Home > 二次創作

二次創作 Archive

姿絵

「姿絵、ですか?」
「はい。『異国の絵師にお願いするから、見栄えの良いお方をバーンとぉ! 攫ってきてネッ☆』と、昼子様からのお言いつけです」
「それなら、日柳さんか藍晶の方が適任なのでは?」

先代当主へ届いた文への代返の手を止めて振り返ると、氷雨は少し不思議そうに首を傾げる。

「日柳様は、『バーンとォ! 嫌どす』と、お断りになりましたよ。藍晶様は『よく似た顔立ちを沢山見て有難みが無いから却下』だそうです」
「私は藍晶に似た顔立ちの方にお会いしたことはありませんが……そうか、藍晶か」

まだまだ山積みになっている文の山と、イツ花の顔をちらちらと交互に見遣りながら思案していた氷雨は、何か思いついたのか筆を置き、イツ花の方へと向き直った。

「イツ花さん。藍晶を呼んで来てくれませんか」

「はいはーい。んで、御用って何ですか? 当主サマ」

イツ花と入れ替わりに、両手で大きな包みを抱えた藍晶が現れる。
立ったまま襖を開けるのは、他に誰もいないので目を瞑ることにするとしても。

「『はい』は一回。それと、足で襖を開けるんじゃない」
「あーゴメンゴメン。俺、他所ではしないから。これ繊細だから、畳に置くと散っちゃうんだよ」

藍晶が抱えた大きな包みは、どうやら花だったらしい。まだ日は高いが、出かける予定でもあったのだろうか。

「そう。……参ったな。俺も用事ができたから、御文の代返を藍晶にお願いしようと思ってたんだけど」

藍晶が出かけるなら、代返は帰ってから自分でするか……と氷雨が文箱に目をやると、藍晶の口角が少し上がる。

「用事ってアレでしょ。『異国の絵師さんに頼まれた姿絵に適任の人物』ってヤツ」
「あれ? イツ花さん、藍晶には声かけてないって言ってたけど」
「さっきナギ君が断るところ見てたんだよね。いやー、あの『嫌どす』って笑顔、そのまんま絵師さんが姿絵に出来そうな位、見事なモンだったなー」

言いながら、藍晶は手にした大きな花束を氷雨に手渡す。
淡い薄紅の花びらに彩られた枝と、幾重にも重なった少し色合いの違う桃色の切花。僅かに違う色合いの花も混じっているようだが、基本的に全体の色合いは白に近く、淡い。
かすかに香りがするところから察するに、どうやら生花のようだ。

(これは確かに、畳に置くのは可哀想だな)

「代返、やっといたら良いんだろ? それ持って絵師さんのトコ、行って来たら」
「ああ、これは絵師さん宛なんだね」

花の香りにつられて、自分でも気付かないうちに顔が綻んでいたらしい。
氷雨につられたのか、藍晶も微笑む。だけど一瞬、藍晶の表情に翳りがさしたように見えたのは気のせいだろうか。幼い頃の、無邪気な笑顔とは少しだけ雰囲気の違う笑顔。
しかし、藍晶はすぐにまた機嫌の良い、明るい表情に戻って言った。

「ま、美人に描いて貰えると良いよね。ってかさー。代返のご褒美、お願いしても良い?」
「ご褒美ね……言うと思った。藍晶がその顔するときって、大抵何か『おねだり』をするときなんだよね」
「あ、バレた?」

『美人』は女性に対する褒め言葉だと何度言えば解るのかと、氷雨は心の中でそっと溜息をつく。
言っても無駄だと解っているので、もはや小言は言わないが。
小さい頃に比べれば、こうして藍晶がおねだりをすることもかなり頻度が減ったので、兄としては多少寂しいような、成長が喜ばしいような、複雑な心境ではある。

「どこか、お店が開いているうちに終わればね。――紅月さんの羊羹は藍晶は食べないから、酒蔵にでも寄ってこようか?」
「違うって! あ、いやお酒は正直嬉しいンだけどさ。そんなんじゃなくて」

藍晶がす――と、氷雨の髪に手を伸ばす。

「絵師さんの姿絵、俺にも見せて」
「良いけど。……そんな事で良いの?」
「うん。だってさ、前に歌麿呂さんのとこで描いてた姿絵と違って、一般流通に乗らないんでしょ。貴重じゃん。つかむしろ唯一品?」

ははっと笑うと、藍晶は文机に向かった。
いってらっしゃいという藍晶の声を背に、花を抱えた氷雨は玄関へと向かう。

武者絵と違い、着替える必要は無いと言われ、氷雨は画廊を訪れた着物のままで姿絵のモデルをつとめることになった。
仕上がった姿絵(本来、姿絵は太夫の姿を描いたものをそう呼ぶのだが、戦装束では無いから姿絵と呼んでも差し支えないらしい)を見せて貰い、少々驚く。

(以前、描いてくれた絵師さんとは雰囲気が違うな――もっともあのときは魔槍の方だから雰囲気が違って見えているのかもしれないな)

淡い色彩が繊細で――絵心など全く無い自分にも『美麗』だという印象がある。
自分は、他人の目からはこんなふうに見えているのだろうか。

天界からのお達しと聞いていたから、てっきりイツ花が天界へ持っていくものだと思っていたが、仕上がった姿絵は「差し上げます」と手渡された。

行きの花束と、姿絵の入った包みが入れ替わった形で、氷雨は家路を急ぐ。
日は傾きかけていたが、これぐらいの時間帯なら、酒蔵に寄っても問題は無いだろう。

(――姿絵の良し悪しは、俺には解らないけど。この姿絵に込められた、絵師さんの暖かなお心遣いはわかる。藍晶も気に入ってくれると良いな)

 

2013-04-10 00:05:34 初出

保護中: 薄氷の鏡・ 2

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 薄氷の鏡・1.5(藍晶視点)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 診断メーカー・ぎゅー診断(腐向け

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 薄氷の鏡・1

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

高羽家青嵐記 番外・始祖の娘 8

翌日。
イツ花からの提案を聞いたから――と、わたしは透に自分の出した答えを告げた。

「うちが、跡取りを授かる。結魂でも交神でも、何でもする。せやから、透ちゃんが交神に行くんは無しやで」
『何でもする』という言葉にびっくりしたのか、透は一瞬、目を伏せた。
「わかった。けど、忍ちゃんが儀式に行くなら……あと三月、ふたりで頑張らなアカンっちゅーことやな」
「うちに出来る、いっちばんの譲歩やで。こん位 のワガママ、花嫁修業やと思って許してや」

どうして、透はこんな辛そうな表情をしているのだろう。
わたしが自分で決めて、言い出したことだというのに。
見ているわたしの方が辛くて、泣き出してしまいたい。けれど、わたしがここで涙を見せれば、透は矢張り『自分が交神に行く』と言い出しそうな気がした。
だからわたしは無理に、笑顔を作る。うまく、涙を殺せていればいいのだけれど。

「しゃーないなァ。ワガママ、きいたるわ」

そういって、透はわたしの頭に手をやり……小さい子にするように、ぽんぽん、とはたいてから軽く撫でた。ま るで、出逢ったばかりの、わたしが小さかった頃にしてくれたように。

「もう! 子供扱い、せんといて!」
「すまんの。ほな、忍 ちゃんが花嫁修業しとる間に、似合いのエエ男探してきたるから、待っといてや」
「……透ちゃんのアホ」

わたしに似合ういい男なんて、どうでもいい。
やっぱり、透は全然わかっていない。

「はは、子供扱いするな言うから、大人の女な忍ちゃんにピッタリの相手探す言うとんのに。手厳しいのー」

(ああ――また。何で、そんな辛そうな瞳をして笑うの?)

透はたまに、『作り笑顔』を見せることがある。眼鏡の奥に隠れているので解りづらいが、顔は笑っていても、目が全く笑っていないので、見破ろうと気をつけてさえいれば直ぐにわかる。

「うっさいわ! そんなん、自分の相手ぐらい自分で決められるわ。ほなウチ、早よ怪我治せるようにおとなしくしとるから、透ちゃんはさっさと討伐行きや」

「おう。なら、留守番しとる間に、神さんの姿絵やら見合いの釣書やら見て、エエなって思う相手、見繕っとくんやで」

透はイツ花の持ってきたという、神様の姿絵やら釣書の山を指して言った。
出発の前に、これだけは念を押しておかなければ。

「……うちの、花嫁姿にケチつけ たら許さへんからな」

透は無茶をして大怪我をするような性分ではない。けれど、万が一ということがある。自分が交神に行くので無ければ無事に帰ってくる必要など無い――と、緊張の糸が切れてしまうかもしれない。
透に何かあっても、わたしが花嫁衣裳を来て笑っていられるなんて思ってもらっては困る。

「あほか。そんなこと、絶対せえへんわ――忍ちゃんやったら」

――鎧や薙刀なんかより、花嫁衣裳 の方が似合うエエ女に絶対なる。

(――え……今の、何……?)

空耳……? 戦装束などよりも、花嫁衣裳の方が似合う――なんて。透の性格を考えたら、絶対に言う筈が無い。
眼鏡の奥に見える、焦茶に見えている瞳が、ほんの少し揺らいだような気がしたのは気のせいだろうか。

「……いや。何でもない」
わたしに向かって、伸ばしかけていた手をきゅっと握り締めると、目を伏せ、透は溜息を吐き出すように口元だけで薄く笑った。
そのまま、手を持ち上げて眼鏡を外す。
そこには、何度か見たことのある真紅の瞳があった。

「何なん? 透ちゃんのアホ。……無茶せぇへんと、今月が終わったら、帰って来ィや」

わたしが外した眼鏡を受け取ると、透は玄関に背を向け、 例によってイツ花の気合いの入った掛け声を背に、迷宮へと出発した。
こちらを振り返ることをしないで、手だけひらひらと振って応える。

わたしは、透が用意してくれた紙束の山から神様の姿絵をまとめて、イツ花につき返した。
自分で選んで良いのなら、同じ時を生きることが出来る、異国の青年の方がいい。
たとえ、ずっとそばにいることが叶わなくても。
隣で剣を振るってもらうことが出来なくても。
神様なんかじゃなくて――人であることを選んだ誰かとの間に、子を成す事が出来るならその方がいい。

わたしが選んだ人を、透も好きになってくれたらいい な……と思いながら、わたしは見合いの釣書きを捲っていった。

高羽家青嵐記 番外・始祖の娘 7

しばらく経って、わたしを探しに来たのは透ではなく、イツ花だった。

(透ちゃんのアホ! ホンマに追いかけて来いひんなんて、女心まったくわかってへん!! もう、ホンマ知らん!)

イツ花の、『交神の儀』がダメなら他にこんな方法もある……と聞かされた提案に、わたしは頭から氷水をかけられたような気がした。

こんな重大なこと、すぐに返事をすることなんて出来ない。
「透は女心をまったくわかってくれない」と、わたしは勝手に腹を立てていたけれど。
わたしの方も、彼の思いを何一つ知らない――いや、わかろうとしていなかったのではないだろうか。

種絶の呪いに触れなければ、意見を求めてみても良いのではないか――そう思ったわたしは、琵琶を片手に、先生の庵を尋ねた。

「――そう。……きっとその女の子、道場の男の子のことが好きなのね」
「……好き?」
「だって、そうでしょう。その男の子、跡取りを設ける為に、好きでもない女と結婚するんでしょ? 政略結婚なんて、身分のある人なら珍しいことじゃないわ」

まさか自分と透のことであると告げるわけにもいかず、わたしが話 した筋書きはこうだった。
『わたしが通っている薙刀の道場で出会った女の子から相談された。その子が出入りしてる道場は、跡取りに恵まれず困っている。大怪我をして跡を継げなくなった、跡取り候補の男の子は、子供を授かる為に好きでもない貴族の姫と結婚しようとしている。女の子の方は、その男の子に好きでもない相手と結婚なんてして欲しくない、いつか本当に大好きな人を見つけて幸せになって欲しいと思っているがどうしたらいいか』というものだっ た。

「それに、身分の高いお姫様と結婚して、道場が栄えるならその男の子にとっては幸せな人生なんじゃないかと思うわよ? 応援してあげれば良いじゃない」

先生の顔を正面から見ることが出来ず、わたしは思わず、正座した膝の上で自分の手を握り緊めた。
「でも。…… その男の子、すごく淋しそうなんだって。……だから」
「だから、愛のない結婚なんてして欲しくない? ――それは、女の身勝手ってもんじゃないか しら。自分が奥さんになって苦労をともに背負うことも出来ない、でも男にも独身を貫いて欲しいなんて、それじゃお家が潰れちゃうわよ」

はっとして、顔をあげると、優しく微笑む先生の顔があった。

「そうね。男に独身を貫いて欲しいなら、その女の子が跡を継ぐっていうのはどうか しら」
「――え?」
「だって、別にその道場『跡取りは男子に限る』って言われてるわけじゃないんでしょ? そんな条件があるお家で『養子を迎えて跡を継がせる』なんて、聞いたことが無いわ。養子を迎え入れることが出来るってことは、他に『母から受け継がれる正当な血筋がある』ってことだもの」

よくわからない、というわたしに、先生は「貴族社会で母君の身分が重視されるのと同じ理由ね」と説明してくれた。

貴族社会の仕組みについては、よくわからなかったけれど。
『女の子の方が跡を継ぐ』という選択は、わたしにとって一筋の光をもたらした。

 

高羽家青嵐記 番外 始祖の娘・8へ

 

 

高羽家青嵐記 番外・始祖の娘 6

そうして、月が変わり。
精進潔斎を済ませた透は、『交神の儀』の為の祈りに必要な祝詞の書かれた書付を持って、わたしの部屋へとやってきた。
嫌だと告げると、透の眉間に刻まれた皺が一層濃くなった。

「はぁ? 意味わからんわ。俺に交神行くなて。そら、相手は忍ちゃんのお母さんとは別の神さんやけど、力考えたらしゃあないやろ」
「そういうことを言ってるんと違う。透ちゃんが『交神』行くのが嫌なんや!」

討伐から帰ってくる度、頬を染めて安否を気遣うイツ花に対する、透の態度を見ていて、わたしにも察しがついてしまった。
透は、こと商売に関しては誰よりも人の心の動きを察するのが早い癖に、女の子からどういう風に見られているか、全く解っていないのだ。
これ位直接的な物言いでなければ、伝わる筈が無い。

「じゃあ何か? 舞子さんにずっと操立てえ言うんか?」
「お母ちゃんに操立てろやなんて言うてるんとちゃうわ!」

はぁと溜息をつき、目を伏せた透を見て……やっと解ってくれた――と、期待したわたしが浅はかだった。

「あのなあ。――ずっとふたりで討伐行ける訳なんかあらへんやろ。わかってんのか、忍ちゃん。自分、先月大怪我したばっかりやろがや」

返って来た答えは、わたしの予想を超えてずれている。
こうなればもう、わたしに言えることなんて一つしかない。
「嫌なもんは嫌や!」

わたしの言葉を聞いて、透の 表情が一瞬だけ険しくなるが――すぐに、諦めたような、投げ遣りな表情に変わる。

「せやったら、忍ちゃんが交神行くか? 俺は別にどっちでも――」
「知らんわ! 透ちゃんのアホ!!」

パン、と乾いた音がする。『どっちでもいい』なんて絶対に聞きたくなかった。
思いっきりひっぱたいたので、透の左頬に赤い手形がくっきりとついているのが見えた。

「痛ったー……って、忍ちゃん、どこ行くねん!」
「透ちゃんのアホ!! ついて来んといて! 透ちゃんなんか、大っキライや!!」

 

→高羽家青嵐記 番外 始祖の娘・7へ

高羽家青嵐記 番外・始祖の娘 5

(あれ――? 透ちゃんの分、これだけ?)

夕餉の膳を見て、わたしはイツ花が何か手違いをしたのではないかと思った。
初陣の後、イツ花が拵えてくれた料理は、討伐から無事に帰ってきたことを祝う、贅を尽したもてなしの料理だったはずだ。
透は無事に、帰ってきたのに。好物の肴も一切、添えられていない。
好物も口にすることが出来ないほど、弱っているのかと気になって、わたしは思わずイツ花を呼び止めた。

「イツ花、透ちゃんやっぱ、怪我でもしたの?」
「いえ――来月、透様は『交神の儀』に臨まれるのです」
「交神の儀……って」
「以前お話ししましたよね? 高羽家の皆様に課せられた、二つの呪いのことを――」

イツ花が『交神の儀』について説明してくれたが、わたしは何か、 槌で頭を殴られた時のように、まったく考えがまとまらなくなっていた。

(嘘。――どうして? わたしが、役立たずだから?)

神と触れあい、子を成す。
それがどういうことなのか――市井の娘達と、色恋にまつわる話を聞くこともあったわたしには、何となく察しがついてしまっ た。

人ではなく、女神と。
女の姿に似た、けれど女ではない異形のもの。
討伐先で出遭う、鬼と何処が違うというのだ。
イツ花だって言っていたではないか。神と呼ぶか、鬼と呼ぶかの違いなど、人間の勝手な都合に過ぎないと。
異界に棲まう……見目形は麗しい、けれど人ではないモノ――そのおぞましい存在と、透は肌を触れあい、子を成すのだ。

幸せそうに頬を染める娘達が語るような、温かな情など知らないま ま……悲しい瞳をしたあの人は、ただ淡々と課せられた宿命に従い――子を成すのだ。

「嫌っ!」
イツ花の用意した膳に箸をつけるこ となく――わたしは、その晩『気分が優れず、食欲が無い』と嘘をついて自室に下がった。

 

→高羽家青嵐記 番外 始祖の娘・6へ

 

 

高羽家青嵐記 番外・始祖の娘 4

何日か経って、起き上がれるようになったわたしは、透の姿を探した。

「透様なら、討伐に行かれましたよ」

言って、イツ花 は玄関先に置かれた透の眼鏡を指差した。
これがここにあるという事は、本当にひとりで討伐に行ったらしい。

「あの、よろしければ イツ花が街をご案内しましょうか? 『忍ちゃんには、起き上がれるようになっても無茶はしたらアカン。ゆっくり街でも見て回れって言うといて』――だ、そうですのでェ」

そういえば、地上に来てからなんとなく幻灯を撮ったことを覚えてはいるが、しっかりと街を見て回ったことなど無かった。
イツ花の好意に甘えて、あちこち案内してもらっていると、家の近くまで来たときに、一軒の庵から澄んだ音色が聴こえてくる事に気がついた。

「ああ、これは三味線ですねェ。こんな、音曲を嗜む方が戻っていらっしゃるなんて、京の都に平和な日常が戻りつつある証拠です」

それから幾日か過ぎた。家にあった巻物もあらかた読んでしまい、他にすることも無いので、わたしは先日通りがかった三味線の音が聴こえて来た庵の前まで来てしまった。
今日は、あの澄んだ音色が聴こえてこない。
――居ないのだろうか。

「何か、御用?」
「きゃあ?!」
「何よ、失礼ねぇ。てっきり、最初の入門者かと思ったんだけど。違うの?」
「あ、あなたが、あの三味線を……?」
「そうよ」

背後から 声をかけられて振り返ると、昨日の三味線の主が立っていた。
透より、頭ひとつ半分くらい背の高い――声も、顔立ちもどう見ても男性にしか見えない。
驚きのあまり、それだけようやく絞りだしたわたしに、彼はふふっと笑うと「まぁ、そこにおかけなさいな」と縁側を示した。

並んで縁側にかけて、撥の持ち方から教えてもらうことになり、手が触れあったとき――わたしは反射的に先生の手を離してしまった。
透の手とは感触が違う、白くてほっそりした指先。
けれど一回り大きい掌は、間違いなく男性なのだと意識させられた。

「大丈夫、とって食いやしない わよ」

片目を瞑って微笑む先生の顔を見たら、なんだか顔が熱くなった様な気がした。

「……忍ちゃんは箱入りのお嬢さんな のね」
「お、お嬢さんってわけじゃ」
「そんなの、立ち居振る舞いを見ていればわかるわ。きちんと躾けられた所作だもの」

わたしがあまりに緊張しているせいか、撥を手に取るのを止め、先生は譜面をいくつか出してきてくれた。
それから、透が討伐から帰ってくるまでの間、 わたしは先生と色んな話をした。
ただ、わたしたち一族にかけられた呪いについて――特に、『種絶の呪い』については『絶対に他人に言うな』と透に きつく口止めされていたから、家族の話にはほんの少しだけ、嘘を交えて語ることになったのだけれど。

並んで立てば、今のわたしと透はとても、親子には見えない。
わたしの背が、透とほぼ同じ位になってしまったから――と、いうより。良くて精々、兄と妹ぐらいの歳の開きしかない……ように見えるらしい。
先生は、高羽と聞いて思い当たる事があったらしく、
「あら、じゃあ貴女は透ちゃんの妹さんなのかしら?」と言ってきたからだ。

「え、先生……透ちゃんのこと知ってるの?」
「大江山の赤鬼――朱点に挑んで、奇跡を起こしかけたお侍さんの、忘れ形見なんでしょ? ――でも、変ね。アタシが聞いてた奇跡の御子の噂と、透ちゃんの年恰好って合わないんだけど。まぁ……噂は噂、ってことなのかしらね」

だから? それで、透はわたしに『父と呼ぶな』と怒ったのだろうか。
普通とは違う、『高羽のお家事情』が知られることを慮ったのかもしれない。
「そうだ」とも「違う」とも答えず曖昧に笑うことしか出来ないわたしに対して、先生もそれ以上追及しなかった。

「忍ちゃんは、綺麗な声をしているもの。弾き語りなら、三味線よりこっちのほうが良いわよ」

先生が渡してくれた、御影石でできた琵琶を持って――家の玄関へと 向かうと、討伐から帰ってきた透が居た。
ちょうど、わたしと帰りが一緒になったらしい。

咽返るような、血の匂い。
先日の怪我が脳裏をよぎり、思わず一歩踏み出すと、透は片手でわたしを制した。

「触んな」
「だって……血が」
「俺のと違う。鬼 の血ィや」

どうやら透の血ではなく、返り血のようだった。
よく見れば、戦装束のあちこちが破れたり、焼け焦げたりしている。
『触れるな』と言いながら、透は一瞬――痛そうな表情をする。
やはりどこか怪我をしているのかと思い、手当てが必要なのかと手を伸ばすが、透はすっ――と一歩、わたしから遠ざかった。

「――汚れるで。湯、遣うんやったら先に行っとき」
「でも、そんなの討伐から帰ってきた透ちゃんの方が」
「アホ。俺の後なんか、血ィと泥でぐちゃぐちゃンなるから、とても入れたモンやないで」

犬の仔か何かを追い払うよ うな仕草で『行け』と示され、わたしは透の言葉に従い湯浴みを済ませた。

→高羽家青嵐記 番外 始祖の娘・5へ

ホーム > 二次創作

最近の投稿
Substorage
サイトの他にこそっとラクガキや散文置いている外部サービス。
※Pixiv/TINAMI以外はTwitterアカウントをお持ちの方でないと見られません。
また、好みの分かれるコンテンツについては、
公開範囲を限定させて頂いている場合があります。
予めご了承ください。
ぷらいべったー(表)
ぷらいべったー(鍵)
Pixiv(現在一時休止・ROM専中)
他ジャンル置き場
サイト内検索

ページの先頭へ戻る