Home > 二次創作 | 高羽家青嵐記 > 高羽家青嵐記 番外・始祖の娘 序

高羽家青嵐記 番外・始祖の娘 序

「名は、『忍』。刃の下に、心ありで――しのぶちゃんや。そう呼んだって」
頬に触れる、暖かくて大きな掌の感触。
意思の強そうな真紅の 瞳。
どうして、この人はこんなに淋しそうな目をしているのだろう。

――俺に似ぃひんで、ホンマに良かった。

耳か らでは無く、心に直接伝わってくる声。
この人は誰だろう。

(そんな、泣きそうな顔をしないで)

けれど、伝えたい 思いは言葉にならない。
イヤだ。
頬に水の感触が伝う。

「ああ、すまんの。びっくりさせてもうたんか――この子、頼んま す」
(待って、行かないで!)

手を伸ばしても届かない。
声も言葉にならない。
わたしに出来るのは、言葉にならな い思いをただ、叫ぶことだけだった。

「そんなに泣かないで、運命の子」
先程私に触れていたのとは違う、少し小さな白い手。
声 も、高くて柔らかい。
「貴女が地上に降りるまでの、ほんのチョットの間だけど。アタシが、守ってあげるから――」
ふわふわとした羽の感触 がくすっぐったい。
先程の大きな手の感触とは違うけれど、柔らかで暖かな腕の感触。
わたしは、眠りに落ちる。

 

→高羽家青嵐記 番外・始祖の娘 1へ

Home > 二次創作 | 高羽家青嵐記 > 高羽家青嵐記 番外・始祖の娘 序

最近の投稿
Substorage
サイトの他にこそっとラクガキや散文置いている外部サービス。
※Pixiv/TINAMI以外はTwitterアカウントをお持ちの方でないと見られません。
また、好みの分かれるコンテンツについては、
公開範囲を限定させて頂いている場合があります。
予めご了承ください。
ぷらいべったー(表)
ぷらいべったー(鍵)
Pixiv(現在一時休止・ROM専中)
他ジャンル置き場
サイト内検索

ページの先頭へ戻る