Home > 二次創作 > 高羽家青嵐記

高羽家青嵐記 Archive

※流血・死にネタ注意 (高羽家青嵐記番外・透視点)

黄泉路の記憶 ※2013年10月発行の同人誌に再録してあります。

「――っ、忍ちゃん!」
背後に殺気を感じて振り返ると、忍の背後に迫る紅蓮の鬼が見えた。
慌てて声をかけるが、遅い。
不意を突かれて陣形を乱され――何時もなら俺の後ろにいるはずで、普段ならばほぼ、見ることの無い――忍の後姿が見える。

「クソ、忍から離れろ!」

いくら討伐に慣れてきたといっても。
忍が次々斬撃を浴びる様など、見たいものか。

「透ちゃん――」

寒いよ……そう言うと忍は、俺の生母――忍にとっては祖母に当たるが――の形見だという、風の守護を受けた薙刀にすがるように、ふらつく足元を支えた。
紅蓮の鬼――燃え髪大将の指先に、幾つもの火球が点るのが見えた。

(あれは、花連火の術! ――くそ、弓さえあれば――!)

拳や刀の間合いは短く、踏込まなければ相手に一太刀浴びせることは出来ない。

考えるより先に体が動く。
肉の焦げる不快な臭いが鼻を突いた。

(――良かった)

忍に術が当たることは何とか防げた。
鬼が腕を振り上げるのと同時に、俺も父の形見の剣を構えて踏込む。
鬼の爪が脇腹を抉るのが判った。

(熱い――)

イツ花が願いを込めたという白ハチマキは、血を吸ってべったりと背中に張り付いていた。
どくどくと流れる血が、足元で泥と混じってどす黒い水溜りを作る。

すれ違いざま、燃え髪大将が倒れこむのが見えた。
忍に駆け寄りたいが――体が重かった。

何とか足を引きずるようにして、忍の側まで行き――声をかけると、寝起きのようにボンヤリと焦点の合わない様子で、目を薄く開いた。

「忍ちゃん、しっかりせえ! 絶対、家に連れて帰ってやるさかい」
「……透、ちゃん――?」

その場しのぎの傷の処置しか、出来なくても……せめて、血を止めて薬をつける位は。

「大丈夫やから」
「透ちゃんも、寒いん……?」

寒い寒いと、言っていたのは忍の方なのに、何故。
傷の手当てをしようと伸ばした俺の手を、そっと包む込むように忍が握る。

「……手、震えてる」
「寒いんか、何なんか。もう、俺にも判らん」

寒くないのかと問う忍の手の方が、冷たくて――俺の背筋にじわりと厭な感覚が走る。

(――何や、今の)

俺は思わず、忍の体を抱きしめていた。

「死なんとってくれ――忍ちゃん」

返事は無い。ただ、浅い呼吸があるだけだ。一刻も早く、屋敷に帰らなければ。




その晩、俺は酷く厭な夢を見た。


――はらはらと、舞い散る白い風花。
(ああ――これは。この雪は。大江山……)

紅く染まる白い大地と、外套の下に着込んだ白装束。
美しかった、長い水浅葱の髪も血糊でべったりと斑に染まっている。

――おとうさん……わたし……もう、ダメみたい。
……ごめんね……。

浅く早い呼吸の中で、掠れて告げる幼い声。
腕の中で、どんどん冷たくなっていく、小さな体。
俺に出来ることはといえば、冷たくなっていく娘の体を、ただ抱きしめることだけだった。
いくら癒しの術をかけても、止まらず流れ出る血。

「お願いだ、俺より先に死なないでくれ――」
滲む視界。


「……さま。透さま!」
荒っぽく体を揺さぶられて、俺はゆっくりと目を開ける。

「イツ花ちゃん……そない乱暴にされたら、僕ホンマあの世にいってまうやろ」
「ああ、良かった。いつもの透様ですね」

あちこち痛いような気がするが、布団の中で昼子そっくりの顔に見下ろされるのは何となく癪に障る。俺は無理矢理体を起こすが、イツ花に止める気配は無い。
「ひどく、魘されておいででした」

だからイツ花なりに気を遣って、起こしたということなのだろうが……俺でなければ本当に、そのまま永眠しかねない。もう少し穏やかな起こし方というものがあるだろう。
「忍ちゃんは?」
「お薬が効いているのでしょう。もうじきお目覚めかと思いますが……」

少し言いにくそうに、イツ花は一旦言葉を切る。

「透様、起きて大丈夫なのでしたら……お湯をお持ちしましょうか」

怪我の所為なのか、夢見が悪かった所為なのか、布団がじわりと湿気る程に汗をかいていた。
しかし、いい加減見慣れても良さそうなものだが、イツ花もやはり素顔の俺を見ると落ち着かなさそうにしている。
天界にしょっちゅう出入りしていれば、真紅の瞳など珍しいものでもないだろうに。

「ああ、盥と一緒に眼鏡も持ってきてくれへん?」
「え――はい。あれれ、でも……透様は眼鏡が無くてもお差し支えないはずでは?」
「落ち着かんねん」

イツ花が用意してくれた盥を使い、適当に体を拭く――が、やはり腕は折れていたのだろう。
固定して少しきつめに包帯を巻いてあるので、そのままにしておく。
寝間着から着替えて、忍の部屋に向かおうとしたらイツ花が折れた片腕を吊ってくれた。


薬が効いているのか、忍は穏やかな顔で眠っていた。
顔に巻かれた包帯が痛々しい。
いくら、傷跡が残らないとは言っても――忍は、年頃の娘だ。

「……堪忍や」

包帯の上からそっと頭を撫でると、ゆっくりと瞼が持ち上がった。
俺は慌てて手を引っ込める。

「――透、ちゃん?」
「気ィついたんか」

忍の視線が、吊られた俺の腕から、顔へと移動する。
泣きそうな目をして、忍は言う。

「ごめんなさい……わたし」
「謝んな!」

自分でも驚くほど荒い声音に、俺は続く言葉を見つけることが出来なかった。
てっきり泣くかと思っていた忍は、困ったように微笑んだ。
どうしたら良いのかわからないまま、俺はそのまま身動きが取れずにいる。
ゆっくりと忍の手が持ち上がり……そのまま、俺の頬に触れた。
忍の手は、仄かに暖かかった。

高羽家青嵐記 番外・始祖の娘 8

翌日。
イツ花からの提案を聞いたから――と、わたしは透に自分の出した答えを告げた。

「うちが、跡取りを授かる。結魂でも交神でも、何でもする。せやから、透ちゃんが交神に行くんは無しやで」
『何でもする』という言葉にびっくりしたのか、透は一瞬、目を伏せた。
「わかった。けど、忍ちゃんが儀式に行くなら……あと三月、ふたりで頑張らなアカンっちゅーことやな」
「うちに出来る、いっちばんの譲歩やで。こん位 のワガママ、花嫁修業やと思って許してや」

どうして、透はこんな辛そうな表情をしているのだろう。
わたしが自分で決めて、言い出したことだというのに。
見ているわたしの方が辛くて、泣き出してしまいたい。けれど、わたしがここで涙を見せれば、透は矢張り『自分が交神に行く』と言い出しそうな気がした。
だからわたしは無理に、笑顔を作る。うまく、涙を殺せていればいいのだけれど。

「しゃーないなァ。ワガママ、きいたるわ」

そういって、透はわたしの頭に手をやり……小さい子にするように、ぽんぽん、とはたいてから軽く撫でた。ま るで、出逢ったばかりの、わたしが小さかった頃にしてくれたように。

「もう! 子供扱い、せんといて!」
「すまんの。ほな、忍 ちゃんが花嫁修業しとる間に、似合いのエエ男探してきたるから、待っといてや」
「……透ちゃんのアホ」

わたしに似合ういい男なんて、どうでもいい。
やっぱり、透は全然わかっていない。

「はは、子供扱いするな言うから、大人の女な忍ちゃんにピッタリの相手探す言うとんのに。手厳しいのー」

(ああ――また。何で、そんな辛そうな瞳をして笑うの?)

透はたまに、『作り笑顔』を見せることがある。眼鏡の奥に隠れているので解りづらいが、顔は笑っていても、目が全く笑っていないので、見破ろうと気をつけてさえいれば直ぐにわかる。

「うっさいわ! そんなん、自分の相手ぐらい自分で決められるわ。ほなウチ、早よ怪我治せるようにおとなしくしとるから、透ちゃんはさっさと討伐行きや」

「おう。なら、留守番しとる間に、神さんの姿絵やら見合いの釣書やら見て、エエなって思う相手、見繕っとくんやで」

透はイツ花の持ってきたという、神様の姿絵やら釣書の山を指して言った。
出発の前に、これだけは念を押しておかなければ。

「……うちの、花嫁姿にケチつけ たら許さへんからな」

透は無茶をして大怪我をするような性分ではない。けれど、万が一ということがある。自分が交神に行くので無ければ無事に帰ってくる必要など無い――と、緊張の糸が切れてしまうかもしれない。
透に何かあっても、わたしが花嫁衣裳を来て笑っていられるなんて思ってもらっては困る。

「あほか。そんなこと、絶対せえへんわ――忍ちゃんやったら」

――鎧や薙刀なんかより、花嫁衣裳 の方が似合うエエ女に絶対なる。

(――え……今の、何……?)

空耳……? 戦装束などよりも、花嫁衣裳の方が似合う――なんて。透の性格を考えたら、絶対に言う筈が無い。
眼鏡の奥に見える、焦茶に見えている瞳が、ほんの少し揺らいだような気がしたのは気のせいだろうか。

「……いや。何でもない」
わたしに向かって、伸ばしかけていた手をきゅっと握り締めると、目を伏せ、透は溜息を吐き出すように口元だけで薄く笑った。
そのまま、手を持ち上げて眼鏡を外す。
そこには、何度か見たことのある真紅の瞳があった。

「何なん? 透ちゃんのアホ。……無茶せぇへんと、今月が終わったら、帰って来ィや」

わたしが外した眼鏡を受け取ると、透は玄関に背を向け、 例によってイツ花の気合いの入った掛け声を背に、迷宮へと出発した。
こちらを振り返ることをしないで、手だけひらひらと振って応える。

わたしは、透が用意してくれた紙束の山から神様の姿絵をまとめて、イツ花につき返した。
自分で選んで良いのなら、同じ時を生きることが出来る、異国の青年の方がいい。
たとえ、ずっとそばにいることが叶わなくても。
隣で剣を振るってもらうことが出来なくても。
神様なんかじゃなくて――人であることを選んだ誰かとの間に、子を成す事が出来るならその方がいい。

わたしが選んだ人を、透も好きになってくれたらいい な……と思いながら、わたしは見合いの釣書きを捲っていった。

高羽家青嵐記 番外・始祖の娘 7

しばらく経って、わたしを探しに来たのは透ではなく、イツ花だった。

(透ちゃんのアホ! ホンマに追いかけて来いひんなんて、女心まったくわかってへん!! もう、ホンマ知らん!)

イツ花の、『交神の儀』がダメなら他にこんな方法もある……と聞かされた提案に、わたしは頭から氷水をかけられたような気がした。

こんな重大なこと、すぐに返事をすることなんて出来ない。
「透は女心をまったくわかってくれない」と、わたしは勝手に腹を立てていたけれど。
わたしの方も、彼の思いを何一つ知らない――いや、わかろうとしていなかったのではないだろうか。

種絶の呪いに触れなければ、意見を求めてみても良いのではないか――そう思ったわたしは、琵琶を片手に、先生の庵を尋ねた。

「――そう。……きっとその女の子、道場の男の子のことが好きなのね」
「……好き?」
「だって、そうでしょう。その男の子、跡取りを設ける為に、好きでもない女と結婚するんでしょ? 政略結婚なんて、身分のある人なら珍しいことじゃないわ」

まさか自分と透のことであると告げるわけにもいかず、わたしが話 した筋書きはこうだった。
『わたしが通っている薙刀の道場で出会った女の子から相談された。その子が出入りしてる道場は、跡取りに恵まれず困っている。大怪我をして跡を継げなくなった、跡取り候補の男の子は、子供を授かる為に好きでもない貴族の姫と結婚しようとしている。女の子の方は、その男の子に好きでもない相手と結婚なんてして欲しくない、いつか本当に大好きな人を見つけて幸せになって欲しいと思っているがどうしたらいいか』というものだっ た。

「それに、身分の高いお姫様と結婚して、道場が栄えるならその男の子にとっては幸せな人生なんじゃないかと思うわよ? 応援してあげれば良いじゃない」

先生の顔を正面から見ることが出来ず、わたしは思わず、正座した膝の上で自分の手を握り緊めた。
「でも。…… その男の子、すごく淋しそうなんだって。……だから」
「だから、愛のない結婚なんてして欲しくない? ――それは、女の身勝手ってもんじゃないか しら。自分が奥さんになって苦労をともに背負うことも出来ない、でも男にも独身を貫いて欲しいなんて、それじゃお家が潰れちゃうわよ」

はっとして、顔をあげると、優しく微笑む先生の顔があった。

「そうね。男に独身を貫いて欲しいなら、その女の子が跡を継ぐっていうのはどうか しら」
「――え?」
「だって、別にその道場『跡取りは男子に限る』って言われてるわけじゃないんでしょ? そんな条件があるお家で『養子を迎えて跡を継がせる』なんて、聞いたことが無いわ。養子を迎え入れることが出来るってことは、他に『母から受け継がれる正当な血筋がある』ってことだもの」

よくわからない、というわたしに、先生は「貴族社会で母君の身分が重視されるのと同じ理由ね」と説明してくれた。

貴族社会の仕組みについては、よくわからなかったけれど。
『女の子の方が跡を継ぐ』という選択は、わたしにとって一筋の光をもたらした。

 

高羽家青嵐記 番外 始祖の娘・8へ

 

 

高羽家青嵐記 番外・始祖の娘 6

そうして、月が変わり。
精進潔斎を済ませた透は、『交神の儀』の為の祈りに必要な祝詞の書かれた書付を持って、わたしの部屋へとやってきた。
嫌だと告げると、透の眉間に刻まれた皺が一層濃くなった。

「はぁ? 意味わからんわ。俺に交神行くなて。そら、相手は忍ちゃんのお母さんとは別の神さんやけど、力考えたらしゃあないやろ」
「そういうことを言ってるんと違う。透ちゃんが『交神』行くのが嫌なんや!」

討伐から帰ってくる度、頬を染めて安否を気遣うイツ花に対する、透の態度を見ていて、わたしにも察しがついてしまった。
透は、こと商売に関しては誰よりも人の心の動きを察するのが早い癖に、女の子からどういう風に見られているか、全く解っていないのだ。
これ位直接的な物言いでなければ、伝わる筈が無い。

「じゃあ何か? 舞子さんにずっと操立てえ言うんか?」
「お母ちゃんに操立てろやなんて言うてるんとちゃうわ!」

はぁと溜息をつき、目を伏せた透を見て……やっと解ってくれた――と、期待したわたしが浅はかだった。

「あのなあ。――ずっとふたりで討伐行ける訳なんかあらへんやろ。わかってんのか、忍ちゃん。自分、先月大怪我したばっかりやろがや」

返って来た答えは、わたしの予想を超えてずれている。
こうなればもう、わたしに言えることなんて一つしかない。
「嫌なもんは嫌や!」

わたしの言葉を聞いて、透の 表情が一瞬だけ険しくなるが――すぐに、諦めたような、投げ遣りな表情に変わる。

「せやったら、忍ちゃんが交神行くか? 俺は別にどっちでも――」
「知らんわ! 透ちゃんのアホ!!」

パン、と乾いた音がする。『どっちでもいい』なんて絶対に聞きたくなかった。
思いっきりひっぱたいたので、透の左頬に赤い手形がくっきりとついているのが見えた。

「痛ったー……って、忍ちゃん、どこ行くねん!」
「透ちゃんのアホ!! ついて来んといて! 透ちゃんなんか、大っキライや!!」

 

→高羽家青嵐記 番外 始祖の娘・7へ

高羽家青嵐記 番外・始祖の娘 5

(あれ――? 透ちゃんの分、これだけ?)

夕餉の膳を見て、わたしはイツ花が何か手違いをしたのではないかと思った。
初陣の後、イツ花が拵えてくれた料理は、討伐から無事に帰ってきたことを祝う、贅を尽したもてなしの料理だったはずだ。
透は無事に、帰ってきたのに。好物の肴も一切、添えられていない。
好物も口にすることが出来ないほど、弱っているのかと気になって、わたしは思わずイツ花を呼び止めた。

「イツ花、透ちゃんやっぱ、怪我でもしたの?」
「いえ――来月、透様は『交神の儀』に臨まれるのです」
「交神の儀……って」
「以前お話ししましたよね? 高羽家の皆様に課せられた、二つの呪いのことを――」

イツ花が『交神の儀』について説明してくれたが、わたしは何か、 槌で頭を殴られた時のように、まったく考えがまとまらなくなっていた。

(嘘。――どうして? わたしが、役立たずだから?)

神と触れあい、子を成す。
それがどういうことなのか――市井の娘達と、色恋にまつわる話を聞くこともあったわたしには、何となく察しがついてしまっ た。

人ではなく、女神と。
女の姿に似た、けれど女ではない異形のもの。
討伐先で出遭う、鬼と何処が違うというのだ。
イツ花だって言っていたではないか。神と呼ぶか、鬼と呼ぶかの違いなど、人間の勝手な都合に過ぎないと。
異界に棲まう……見目形は麗しい、けれど人ではないモノ――そのおぞましい存在と、透は肌を触れあい、子を成すのだ。

幸せそうに頬を染める娘達が語るような、温かな情など知らないま ま……悲しい瞳をしたあの人は、ただ淡々と課せられた宿命に従い――子を成すのだ。

「嫌っ!」
イツ花の用意した膳に箸をつけるこ となく――わたしは、その晩『気分が優れず、食欲が無い』と嘘をついて自室に下がった。

 

→高羽家青嵐記 番外 始祖の娘・6へ

 

 

高羽家青嵐記 番外・始祖の娘 4

何日か経って、起き上がれるようになったわたしは、透の姿を探した。

「透様なら、討伐に行かれましたよ」

言って、イツ花 は玄関先に置かれた透の眼鏡を指差した。
これがここにあるという事は、本当にひとりで討伐に行ったらしい。

「あの、よろしければ イツ花が街をご案内しましょうか? 『忍ちゃんには、起き上がれるようになっても無茶はしたらアカン。ゆっくり街でも見て回れって言うといて』――だ、そうですのでェ」

そういえば、地上に来てからなんとなく幻灯を撮ったことを覚えてはいるが、しっかりと街を見て回ったことなど無かった。
イツ花の好意に甘えて、あちこち案内してもらっていると、家の近くまで来たときに、一軒の庵から澄んだ音色が聴こえてくる事に気がついた。

「ああ、これは三味線ですねェ。こんな、音曲を嗜む方が戻っていらっしゃるなんて、京の都に平和な日常が戻りつつある証拠です」

それから幾日か過ぎた。家にあった巻物もあらかた読んでしまい、他にすることも無いので、わたしは先日通りがかった三味線の音が聴こえて来た庵の前まで来てしまった。
今日は、あの澄んだ音色が聴こえてこない。
――居ないのだろうか。

「何か、御用?」
「きゃあ?!」
「何よ、失礼ねぇ。てっきり、最初の入門者かと思ったんだけど。違うの?」
「あ、あなたが、あの三味線を……?」
「そうよ」

背後から 声をかけられて振り返ると、昨日の三味線の主が立っていた。
透より、頭ひとつ半分くらい背の高い――声も、顔立ちもどう見ても男性にしか見えない。
驚きのあまり、それだけようやく絞りだしたわたしに、彼はふふっと笑うと「まぁ、そこにおかけなさいな」と縁側を示した。

並んで縁側にかけて、撥の持ち方から教えてもらうことになり、手が触れあったとき――わたしは反射的に先生の手を離してしまった。
透の手とは感触が違う、白くてほっそりした指先。
けれど一回り大きい掌は、間違いなく男性なのだと意識させられた。

「大丈夫、とって食いやしない わよ」

片目を瞑って微笑む先生の顔を見たら、なんだか顔が熱くなった様な気がした。

「……忍ちゃんは箱入りのお嬢さんな のね」
「お、お嬢さんってわけじゃ」
「そんなの、立ち居振る舞いを見ていればわかるわ。きちんと躾けられた所作だもの」

わたしがあまりに緊張しているせいか、撥を手に取るのを止め、先生は譜面をいくつか出してきてくれた。
それから、透が討伐から帰ってくるまでの間、 わたしは先生と色んな話をした。
ただ、わたしたち一族にかけられた呪いについて――特に、『種絶の呪い』については『絶対に他人に言うな』と透に きつく口止めされていたから、家族の話にはほんの少しだけ、嘘を交えて語ることになったのだけれど。

並んで立てば、今のわたしと透はとても、親子には見えない。
わたしの背が、透とほぼ同じ位になってしまったから――と、いうより。良くて精々、兄と妹ぐらいの歳の開きしかない……ように見えるらしい。
先生は、高羽と聞いて思い当たる事があったらしく、
「あら、じゃあ貴女は透ちゃんの妹さんなのかしら?」と言ってきたからだ。

「え、先生……透ちゃんのこと知ってるの?」
「大江山の赤鬼――朱点に挑んで、奇跡を起こしかけたお侍さんの、忘れ形見なんでしょ? ――でも、変ね。アタシが聞いてた奇跡の御子の噂と、透ちゃんの年恰好って合わないんだけど。まぁ……噂は噂、ってことなのかしらね」

だから? それで、透はわたしに『父と呼ぶな』と怒ったのだろうか。
普通とは違う、『高羽のお家事情』が知られることを慮ったのかもしれない。
「そうだ」とも「違う」とも答えず曖昧に笑うことしか出来ないわたしに対して、先生もそれ以上追及しなかった。

「忍ちゃんは、綺麗な声をしているもの。弾き語りなら、三味線よりこっちのほうが良いわよ」

先生が渡してくれた、御影石でできた琵琶を持って――家の玄関へと 向かうと、討伐から帰ってきた透が居た。
ちょうど、わたしと帰りが一緒になったらしい。

咽返るような、血の匂い。
先日の怪我が脳裏をよぎり、思わず一歩踏み出すと、透は片手でわたしを制した。

「触んな」
「だって……血が」
「俺のと違う。鬼 の血ィや」

どうやら透の血ではなく、返り血のようだった。
よく見れば、戦装束のあちこちが破れたり、焼け焦げたりしている。
『触れるな』と言いながら、透は一瞬――痛そうな表情をする。
やはりどこか怪我をしているのかと思い、手当てが必要なのかと手を伸ばすが、透はすっ――と一歩、わたしから遠ざかった。

「――汚れるで。湯、遣うんやったら先に行っとき」
「でも、そんなの討伐から帰ってきた透ちゃんの方が」
「アホ。俺の後なんか、血ィと泥でぐちゃぐちゃンなるから、とても入れたモンやないで」

犬の仔か何かを追い払うよ うな仕草で『行け』と示され、わたしは透の言葉に従い湯浴みを済ませた。

→高羽家青嵐記 番外 始祖の娘・5へ

高羽家青嵐記 番外・始祖の娘 3

初陣のとき、怖くて目を閉じるといつも、透の背中が目の前にあった。
彼はこちらを振り返ることはしなかったけれど、たまに癒しの術をかけてくれたり、顔は鬼達の大将の方に向けたまま、無言で傷薬を放って寄越したりした。

そうして戦って戦って――時が過ぎた。

最初は見上げていた、透の肩が、今ではほんの少し下に見えるようになった気がする。
相変わらず、彼はわたしの方を振り返ることはしないので、討伐の最中にどんな表情をしているのか――後列に立つわたしからは見ることが出来ない。
もうすこし、迷宮の奥へ。
わたしの武器――薙刀は、前列に進み出た方がより多くの鬼を狩ることが出来る。
だからわたしは、前列に進み出ると進言した。
三度、首切り大将の率いる編隊を倒した後。

「――っ、忍ちゃん!!」
不意を突かれ、背後から奇襲を受けたわたしたちは、燃え髪大将の率いる群れに囲まれていた。
次々と斬撃をくらい、血が流れる。
(――ああ、寒い)
立っているのがやっとで、祖母の形見だという風の守護を受けた薙刀を杖代わりに、体を支える。
こちらに連続して投げつけられる火の玉――花連火の術だ――が視界に入ったとき、もうだめだと思った。
一瞬、白くたなびく布が血に染まるのが視界の端に見えた。
そのあとのことは、正直よく覚えていない。

気がついたら、わたしは寝かされていて……半分しかない視界から家の天井が見えた。

「気ィついたんか」

あちこち包帯を巻かれて、片腕を吊った状態の透がわたしを見下ろしていた。
眼鏡の所為で、彼の瞳は今は焦茶に見える。

「ごめんなさい……わたし」
「謝んな!」

声を荒げる透に、どう接していいのかわからなくて、わたしはそっと手を伸ばす。
わたしの手にも、あちこち包帯が巻かれていた。
イツ花が手当てしてくれたのだろうか。
振り払われると思っていたわたしの手は、意外にも、透の頬に触れることができた。

「医者が言うには、痕は残らんらしい。……今月は、俺がひとりで討伐行くから。忍ちゃんはしっかり休んで、怪我を治しな」

それだけ言うと、透は部屋から出て行った。

 

→高羽家青嵐記 番外 始祖の娘・4へ

高羽家青嵐記 番外・始祖の娘 2

建っているのが不思議なくらい、ボロボロな建物だった。
イツ花に手を引かれ、玄関をくぐると、イツ花よりもほんの少し背の高い人影が振り返る。

「はじめまして、透様! 今日から、身の回りのお世話をさせて頂くイツ花です! よろしくお願いしまーす! とりあえず、風邪を引かないだけが取り柄の私ですから、何でもバーンとォ! お言いつけください。でもってェ、一日でも早く朱点童子を倒せるよう一緒に頑張りましょうネ!!」

「何が『はじめまして』や! ふざけとんのかお前ッ!」

イツ花の挨拶が終わるか終わらないかのうちに、そう告げると、運命の始祖――高羽透はわたしたちを睨みつけた。
何か、機嫌を損ねるようなことをしたのだろうか。
わたしは思わず、イツ花の袖を掴む。

ごめんなさい、 と何とか声を絞り出すと、彼の真紅の瞳がイツ花からわたしへと向けられた。

「違う。自分に言うてるわけやない!」

ぼんやりと記憶にあった、あの意志の強そうな――それなのに、どこか淋しそうな目。

「怒らないで、父様」
「お父ちゃん言うな!」

そんな風に、荒い口調で声をかけられたことが無いわたしは、どうしたらいいのかわからない。

「ごめんなさい」

口惜しくて、 思わず床へと視線を落とすと、ぽたぽたと水滴が落ちた。

「すまんかったの」

髪に触れる、暖かな掌の感触に驚いて顔をあげると、すぐ近くに透の顔があった。
彼は懐から、イツ花が身につけているのによく似た装身具を出して身につけると、わたしにむけて微笑んだ。

ふわりと、陽の光が射したような気がした。
笑うと、彼は印象が変わる。でも、どうして透は、こんな目をするのだろう。
表情は笑っているけれど、目だけは……そう、わたしが、傷を負ったときに母が時折見せたときのような――涙を流すときの目に、印象が似ていた。

「これでもう、怖いことないやろ? 泣いたら、別嬪さんが台無しやで」

そう言ってそっと頭を撫でる透の顔を見つめて、わたしはようやく彼の変化に気がついた。
真紅の瞳が、焦茶に染め替えられている。
何故、隠すのだろう。
そのままの方が、紅蓮の炎のようで、キラキラとしていて綺麗なのに。

「忍様も落ち着かれたことですし。いざ、出陣!! の前にィ、パパパパぐらいで構いませんから、色んな情報を お確かめくださいネ。じゃあ、荷解きしてきまーす!」

わたしが袖を離すと、さっとイツ花が走り出す。
透は何か、イツ花の背を見て 難しい顔をしていた。眉間にしわが寄っている。

「あの、当主様」

父と呼ぶなと言われたので、イツ花にならって呼びかけて みる。
すると彼は、今度は困ったように笑いながら、わたしの頭にぽん……と手を置いた。
さっきのは、わたしの気のせいなのだろうか。
もう、あんな……痛みを感じるような目では無かった。

「透でエエよ。ふたりしか居らんのに、そないな呼び方されたら堅ッ苦しゅーて適わんわ」
「はい」
「女の子の着替えを、俺がするわけにいかへんしの。イツ花ちゃん呼んでくるから、ちょっと待っといてや」

そう言うと、透は開けっ放しになっていた障子を閉めて部屋から出て行った。
透と入れ替わりに、入ってきたイツ花に手伝ってもらい、戦装束に着替えて玄関へむかうと、一足先に支度を終えた透がわたしたちを待っていた。

「当主様、ご出陣!」

イツ花の声を背に、出 発しかけた所で透が「あ」と足を止めた。

「悪い、イツ花ちゃん、これ預かっといて」
「え? 透様、眼鏡がなくて、お差支え無いの ですか?」

二人が身につけた装身具は眼鏡というものらしい。
イツ花の言い様から察するに、視界を矯正する目的で身につけるものなのだろう。
では、透は目が悪いのだろうか。

驚いた表情で透を見つめるイツ花から眼鏡をとり……透は、先程まで自分が見に付けてい た眼鏡をイツ花にかけさせてから、玄関先においてあった鏡を取った。
イツ花の瞳は、琥珀から墨に近い灰色に染め替えられている。
鏡を見たイツ花は、驚きの声を上げていた。

「度は入ってへんから、イツ花ちゃんには向かへんと思うけどな。目の色隠したければ貸したるわ」

そう言うと透は、ははっと笑って、イツ花の頭をぽんぽんとはたいた。

「透様は、眼鏡をお使いにならない方が、良いかと……」

自分の眼鏡にかけかえたイツ花の頬が、ほんのりと朱に染まっている。

「そうか? まあ、討伐の時は割れたらアカンから、言われんでも置いていくけどな」
「あの、透……ちゃん」

イツ花が言っているのは、眼鏡が割れるとか、そういう心配をしているのではないと思う。

笑 うと、透はやっぱり印象が変わる。
眼鏡で表情や瞳の色を隠すことなんてしないで、もっと笑ってくれればいいのに。
なんだか眩しくて、わた しは透から目を逸らしてしまう。
でもすこし気になって、ちらりと表情を窺うと、透は一瞬だけ……また、あの淋しそうな目をしていた。

「忍ちゃんは、怖かったら後ろに下がっとき」
「……うん」

戦うのは怖い。
だからわたしは、討伐のときは透の言葉に従うことに した。

 

→高羽家青嵐記 番外 始祖の娘・3へ

高羽家青嵐記 番外・始祖の娘 1

「忍様! もう、お探ししたんですよ!」

髪に花飾りをあしらった、土色の髪に琥珀の目をした少女が、頬を膨らませて駆けてきた。

「イツ花」
「透様も、討伐に出られるだけの基礎は身につけられたようですし。忍様は、明日……イツ花と一緒に、地上に降りるんです」
「地上……?」

身の回りの世話をしてくれる、仙女がたまに話して聞かせてくれた、「人の世界」のことだろうか。
ずっと明るくて、暖かいここ――天界と違って、陽の光が射さない時間(夜というのだそうだ)がある世界。
天仙や神は『地上』に降りることは出来ない。
だから、母との別れがいずれやってくるのだとも聞かされていた。
ふわふわの羽飾りのついた袖に捉まり、雲の合間から母が見せてくれた『地上』は、何かとても怖ろしい所に見えた。

手を伸ばせば果物の成る木があちこちにあり、小川のほとりに建てられた四阿には焼き菓子が用意された――綺麗なここと違って、荒れ果てて今にも崩れそうな建物が並んでいる世界。

「いや……怖い」
「大丈夫。イツ花が、そばに居りますから」

母は何度も、わたしに頬を寄せては「ごめんね」を繰り返し言っていた。
本当はずっと、ここに居させてあげたいと。
あんな恐ろしい世界に、わたしをやりたくは無いのだと。
地上に降りたら、もう母に会うことは出来ない。

「イツ花。お母様は?」
「舞子様は、お越しになることは出来ません。代わりにこれを、預かっております」

イツ花が差し出したのは、母の瞳の色によく似た、よく晴れた空を思わせる青い宝玉だった。

「地上は、怖いところなんかじゃありませんよ? そりゃあ、今は朱点のおかげで荒れ放題ですけどォ、イツ花や、忍様のお父様である、透様が育った世界です。本当はとてもとても、暖かくて素晴らしいところなんですから!」
「お父様……?」
「はい。運命の一族の『始祖』。朱点の手から、地上と天界の両方を救うために立ち上がった、すっごいお方なんですよ!」


神々の間に、子供はいない。
わたしの存在が珍しいのか、どの女神も女仙も、顔を会わせると抱き上げてくれたり、髪を梳いてくれたり、果物やお菓子をくれた。
でも、母――飛天ノ舞子を除いては、誰も……わたしの父であるという、『高羽透』のことを語ろうとはしなかった。

――貴女のお父さんはね、優しい人だよ。とても。
――小さかったから、覚えて無くても……仕方が無いよね。

母も、多くを語ろうとはしなかったが、一度だけ。
遠い地上を見ながら、そう言ったことをぼんやりと覚えている。

そうしてわたしは、女神に見送られて、地上に降りた。

→高羽家青嵐記 番外 始祖の娘 2へ

高羽家青嵐記 番外・始祖の娘 序

「名は、『忍』。刃の下に、心ありで――しのぶちゃんや。そう呼んだって」
頬に触れる、暖かくて大きな掌の感触。
意思の強そうな真紅の 瞳。
どうして、この人はこんなに淋しそうな目をしているのだろう。

――俺に似ぃひんで、ホンマに良かった。

耳か らでは無く、心に直接伝わってくる声。
この人は誰だろう。

(そんな、泣きそうな顔をしないで)

けれど、伝えたい 思いは言葉にならない。
イヤだ。
頬に水の感触が伝う。

「ああ、すまんの。びっくりさせてもうたんか――この子、頼んま す」
(待って、行かないで!)

手を伸ばしても届かない。
声も言葉にならない。
わたしに出来るのは、言葉にならな い思いをただ、叫ぶことだけだった。

「そんなに泣かないで、運命の子」
先程私に触れていたのとは違う、少し小さな白い手。
声 も、高くて柔らかい。
「貴女が地上に降りるまでの、ほんのチョットの間だけど。アタシが、守ってあげるから――」
ふわふわとした羽の感触 がくすっぐったい。
先程の大きな手の感触とは違うけれど、柔らかで暖かな腕の感触。
わたしは、眠りに落ちる。

 

→高羽家青嵐記 番外・始祖の娘 1へ

ホーム > 二次創作 > 高羽家青嵐記

最近の投稿
Substorage
サイトの他にこそっとラクガキや散文置いている外部サービス。
※Pixiv/TINAMI以外はTwitterアカウントをお持ちの方でないと見られません。
また、好みの分かれるコンテンツについては、
公開範囲を限定させて頂いている場合があります。
予めご了承ください。
ぷらいべったー(表)
ぷらいべったー(鍵)
Pixiv(現在一時休止・ROM専中)
他ジャンル置き場
サイト内検索

ページの先頭へ戻る