雑記」カテゴリーアーカイブ

雑談カテゴリ。

オフライン活動

同人誌発行予定

2014.01.12 紅葉賀 A5 20P 200円

サイトのどこかに載せようかと思ってた「氏神・破戒神片瀬」と、秋双子のコバナシ。
1冊に収まりきらなかったので続きます(汗 3月あわせで続きが出ます。多分。今回の分に秋双子入りませんでした。

※印刷屋さんからの納品が終わっていない状態ですので、2014年1月10日現在、予約は受付致しておりません。

発行済同人誌

2013.10.27 俺屍神様イラストアンソロジー 柳緑花紅 参加させて頂いてます。
詳細はこちらからご覧下さいませ→

※10月新刊の「夢浮橋」は11月からSTARBOOKSさんで同じ内容のものが電子書籍として頒布されています。
「紙で読みたい!」という強いこだわりが無ければ、電子書籍が良いかも。
(電子書籍の方は少し価格抑え目です。購入者さんの手元に形の有る本が残るわけではないので)

 

イベント予定

2014.03.30 COMIC CITY 大阪97 CC大阪98 通知着たらスペースナンバーとサークル名も追加します。

スケブ描かせて頂けると幸せです(笑)……知らないジャンルを「資料渡すから描いてー!」は無理ですが;

 

通販について

自家通販のページを公開開始しました。詳細はコチラから

オフライン活動お役立ちリンク

お世話になっております。
HOPE21様

STARBOOKS様


Photoshop用トーン素材配布サイト(※英文表記のみ)


ねこまたぎくらぶblog

過去発行物

完売して在庫が無いもの。再版の予定は今のところ御座いません。


※2013年夏コミあわせ・落花流水は、元がここのサイトで掲載している小説が大半であるため、完売とともにpixivでのサンプル公開を終了しました。


Substrage
サイトの他にこそっとラクガキや散文置いている外部サービス。
※Pixiv/TINAMI以外はTwitterアカウントをお持ちの方でないと見られません。
また、好みの分かれるコンテンツについては、
公開範囲を限定させて頂いている場合があります。
予めご了承ください。
ぷらいべったー(表)
ぷらいべったー(鍵)
Pixiv(現在一時休止・新刊サンプル等ごく一部の告知用)

他ジャンル置き場

養子にかかる制限・無印とRの共通点と相違点

養子にかかる制限の仕様。R→頂いた養子さんは他家に送り出すことが出来ない(多分)
縁組のとき文字がグレーになってたので出来ないと思ったんだけど、出来た人いらっしゃるのだろうか。
ただしRは、同一姓(例:両方とも高千穂家)でも養子のやり取りが可能。

養子にかかる制限・無印(GA)→頂いた養子さんでも、他家に送り出すことが出来る。
ただし、全くの別人のプレイデータでも、同一姓(例:両方とも高千穂家)の場合は養子のやりとりができない。

無印のこの仕様、鈴木さんとかよくある名前だと本名プレイできなくなっちゃうよね(苦笑
だからRでは、同一苗字でも養子のやり取り可能だけど、変わりに「貰った子は出せない」仕様に変えたのかな。
親子や兄弟でお互いRプレイしてるときに、養子分社結魂できないと困るという配慮なのかも。

養子にかかる制限・Rと無印共通→全くの別人でも、同一名前の場合は養子として迎えることが出来ない。
純粋に文字で同一人物と判定している模様。顔グラ・職業・生まれ年関係なく、名前の文字列が同一だとダメ。

つまり、無印だろうがRだろうが、お気に入りの子でハーレム作ろうと思ってデータ2つ以上作っても、
一度養子として受け入れたお子さんの「名前」は家系図に残るから、
育った状態のお子で同グラハーレムは無理ってことですね(苦笑

だから来訪前のデータをバックアップとっておいて、違う名前付けて送り出し……という「養殖」ワザがあるのかーと納得。

GA透架を語る

久しぶりに触れる無印俺屍。
初心に戻って入力した初代の名前は「高千穂透架」。
しかし、ここで初プレイと同じ顔グラ・髪色も同じになるとは思っていませんでした。

女15初代は名前が違うのでどっちがどっちか文字のみで見分けがつくのですが、このままだと「高千穂透架」は二人居て、しかも両方火髪なので「どっちも赤毛だよ!!!」状態です。

プレイヤーここで考えた。
字面で何か区別がつく、良い方法は無いものかと。

結論。

「アーカイブ版の透架を『GA透架』と表記すれば良いのでは?」

初代当主って遺言も固定だし進言内容も見ることが出来ないので、プレイヤーが性格づけするしか無い様な気がします。

久しぶりだからと言うのを差し引いても。「顔グラ同じで髪色が同じでも、やっぱりPS版でプレイしてたときの透架とは別人なんだなぁ」という意識が強いです。
PS版をプレイしていた頃から時間も経過しているし環境も変わっているから、「プレイヤーの私自身の内面も少なからず変化している影響」もあるのかもしれませんが。

私は多分、プレイヤーとしてのヒキが強いのでしょう。
親子だったり兄弟だったり恋仲(笑)だったりする子が世代近く生まれてくることが多いのです。
しかし、初代についてもそれ以外の子についても、「ああやっぱり別人なんだなあ」と一期一会を強く感じます。
たとえどんなに姿が似ていても、「同じ子には二度と会えない」のが俺屍の醍醐味なのかなぁ、とも。

無印透架は譲れないものがハッキリしていて、一番大切なものさえ無事なら他はどうでもいい。ある意味、正気のまま狂気の采配が出来てしまう人です。
自分がどこか「歪んでいる」自覚があるので、綺麗なものに弱い(笑)。

一方、GA透架。
押しが弱くて流されるまま「運命の一族の始祖」になった一面があるのですが、基本的に「他人が大切にしているものは自分も大切にする」人。
自己主張はあまりしませんが、「言わずに我慢する」ことを選んだ場合は、墓まで持っていくタイプです。
そして自分が出来ないことは素直に他人の力を借りることが出来る人……かなぁ。
私は見栄っ張りの強情っ張りで助けを求めるのが下手なので、GA透架も高羽透や水月司同様「欠点克服した理想の自分」なのかもしれません。
キャラ付けするにあたってそうなるよう意図したわけでは無いのですが。
だけど自己投影の強い分身(アバター)というより、別人(キャラクター)ですね。自分の分身という意識で作ったのが無印透架と高羽透です。水月司とGA透架は「キャラクター」として意識していて、憧れではあるけれどハッキリと「別人」です。
無印透架と違い、昼子さんの計画は知りません。

冒頭の女神の話は
「低血圧な彼は寝起きでぼーっとしてたのでロクに頭に入らず、覚えていない」です。

自分の代で大江山踏破が無理だと悟るのは、実際に登った12月。
GA高千穂家のプレイ記録を元に何か二次創作の物語を書くかどうかは、悲願達成してから決めます。

そして、無印高千穂家(および鷹羽家)と若干の繋がりが出来ている(並行世界でif世界)なのは実はR版・高羽家(透の家)なので、
GA高千穂家と無印高千穂家は関連無しです。

顔グラ同じなのは他人の空似。
名前が同じなのは偶然の一致。
(無印透架の『高千穂』は彼自身が適当に考えた偽名という設定なので^^; つまりGA透架は高千穂まで含めて彼の本名です)

サイト運営についてのスタンス(ご質問に対する返答・やや長文)

一部のプレイ記録は別ブログにて展開中なので、二次創作に入るものは本館(CMa)で更新していきます。
別ブログにしてるのはプレイ記録付け始めたのがサーバー移転前で、本館置いてるサーバー重かったからです。

あと「二次色薄ければ、検索に引っかかりやすい無料ブログでも差し支えないかなと判断した」という理由もあります。

 

私の分類は下記。

プレイ記録→オタクじゃない、一般的なプレイヤーさんの視界に入れても原作の営業妨害にならないもの。

キャラクターイラストを、公式に無関係な一個人である私が勝手に描いたイラストで代用することに関しては賛否両論あると思いますが、俺屍無印については版権元の返答とガイドラインを参考に運営しています。

SONYさんの回答及びガイドライン

俺屍無印で、ゲーム画像をデジカメ(やモバイルカメラ)で撮影したものをブログやサイトに掲載することは商用・非商用を問わず「不可」

ユーザー制作のイラスト・文章をブログやサイトに掲載することは「可」

※ただし下記の条件を除く
 ・アダルトサイト
 ・営利目的のサイト(および、営利目的の利用)

俺屍Rでのスクショ(ゲーム画像)の扱い

・取説P9にも記載があるとおり、個人サイト(ブログ)での使用は問題なし。
ただし、「営利目的のサイト(および、営利目的の利用は不可)」「アダルトコンテンツを含むサイト」での使用は不可。

・PlayStation Network(PSN)利用規約において禁止される行為および それらを含むサイトにおける利用は不可。
*PSN利用規約
http://legaldoc.dl.playstation.net/ps3-eula/psn/j/j_tosua_ja.html

「不可」とされてるサイトでの利用が判明した場合は当該サイトよりスクリーンショット画像を削除することや、
当該サイトの管理者に削除依頼をすることが有。

以上を参考に、無印のプレイ記録は「ユーザー制作のイラスト」をゲーム画面を撮影したものの代用として掲載、
Rのプレイ記録はスクショを掲載しています(Rのスクショ取り忘れで私の手書きになる場合がごく稀にありますが)。

この辺(SONYさんへ送った質問への回答)は、Ray君に記事渡すにあたって彼に迷惑かからないように最初に記事として掲載してもらってるので、詳細はそちらをご覧頂ければ。
該当記事→http://fansite.oreshika.jp/rminatsuki_00/

 

二次創作と記録を分けているのは、「他のユーザーの記録は攻略の参考として見たいけどオタクの妄想は見たくない」という方の視界に間違って入っちゃう事を私が避けたいからです。
私の書くモン、俺屍開発者の桝田さんやMARSさん、アルファシステムさんが寛容なのに甘えさせて頂いてて、「捏造設定が多いので好みが分かれる」ことは承知してますからね。

ただし、これはあくまで私の運営スタンスです。
他のサイト管理人さんやブログ管理人さんが、無理をしてまで私のやり方にあわせる必要は無いですよ。
サイト運営スタンスはそれぞれの管理人が自己責任でもって決めればよいと思います。
ご自身のサイト(ブログ)なんですから。

「水月さんはどうしてその方針(運営スタンス)を決めたんですか」とのご質問に対しては、私の意図と理由は返答いたしますが、「どうしたら良いですか」「こうしたほうが良いですか」とのご質問に対しては「それ(サイトやブログの運営スタンス)をお決めになるのは、私ではなく○○さんご自身です」としかお返事できません。
参考程度に私が経験した過去事例をお話しすることもありますが、最終的に判断するのは私ではなく事例を聞いた「質問者さんご自身」です。

サイトの管理人が方針決められるのは自身の管理サイトのみであって、他人のサイトやブログの方針に対しては口出しできるものでは無いし、口出しするのはお相手の方に対して礼儀を欠く行為だと私は思っているので、しません。
(他人様のスタンスに対して口出ししたことは無いですが、ツイッターなどの発言でそう見えてしまったことがあるのならば、内省する所ではあります)

余談ですが、私が自分のサイトにR18置いてないのはサーバーの規約上置けないのと、SONYさんのガイドラインに引っかかる以上「置いたら削除要請来る可能性がある」からです。

以上で、参考になりましたでしょうか。

私のような辺境サイト管理人をお手本にとのお言葉、大変嬉しく存じます。
……が、なにぶん少し「固い」部分や、物言いが直球過ぎて他人様の心の機微を文章から読み取るスキルに欠けている部分のある未熟者の考えです。

「ああ、こんな考え方もあるんだな」位にさらっと流して頂いて、ご自身にあった運営スタンスを築いて行かれれば良いと思いますよ。
陰ながら応援させて頂きますね^^*

移転準備

というわけで携帯から動作確認。無事表示されるし更新も出来る。

何個か忘備録追加したら移転告知しても良いかな。
ひとまず、サーバーに入金してきます。

素材屋置いてるから前のサーバーは解約しないけど、一定期間経過後サブドメインを削除しちゃうからいずれはアクセス出来なくなります。

診断メーカーネタ・頭をなでなでしてみる

元ネタはコチラ→ http://shindanmaker.com/285988

氷雨が時雨の頭をなでなでしてみると、目を閉じ、気持ちよさそうにしています。

外さない癒し系親子……。

 

氷雨が藍晶の頭をなでなでしてみると、「ありがとう…嬉しい」と満面の笑みを向けてきました。

この素直な反応は、訓練期間中ぐらいだろうなー。
育った藍晶なら「ちょ、子ども扱いすんなよー」と言って、氷雨の手をどけてそっぽ向くという反応する筈なので。
以下腐向けコメントなので反転文字で。
藍晶は触れてもらえて嬉しいんだけど、子供扱いされるのは嬉しくない。
藍晶が向けてる感情は恋、氷雨が向けてる感情は弟への家族愛なので、藍晶はずっと片想いのままなのです。

藍晶が氷雨の頭をなでなでしてみると、目を閉じ、気持ちよさそうにしています。

なんかこれ、死期の迫った氷雨と、育ちきった藍晶が浮かんでちょっと切ない。

「――藍晶に頭を撫でてもらう日が来るなんて、思ってなかったな」
「……ごめん」
「どうして謝るのかな?」
「あー……起こしちゃったかなー、ってか。その……うまく言えないや」
「藍晶の手は温かいから、心地良いね」

……とか。死期の迫った人と一緒って何かこう、俺屍独自の切なさというか、他と違った時間の流れを感じますよね。

 

魔槍が藍晶の頭をなでなでしてみると、「これなに?」と冷静に聞いてきました。

うわ、さすが本命以外には見向きもしない藍晶。魔槍に対してはホント素っ気無いんだな。

(……主がしていたように、頭でも撫でてみるか)
「何してんの」
「ふん、つまらぬ」
(……喜ぶでもない、動揺するでもない、か。まこと、可愛げのない小僧だ)
「お前に頭撫でられても嬉しくねーンだよ」

逆バージョン。藍晶が魔槍で診断してみた。
※完全に腐向けなので結果ごと反転してます。

藍晶が魔槍の頭をなでなでしてみると、「…身体も…」とおねだりしてきました。

……デレた。
まさかの展開に、私なんとコメントつけていいのかわからない……!

私の定義する、「個人利用」の範囲

ええと。私ちょっと、過去に色々あったので、線引きが結構特殊というか。

「裏」の扱いについても、健全ものでも裏というか、パスがけしてるものもあります。
過去にあった「色々」の詳細については、差し支えるのと見ててあんま良い気分じゃない話題なのでここでは割愛させて頂きます。

ただこのへんの定義は、著作権抜きに「書き手の感情論」により是否が分かれる問題です。私は大丈夫でも他の方はイヤ! ってこともありますし、その逆もしかりです。ですので、私以外の書き手さんの作品に関しては「ご本人に聞いてください」としか言えませんです……。
……あと、無いとは思いますが。
元々の原作者様、メーカー様等の権利保有元等の製作者様サイドの方々が私などの描いたもの使ってくださるとか畏れ多すぎますが、
黙認していただいて好き勝手に描かせていただいているのはいちファンでありユーザーの私の方なので煮るなり焼くなりお心のままに、と申し上げておきます。

分かりやすく、箇条書きにしますね。 続きを読む «私の定義する、「個人利用」の範囲»