難しいな。
うち、まだ氏神になったのってひとりしかいないんだよね。
しかも交神に行った人もいないし。
でもまぁ、『俺らが見事悲願達成を果たした暁にはどうなるのか』っていう疑問は残るよね。

90. 今一番欲しいものは?

時間。

91. 自分のこと、好きですか?

ああ、好きだけど?

92. 人気ありますか?あるとしたらどの部分だと思います?

ある、と思う……うーん、お祭り好きで当主らしくないところかな?

93. これだけは誰にも負けない! といえるものは?

花街と賭場の遊び方(笑)。

94. これだけは譲れない! というものは?

一族の平和。

95. ・・・・・モテますか?

さぁ?

96. 贈り物をもらうとしたら、何が嬉しいですか?

素朴なもの。

97. こんちくしょー、家出してやる! と思ったことはありますか?

ないよ。

98. 口説き文句をひとつどうぞ。

たくさんありすぎて選べません(笑)。

99. 見事朱点打倒を果たしました! そのときあなたの心境は? また、その後の人生についての希望はありますか?

やったよ――氷雨。初代様……じゃあ俺は一族の歴史をまとめたあと、当主を隠居して好き勝手やって生きるよ?

100. お疲れさまでした。最後に一言どうぞ。

お疲れさまでした。ここまで答えた俺もだけど、 全部読んでくれた人、相当ヒマ? それとも――もしかして……俺のコト、好き?(笑)

100質回答・鷹羽氷雨

鷹羽氷雨回答
氷雨。指南書P268上2・右2、水髪水瞳土肌。
↑今回質問に答えてくれるのはこの人です
鷹羽氷雨(男3・水髪水目土肌。イメージCV:福山潤)

1. あなたのお名前は?

鷹羽氷雨(たかば ひさめ)

 

2. ご存じの方はその由来なんかを。

母上が交神の儀に行った月に、新春にしては珍しく雨が降っていて、当家の「しきたり」と合わせて考えた名前、だそうです。

 

3. 現在の年齢と、わかれば誕生日・血液型を教えてください。

1歳7ヶ月。1025年4月生まれです。 血液型は・・・調べたことが無いのでわかりません。

 

4. 髪の色、瞳の色、肌の色を教えてください。

髪はかすかに青みがかった銀色。瞳はやや紫がかった蒼。肌の色は都の人たちとあまり変わりません。

 

5. 身長、体重、靴のサイズ(笑)なんかも教えてください。

身長は167cm、体重は55kg。靴は履いたこと無いのでわからないですね。

 

6. スリーサイズを教えてください(笑)上から順に。

今度イツ花さんに聞いておきます。 以前、「着物を新調しますから」と言って測ってくれたときの覚書、 どこにやったか忘れちゃったんですよ・・・。

 

7. あなたの口調、一人称、二人称は?

口調はだいたいていねいで、ややゆっくりめに話す方かな?  一人称は俺/時と場合に応じて私、二人称はあなた。

 

8. あなたの父君、母君のお名前を教えてください。

父神は万屋玄亀さま、母上の名前は雫海(しずか)。

 

9. ご職業は何ですか?

槍使いで、鷹羽家の第8代当主。

 

10. 愛用の武器はありますか?

厄払いの槍、氷刃の鉾。

 

11. 愛用の防具はありますか?

特にこだわりは無いんですけど。・・・最近使ってるのは虎皮の腹巻です。

 

12. お気に入りの装飾品は?

日ノ首飾りや赤光ノ勲章、雪のたすきにはお世話になりましたね。

 

13. 朱の首輪をつけたこと・・・あります?

ありません。・・・もし必要だとしても、 家族の誰かにつけさせるなんて、絶対に嫌です。

 

14. 奥義を覚えたら使っちゃいたくなる方ですか?

必要ならば、使います。

15. あなたのオススメ戦術は?

怪我をしたらすぐに回復、ですね。人のは(笑)。 自分の怪我はついつい後回しにしてしまいます(笑)。 それでよく怒られるんですけど。

 

16. 携帯袋の中に常に入ってるものってありますか?

回復用の薬と予備の装備品。

 

17. あとちょっとで迷宮最深部、というところで一月が経過。 あなたなら続行しますか?それとも帰還?

無理は禁物! 帰りましょう?

 

18.夏の御前試合と白骨城討伐、どちらを優先したいですか?

正直言って、都の人たちに鉾先を向けるのは苦手なんです。 だから本当は白骨城の方かもしれませんね・・・ 諸事情から当家では御前試合を優先していますが。

 

19.実はあまり行きたくない迷宮ってあります?

紅蓮の祠です。暑いのと、火の術が苦手なので・・・。 それから、夏の相翼院は日差しが強くてちょっとだけつらいですね(苦笑)。

 

20. 逆にオススメな迷宮とか。

日差しの弱い時期の相翼院(笑)。

 

21. カモにしやすい(笑)鬼っています?

そんなこと、考えたことも無かったな・・・。

 

22. 死にかけたことはありますか?差し支えなければ原因も。

実は白骨城以外にも、けっこう危ない橋を渡っています(苦笑)。

 

23.漢方薬のお世話になったことはありますか?

ええ。恥ずかしながら。

 

24.お世話になってる術は?

お雫、速鳥、真名姫。

 

25.リーダー、参謀、その他大勢。自分はどの位置だと思いますか?

リーダー、かな? いちおう、当主ですからね。

 

26.あなたは肉体派?それとも知能派?

実は腕力にはあまり自信なくて(笑)。 誰かの補助をする方がやりやすいです・・・ということは知能派になるのかな?

 

27.責任感は強い方ですか?

当主ですから。

 

28.あなたは楽観的?それとも悲観的?

ついつい悪い方に考えがちで、イツ花さんや藍晶にはいつも救われています。

 

29.口より先に手が出るタイプですか?

いいえ。基本的に自分からもめごとを起こしたりはしません。

 

30.他人に迷惑をかけるほう?それともかけられる方ですか?

かける方だと思っています、自分では。

31.あなたの性格を一言でいうと?

「その優しさが、命取り」と、以前言われたことがあります。 自分の性格って、自分ではわからないものなんですよね、割と。

 

32.あなたの長所は何ですか?

我慢に強いところ、かな?

 

33.では短所は

押しの弱さ(笑)。

 

34.好きなことは?

家族と一緒に過ごすこと。

 

35.嫌いなことは?

誰かを傷つけるのは苦手です。・・・鬼でも、人でも。

 

36.今一番の悩み事は?

このところ、体調が優れないのはたぶん寿命だから・・・。
なので、あのときの怪我の所為ではないかと、藍晶や常陸が気に病んでいるのが何か申し訳ないです。

 

37.休養中、何をして過ごしますか?

ご近所の方に挨拶に行ったり蔵の整理をしたり・・・誰か一緒に残ってたら、その人と一緒にのんびり過ごしますよ。

 

38.行きつけのお店とかってありますか?

ふだんお世話になっている、鍛冶屋さんや薬屋さん、雑貨屋さんなどには毎月必ず顔を出すようにはしていますよ(にっこり)

 

39.お祭りは好きですか?

ええ。活気があっていいですよね。

 

40.建立物のネーミング、どう思ってます?

・・・・・・お気持ちは、ありがたいんですけれど。
これに名を奉じるのはちょっとな・・・・・・と思ってしまうのがいくつかありますね・・・・・・って、街の人たちが
ご好意で建ててくださったものにこんなこと言ってすみません。

 

41.美人画屋さんに行ったことはありますか?また、好みの美人画は?

ないです。・・・・・・あの、美人画屋さんって、男性の姿絵も扱ってらっしゃるのですか?
いえ、前に当家に絵師の方が、俺や藍晶の絵姿を描かせて欲しい、といらしたことがありましたので。 ・・・・・・ちょっと気になったものですから。

 

42.相場を張るのに自信はありますか?

いまのところ、損をしたことはないのですけど。自信があるかと訊かれると、ちょっと。

 

43. 仲の良い人はいますか?

家族と、ご近所の方と、行きつけの鍛冶屋さんと、一条の陰陽師殿。

 

44. 親友と呼べる人はいますか?

藍晶、かな?

 

45.ライバルと呼べる人はいますか?

うーん・・・・・・特に、思いつきません。

 

46. 家族仲は良い方ですか? また、どう思ってますか?

ええ、うちは家族仲は良いですよ。幸せになって欲しいと思っています。

 

47. 当主様のこと、どう思っていますか?

・・・いちおう、当主なんですけど、俺(笑)。先代さまに対してですか? 尊敬していますよ。当主としても、親としてもね(笑顔)。

 

48.尊敬する人、憧れている人はいますか?

尊敬するのは先代当主(母)、大江山閉門時の当主様、初代当主さま。 藍晶やイツ花さんには、自分に無いものがあるので憧れますね。

 

49. 趣味・特技はありますか?

特技、ですか。・・・こんなものを出すくらいなら。
(式神(鳥)を出して見せる)

 

50. 初代様に一言お願いします。

きっと、強くて優しい人なんだろうな、と思います。

 

51. ・・・お疲れではありませんか?

・・・・大丈夫ですよ? 続けましょうか(にっこり)。
・・・ああ、すみません、気がつかなくて。お茶でも淹れてきますね。

 

52. 小さいときの将来の夢はなんでしたか?

・・・・内緒です。(少しだけ寂しそうに微笑む)

 

53. 癖はありますか?

とくに、ないかな?

 

54. 嘘は上手い方ですか?

嘘をついたりはしません。

 

55. 感情がすぐ表に出るほうですか?

出にくい方かもしれないですね。

 

56. よく食べる方ですか?味にはうるさい?

実は、胃があまり丈夫ではないので・・・。

 

57. 好きな食べ物はありますか?

煮魚。

 

58. 好きな飲物は?

お茶。前にご近所の方がくださった新茶、美味しかったです(にっこり)

 

59. お酒、強いですか?

ふだんは呑まない方なんですけど。でも呑み比べではたいてい勝ちますね(笑)。

 

60. 宝物はありますか?

家族。「物」ではないけど、俺にとってかけがえのないものです。

 

61. 好きな動物は何ですか?

猫や犬、小鳥など。

 

62. 嫌いな動物は?

・・・実は、虫が少し苦手です。

 

63. 好きな色はありますか?

とくにこれといったこだわりはないです。

 

64. 嫌いな色は?

原色のはっきりした色は、ちょっと・・・目に痛いので。

 

65.  座右の銘はありますか?

焦りは禁物。短気は損気。

 

66. 今までに一番印象に残っている出来事を教えてください。

襲名披露後のあいさつ回りで行った鍛冶屋さんの親方に、
「『無敵の強さだ、湧流獅子の像』な―んて像に名を奉じる位だから、 一体どんな大男かと思ってたんだが・・・えらい細っこい兄ちゃんじゃねェか。 しかも、まだガキ・・・」(←当時6ヶ月だった)
といわれてしまったことですか・・・あれ、俺が名付けた訳じゃないんですけど(苦笑)。

 

67. 裏切られた! と思った瞬間は?

建立物の名前が決まったとき(笑)。って、こんなこと言っちゃいけないですよね(苦笑)。

 

68. これまでの人生で一番の失敗は?

昨年の白骨城討伐ですね・・・。
俺が至らなかった所為で、まだ寿命までは間が合った方を死なせてしまったのですから。 ・・・俺が死んでいればよかった、とあの時は心の底から思いました。
あのとき、皆の回復を後回しにして、攻撃に専念していれば勝てたかもしれない。 でも俺は、初陣の常陸や、瀕死の藍晶を見捨てることが出来なかった・・・
気がついたら、庇ってて。憶えてるのは、そこまでです。
目を覚ましたら家に寝かされてました。
あの時は、イツ花さんに叱られて、そのとおりだと思いました。
「当主さまのお命は当主さまおひとりのものではありません。
一族の皆様を信頼なさって、お任せになってみてはいかがですか?
何もかもご自分で抱え込もうとなさいませんよう」
「・・・イツ花さん」
「・・・ごめんなさい。生意気なこと、言っちゃいました・・・」
「いいえ。・・・ありがとう」
・・・本当に、ダメな当主ですね、俺は(苦笑)。

 

69. これまでの人生で一番の自慢話をしてください。

とりたててお話するようなことは、何も・・・。

 

70. 今までの人生の中での懺悔をひとつどうぞ。

・・・・すみません。(目を伏せる)

71. 「交神の儀」についてどう思っていますか?

一族の血を繋ぐ為の大切な「儀式」。
そこに「恋愛感情」を持つことは難しいですが(俺にとっては)、 我が子らの行く道がより良いものであるように、と相手を選ぶのは当然のことだと思います。

 

72. 交神のお相手、好きに選べるとしたら基準は顔?それとも遺伝情報?

遺伝情報、かな?「交神」は、俺たちにとって一族を残す為の儀式、ですから。 でも、一族の中で「どうしてもあの女神様が良いんだ!」という希望がある者がいるのなら、かなえてあげたいとは思いますよ。

 

73 ここだけの話、交神相手の女神様のこと、どう思っていますか?

・・・ありがとう。そして、ごめんなさい。

 

74. 一族間でのロマンスについてあなたの考えは?

本人同士が幸せになってくれれば良いと思います。
とくに反対したりはしませんよ(にっこり)。 素質が高い者だと、どうしても、交神で次の世代をを残さなければ ご先祖様に対して申し訳ないかもしれない、とも思ってしまいますが 無理強いは出来ませんからね・・・・・・。

 

75. 「外」の人とのロマンスについてあなたの考えは?

上に同じく。でもやっぱり、生きている時間の長さが違うわけですから・・・ 厳しいですが、できる限りの事はしますよ。当主として。

 

76. 「外」の人たちから、自分たちはどう思われていると思いますか?

皆さん良くしてくださいますから・・・・・・それほど疎まれてはいないのでは?

 

77. もし、「外」の女性から告白されたらどうします?

あなたには、俺なんかよりもずっと、素敵な相手がいますよ、きっと。
と、やんわり断ってしまうと思います。

 

78. 好きな人はいますか?

・・・。
・・・・・。(しばらく考えてから)
いませんよ。

79. 好きなタイプは?

タイプで誰かを好きになったりはしません。

 

80. 嫌いな人はいますか?

いませんよ。

 

81. 嫌いな人や、苦手だな~と思うのって、どんなタイプの人ですか?

露骨に敵意を向けられるのは、ちょっと。

 

82.  あなたの周囲で一番変だと思う人は?どこが変ですか?

変、というか・・・・・・日柳の訛りは一体どこで憶えてきたんだろう、と気になっています。 天界から来た日からずっと、あのしゃべり方だったんですよ? 春野 鈴女さまは別に訛ってないですし。

 

83. 文句を言いたい人に今ここでぶちまけてください。

ないですよ。
本人に直接言うのでなければお墓まで持っていきます(笑)。

 

84. 年取ったなぁ、と思わず思ってしまうのってどんなときですか?

朝夕の涼しさが身にしみる、と感じたとき。

 

85. 「外」の人たちのこと、どう思っていますか?

いつもありがとうございます(にっこり)。

 

86. ふたつの呪いが無かったら、どんな人生になっていたと思いますか?

討伐行ったりはしてなかったんじゃないかと思います。

 

87. イツ花さんに一言お願いします。

一言だけなら、やはり「ありがとう」ですね。

 

88. 黄川人さんに一言お願いします。

憎めない人です。と、言うと怒るんでしょうね、たぶん・・・・・・。

 

89. 「氏神」さまについてあなたの意見を聞かせてください。

正直なところ、よく、わかりませんが・・・天界の暮らしってどうなんだろう。善通院さま、あなたは今、幸せですか?

 

90. 今一番欲しいものは?

できるなら、あと半年長生きして、時雨の元服を見届けたいです。

 

91. 自分のこと、好きですか?

・・・正直、あまり好きではありません。 当主としても失格だと思います。

 

92. 人気ありますか?あるとしたらどの部分だと思います?

人気、ですか? ・・・おかげさまで、嫌われてはいないようですよ(笑)。

 

93. これだけは誰にも負けない! といえるものは?

打たれ強さ(苦笑)。

 

94. これだけは譲れない! というものは?

一族の、個人の幸せ。
・・・当主は、時として非情にならなければなりません。 一族の誰かに死を命じねばならないときもあります。 でも俺は、当主としては失格でも、瀕死の仲間を見捨てることも、 想い人がいるゆえに交神を拒む者を罰することも出来ないんです。 一日でも長く生きて、ひとりでも多く幸せになって欲しい。 ・・・そう思うのは、やはりわがままでしょうか?

 

95. ・・・・・モテますか?

さぁ・・・。
でも昨年、餅と白雪祭りの折には行く先々で贈り物を手渡されてましたから・・・。 帰って、イツ花さんに贈り物の意味を聞いてびっくり。今思うと悪いことをしたなぁと。 知ってたらちゃんとお返事できたんですけどね・・・。

 

96. 贈り物をもらうとしたら、何が嬉しいですか?

お心遣いだけで充分、嬉しいですよ(にっこり)。

 

97. こんちくしょー、家出してやる! と思ったことはありますか?

ありません。

 

98. 口説き文句をひとつどうぞ。

えっ・・・「好きです」ぐらいしか(笑)。自分から口説いたことって、無いもので・・・。 気の利いたセリフが言えなくて、すみません(苦笑)。

 

99. 見事朱点打倒を果たしました! そのときあなたの心境は? また、その後の人生についての希望はありますか?

えっ・・・これで、終わったのかな・・・?
街の人たちも、俺たちの一族も、イツ花さんも、そして、黄川人も。みんなと生きて幸せになりたい、というのは・・・ダメかな?

 

100. お疲れさまでした。最後に一言どうぞ。

最後までご静聴ありがとうございました。(頭を下げる) お疲れ様です。俺たちも頑張るから、あなたたちも幸せになってくださいね?(にっこり)

 

Home > タグ > 100質回答

最近の投稿
Substorage
サイトの他にこそっとラクガキや散文置いている外部サービス。
※Pixiv/TINAMI以外はTwitterアカウントをお持ちの方でないと見られません。
また、好みの分かれるコンテンツについては、
公開範囲を限定させて頂いている場合があります。
予めご了承ください。
ぷらいべったー(表)
ぷらいべったー(鍵)
Pixiv(現在一時休止・ROM専中)
他ジャンル置き場
サイト内検索

ページの先頭へ戻る