Twitterで語った設定まとめ」カテゴリーアーカイブ

一族設定語り・呪われた武具、魔槍を語る

2012年10月02日 11:34:07
【一族設定語り・呪われた武具、魔槍を語る】
魔槍。無印鷹羽の歴史で、けっこうキーになる「呪われた武具」。
実は地獄めぐりにいかないと手に入らない「魔槍青海波」がモデル。
ただし、無印鷹羽の世界では、青海波の名前では呼ばれてなくて、契約者の氷雨が封印を解いた時に名を与えた、という。
名前をつける=束縛する、という原理があるので、魔槍は半分神の血を引いているとはいえ、人間に過ぎない氷雨の眷属となってしまったことに少なからずプライドを傷つけられています。だから最初は言うこときかない。

魔槍はホントは魂丸ごと欲しいぐらい、氷雨のことを気に入ってるんだけど、天界と鷹羽の先祖の加護があるから半分で諦めた、みたいな。
藍晶は「てめーさっさと氷雨の体から出てけよ。つか取り憑くなら俺に憑け」と言ったのですが、魔槍に「ふん。小僧の体には我の魂魄を守れるだけの力が無い。その上、よりによって鳳雛なんぞと契約しおって。汝の肉体に水の眷属たる我が降りられる筈が無かろう」とあしらわれてしまったという流れが(笑
魔槍、男神なのか女神なのか不明だったんですが。
この流れと、時雨と黎翠しか使えなかったとこからして男神(それも女嫌いの)かもなーという気がしてきた。

 

※設定固まりました。魔槍の真実の名は、最初の契約者である八代当主・氷雨と、魔槍の契約により人柱となった氷雨の魂を解放する為に魔槍(に封じられていた神)と再契約して、鬼神の祠を建てた藍晶のみが知っています。

また、契約時に与えた名で呼ぶことも二人はしません。
契約者である藍晶と氷雨が、自分が与えた「誓いの御名」で呼ぶのは、契約の時とさよならの時だけです。

契約者が「誓いの御名」で呼ぶことで、魔槍に対して苦痛を伴う強制力がかかるので、無理矢理いうことをきかせることができるのですが、氷雨は性格上そういうのが好きじゃないのでしないし、藍晶も藍晶で考えがあるのでしないのです。

2012年10月10日 09:50:04
ちなみに魔槍と氷雨の契約は、実は魔槍側からは破棄出来ません。
名前を与えられた側は従になっちゃうから。
氷雨の意志で破棄させるしか無いんだけど、普段穏やかで基本的に他人優先の氷雨は藍晶がどんだけ懇願しようが、一族を守る為には魔槍の力が必要だと思ってるから破棄しません。

2012年10月01日 08:03:04
補足:鷹羽氷雨→男3、フラグクラッシャーの天然癒し男子。儚げで攫っていきたくなるような雰囲気を漂わせている当主様。
なんだけど、魔槍との契約により、古の神の人格を降ろすと短気で高慢、冷徹で冷酷になる。
魔槍の呼び方は氷雨→坊や、藍晶→小僧、時雨→童。
魔槍の呼び方には一応理由があって、氷雨が坊や呼ばわりされてるのは、氷雨が魔槍と契約した当時が一般年齢で換算して13歳位、藍晶と魔槍の人格の初対面が藍晶16位だから。
時雨の「魔槍の呪いにより不老」は、氷雨の魂(半分)が魔槍に取り込まれて以降起きてる現象なので、氷雨は普通に歳とってる。

ちなみに藍晶は、魔槍のことが嫌いです。
氷雨と一緒に居られる時間が減るからという、可愛い理由(笑 藍晶にとって顔が同じ(というか氷雨の体なんだから体格も声も同じ)でも、中身違ったら別人で、魔槍を引っぺがせるものなら呪符でも何でも使って追い払いたいんだけど出来ないという。

2012年10月02日 11:43:39
人間離れしてる鷹羽&高千穂の一族は、「式神」を扱えるという設定があるのですが、これも神と鬼の間にあるカンジの、異界のものと「契約」します。
契約なので、当然力を借りる代償というか、式神に与える「報酬」が必要。
この辺、何かで読んだ「妖精の力を借りる」イメージに近くて、報酬は「力を借りた眷属の望むものを与えなければならない」です。
魔槍の場合は、最初から「坊やの命が尽きたときに魂を貰う」と言っていたので、あの設定に。
丸ごとじゃなくて半分になったのは理由があるのですが、この辺いずれきちんとストーリーで明かしたいな

一族設定語り・当主の指輪

2012年10月27日 22:32:30
【一族設定語り・当主の指輪】
R水月=実は初代が持ちっぱなし(笑)素材はホワイトゴールド。

天来=着ける位置は任意。装着者がほんのり暖かく感じる不思議なシルバーリング。

高羽=初代透が、着けたまま殴り合いとかしてたせいでちょっと歪んでる(笑)チタンか何かの軽くてそこそこ丈夫な男物。

高千穂=初代の魂が封印されていて絶対外せない。着ける位置は「心臓に直結してる」左手薬指(笑)。初代と昼子に交わされた「呪の契約」の証。デザインは意外にシンプルで目立たない。

無印鷹羽=歴代当主の魂が封印されている。源太さんは「血の記憶を頼りに召喚」される。
実は当主交代の時以外も、装飾品としての指輪は外せる。
が、阿部さんとかの所謂「プロ」が見ると左手または右手の「指に巻き付く刻印」が視える。
つまり指輪自体はイミテーションというか、ただの装身具で呪いの刻印が当主の指輪本体。

封神=精霊銀で出来てる、仙界特別製不思議リング。

水月(七師家)=七師は元々、戦闘用の利き腕と逆の右手につけていたが、八塚の入れ知恵である時期から左手につけるようになる。
※八塚が吹き込んだ情報:「右手は『私は今フリーです』って意味だから、言い寄る人断りたいなら逆にした方がいいよ」
二代目・七師である八塚は意味わかってて左手につけてる(笑 八塚にとって、実は「女避け」
死後の世界を否定している、七師の思念が元になり構築された世界なので、源太パパの魂は指輪の中には居ない。アレは昼子様が作った幻。

俺屍一族語り・初代と第1子

2012年10月08日 11:16:37
【俺屍一族語り・初代と第1子】

ここって、他と違うある意味特別な関係、だと思ってます。自分で作った、うちの設定での年齢換算表を参考にすると初代8ヶ月=17~18、第1子4ヶ月=13~14になるわけだけど、初代って他の子と短命の呪いによる加齢スピード他と若干違ってそうだなというか。

初代と第1子って絶対、年齢近すぎてお互い親子という感覚沸かないんじゃないかなと思ったり。
ただ昔、高千穂の初代当主と娘の話で、娘の方が初対面で一目惚れパターンをちょろっと書こうと試みたんですが、「初代×娘が好きなので嬉しいです」とご感想頂いたときに、ちょっと違うなー、上手く伝わってなかったか、もっと腕を磨かなきゃなーと思った事があります。

高千穂透架と、第1子燿は、透架の認識では娘なんだけど、透架がああいう性格(自分にとっての大切な人=双子の妹以外はどうでもいい)なので、間に何の感情も挟まってないというか。
透架は燿に対して、笑顔を見せて優しい言葉をかけてあげれば、彼女が駒として非常に優れた働きをするとわかっているので、そう振舞っているだけです。
つまり、解り易く言うと「惚れた弱みに付け込んでる」んですねー。
透架はそれが出来ちゃう人です。燿は、実は当主を継ぐまで透架の心の中は知りませんでした。つまり、それだけ透架が嘘つくの上手いって事ですねー。

2012年10月08日 11:33:53
【俺屍一族語り・初代と第1子。高羽透と娘の忍】
これも忍の一目ぼれに近い形なんだけど、好きになる理由が若干違うかも。
燿→透架は、燿が毒気というか、陰のあるワケあり男子を好きになっちゃうタイプなのでああいうある意味歪んだ関係が成り立つわけなんだけど、忍と透はもうちょっと明るめです。忍の場合は、どっちかって言うと「初恋はイトコのお兄ちゃん」パターンに近いです。
透が嵐でもあるせいで揺らいじゃってるんだけど、透の忍に対する認識は「実感沸かないけど娘で、大事な人」。
だから忍が嫌だと言うことは絶対ごり押しできないし、忍になんかあったら透は自分が盾になります。

透架の場合は逆で、彼は燿を盾にできてしまうし、燿はそこに自分の存在意義を見出してしまう子。
乱暴な言い方をすると不倫の恋が出来てしまうのが燿、絶対に出来ないのが透と忍で透架はそもそも恋愛感情が欠落してます。
で、初恋は実らないというお約束で、忍ちゃんは運命の壁に阻まれて、透への微妙な感情振り切って、最終的に風早さんを選びます。

透は天界に強制された最初の1回(忍を授かったとき)しか交神行ってないし他家の娘との結魂も無しでした。
応えられないと言いながら、実は忍の気持ちに自分に出来る精一杯で応えてるのが透、優しい言葉と振舞いで一見応えてるように見えて実は全然応えてないのが透架です。
ただどっちも、「初代×娘」って表現は、私の中では違和感あるかなーと(苦笑

…と、長くなったのでこの辺で(笑 女初代と第1子についてはもっと淡白で、R水月も鷹羽も、第1子のポジションは「以外に大味な初代に振り回される苦労人」で「協力者」です。

鷹羽は初代が天然、R水月は剛毅な性格なので恋愛感情に近い要素が入り込めませんでした(笑

私の筆力では、透架の悪い男っぷりがなかなか上手く表現できないのですが、燿の視点で書いちゃうと、恋する乙女フィルターで氷雨並の優しいお兄さんにしか見えないし、透架の視点で彼の感情入れちゃうと、それはそれで一途な子に見えちゃうし。
でも透架の「惚れた弱みに漬け込むズルい男」っぷりがきちんと描写できるように、もっかいリベンジしたいです! 良かった、この短い説明で透架が善人に見えてたらどうしようかと思いましたが、ちゃんと伝わってて安心しました。

 

【R水月初代(水月司)と、第1子・佑】
水月初代は、ブレないし可愛いもの見たとき以外は動じないんだけど、
「細かいことは良いんだよ」と、性格的にこまめな年間スケジュールたてるのが苦手とか、
健康管理に凄い大事な筈の食生活に気を配らないとか(彼女、掃除と討伐はピカイチだけど料理できません)で、
鹿島縛りのR水月家では、初代第一子の佑は、鹿島さんから初代のこと聞かされて「どんな人なんだろう」と思って
いざご対面! で初代がアレだったんで、
「父上のいう通りだ。すごいしっかりしてるけど、後ろを振り返れない人だから、自分がついててあげなきゃ駄目だ」
と思って生前支えました。

そして佑は死後、初代と天界の契約に従いさっさと生まれ変わることを選択。
初代がそう望んでるのを知ってたから、弟たちに家と初代を託す…みたいな。
家族を支えているようで、実は家族みんなに支えられてるのかも。
だからR水月の歴代当主は「家そのものになって皆を守る」んだろうな。