Home > 二次創作 > 在りし日の面影 (俺屍二次創作)

在りし日の面影 (俺屍二次創作)

序章

音が聞こえる。男の声と、女の声。

―――アタシハドウナッテモイイ ダカラオネガイ コドモダケハ コドモダケハ・・・!

男の笑い声を聞いて、なんだか、とてもいやな感じがした。

女の声・・・いつもなら、ずっと聞いていたいと思うのに、今はなぜかその声を聞くのがいやだった。

男の笑い声とはちがう、なにかいやな感じ。

―――カワイイコ ・・・ゲンキデネ

また、女の声が聞こえた。さっきの声にあった、いやな感じは消えていた。

でもなぜか、とてもいやな感じがした。

『コンナミヤコナドホロンデシマエバイイ』

また、ちがう声が聞こえたけれど、何のことなのかわからなかった。

何を言われているのか、わからない。言葉というより、そこにあるただの雑音の数々。

音が聞こえてくるたびにこころがざわめくのも、ただ「いやなかんじ」とだけしかわからなかった。


第1話へ


2004.1 初出 2011.11 再録

Home > 二次創作 > 在りし日の面影 (俺屍二次創作)

最近の投稿
Substorage
サイトの他にこそっとラクガキや散文置いている外部サービス。
※Pixiv/TINAMI以外はTwitterアカウントをお持ちの方でないと見られません。
また、好みの分かれるコンテンツについては、
公開範囲を限定させて頂いている場合があります。
予めご了承ください。
ぷらいべったー(表)
ぷらいべったー(鍵)
Pixiv(現在一時休止・ROM専中)
他ジャンル置き場
サイト内検索

ページの先頭へ戻る