投稿者「水月@管理人」のアーカイブ

双子さんに質問回答・蓮と蓉

1・お二人のお名前は?

蓮 「あー……うん。『水月 蓮(ミナツキ レン)』です」
蓉 「一族の名は初代の真名だから明かせねェンだ。同じく『水月』蓉(ヨウ)」

2・ご両親はどなたですか?

蓉 「そういや、オレら双子じゃなくても佑兄さんとは父上も同じなんだよな。父上は鹿島中竜さま、母上は『水月司(ミナツキ ツカサ)』」
蓮 「家訓があるからなぁ。ま、矢鱈におれ達の異母兄弟が増えることになるんだろうけど、そこはまぁ……気にしていても仕方がないところなんだろう。初代曰く『血は母から伝えられるもの故、母が同じ子らを兄弟姉妹として扱う。これらの者の婚姻を禁ず』らしいから」

3・外見や職業を始めとした、お互いのことを紹介してください。

蓮 「蓉は槍使いで、髪は初代と同じ水浅葱。瞳は瑠璃色。肌は初代と同じ桜色。夜更かしとか脂っこいものとか、体に悪そうなものが好きだよなー。けど、おれが怪我すると真っ先に回復を進言してくるから、こう見えて意外に心配性というか、『気は優しい』のかも知んねーな。言うと怒るけど」
蓉 「馬っ鹿、オレは優しくなんかねーっての。けどまぁ、蓮って当主だし? 隊長がやられたら其処で負けなんだから周りが残り体力に気を配るのは当たり前だろ。初代じゃねーけど、せっかく後列狙い撃てる獲物持ってンだ、回復や防御より攻撃してもらった方が良いじゃねーかよ。あー……ンで、蓮の髪色は芥子色で瞳は初代と同じ金色。だけど初代とちょっと雰囲気が違うよな。どっちかって言うと父上の瞳に近いか」

蓮 「職業は、家に来た時『槍の指南』と『弓の指南』が並べて置いてあって、良くわかんないまま、おれが弓の指南書を手に取ったから、蓉が槍を持つことになったんだよな……今思うと、おれが槍にしとけば良かったかもなぁ」
蓉 「何言ってんだ、蓮を前列に立たすのなんて危なっかしいだろ」
蓮 (……危なっかしいのはどっちだか)

4・仲はいいですか?

蓉 「家族なんだし。まぁ普通かな」
蓮 「ああ、うん。佑兄さんも蓉も、由羽ちゃんも……皆大事な家族だよ」

5・「ああ、こいつと双子なんだ」と思うことは?

蓮 「意図したわけじゃなくて進言が被ったとき」
蓉 「初代によく苦笑いされてたよなぁ」

6・「こいつとは双子じゃねぇ」と思うことは?

蓮 「うーん。と、いうよりおれは、『双子』と『他の兄弟』に大きな差があるような気がしないんだよな……」
蓉 「オレは今、『こいつとは双子じゃねぇ』と思ったな」

7・ぶっちゃけどちらの方がご両親に似てる?どんなところが?

蓮 「蓉の方じゃないか? 髪色とか、自分が前列に出るのは良くておれが前列出るのは駄目だって言う所とか」
蓉 「オレは蓮の方が似てると思うぜ。一歩下がって全体見ながら、討伐隊全員のケガとか気をつけてる所とか、あと瞳の色」

注:蓮は母親を思い浮べながら、蓉は父親を思い浮べながら答えています。

8・相手のここがスゲェ!と思うことは?

蓉 「蓮はあんま、カッとなってあーだこーだ言うことはしねェ。あとまー何だ、黄川人の話を真面目に聴いてやっても良いと思えるあたりがスゲェ! とオレは思うけどな」
蓮 「……家の女子は黄川人に冷たいなーとは思ってたんだけど、お前も大概だな。蓉は、……そうだな、おれが思いつかないような、敵の弱点をつく戦術が上手い。攻撃術のタイミングとか、残り体力や命中の度合いなんかの計り方が『すげー』だな」

9・相手のここは苦手なんだよな…と思うところは?

蓮 「褒めたのに何でかキレられたとき。正直ちょっと落ち込む」
蓉 「あー……悪かったよ! っつか、人前で自慢の弟とかさ、こっぱずかしーんだよ」

10・あいつのここだけは許せない!と思うことは?

蓮 「うーん? 目の前にいない状態でまで、そこまで腹立つ相手に会ったことはねえなぁ」
蓉 「オレは腹立ったらその場で言うからな。蓮は腹立てること自体が少ない」

11・双子とは言えどもここだけは譲れないという境界線はどこですか?

蓮 「いや、だから。おれにとっては、双子だろうが兄さんだろうが妹だろうが、譲れない境界って多分同じなんだよな。だから、『双子』って状態に限定するなら『特に無い』かな」
蓉 「……はー。其処がオレと蓮との違いなんだろうな」

12・食べ物の好みや考え方の趣向の違いはありますか?

蓉 「蓮はシジミが好きだが、オレはどっちかって言えばアサリ派だ」
蓮 「味噌汁と言えばシジミだろ」
蓉 「いや、アサリだろ」

13・共通の趣味や特技などはありますか?

蓮 「あー……どうかな?」
蓉 「言われてみれば、ねェな。まぁ、初代の言う『な、なんと愛らしい!』が理解できねェ! って所ぐらいじゃねェか」
蓮 「初代が好きそうなものを把握出来てた、佑兄さんって凄いよなぁ」

14・討伐に行くときはいつも一緒ですか?

蓮 「交神と訓練でズレるまでは、大体いつも一緒だったな。間合いが違うからその方が良いんだ」
蓉 「……そういや今ふと思ったけど、オレは小さいとき、指南書はどっちでも良かったから余ってた方を取ったんだがな。結果的に同じの取らなくて良かったのかもな」

15・どちらかが隊長になるとしたら、どちらがなりますか?

蓉 「蓮。当主だからな」
蓮 「当主になったのは、蓉が『オレは多彩な戦術で蓮をサポートするから』って言ったからだろ……」

16・初陣前の二ヶ月間一緒に訓練した時のエピソードを教えてください。

蓮 「そういや、イツ花の記録だと2ヶ月目に初代が特訓したの蓉だけってことになってるけど、ホントは文机二人並べて差し向かいに居たから、二人同時にみて貰ってたんだよな」
蓉 「一ヶ月目、佑兄さんに訓練してもらって、初代が蓮の訓練して。討伐に行かずにちゃぶ台囲んで過ごすってのは珍しいのかも知んねーな」

プレイヤー注:実際に後にも先にも『休養』コマンド使ったのはこの時だけでした。

17・討伐中、相手が大怪我!あなたの反応は?

蓮 「蓉にお雫」
蓉 「蓮にお雫。無理なら常盤の秘薬。薬も無いなら引波。それも無ければ『かばう』」

18・交神するとしたらどちらから?(またはどちらが?)生まれた子供はどちらが面倒を見ますか?

蓮 「それ、ついこの前話したような気がするんだがな」
蓉 「こういうことは当主が先だろ。蓮が先に行けよ?」
蓮 「わかったよ。子供は、家訓により基本的に面倒を見るのは親だな」

19・喧嘩することはありますか?それはどんなとき?

蓮 「そういえば、無いなぁ」
蓉 「まー、オレと違って蓮はカッとなること自体ほとんど無ェし、大抵折れてくれるからな」
蓮 「口は悪いけど、蓉は根本的に相手が困るような事柄はゴリ押ししないからなぁ」

20・相手に裏切られた!と感じるときはありますか?

蓮 「無いなぁ。そもそも『裏切られた!』って感じるのは、自分の方が勝手な理想を相手に押し付けてるから起こる誤解で、それってただの子供の我侭だろ」
蓉 「すげェ大人な発言だとは思うが……素直に喜べねェのはどうしてだろうな」

21・二人で力を合わせたら――どんなことができますか?またはできそうですか?

蓉 「『大江山だって越えられる!』とか、そういう発言を期待されてンのかな、此れは」
蓮 「うーん。だけどまぁ、二人だろうが三人だろうが、出来ないものは出来ないし、出来るものは出来る。おれも蓉も、戦って戦って力をつけて、次代に願いと力を受け継ぐこと、位じゃねえかな」
蓉 「その合間に『家族揃って幻灯を撮る(ただし枠は可能な限り愛らしいもので)』と、『家族揃って好物を入れた食事を摂る』を入れないと、初代に叱られるぞ」

22・二人だけの秘密はありますか?

蓉 「ここで言っちまったら『二人だけの秘密』もクソもあったモンじゃねェだろ」

23・ここだけの話、双子だからこその悩みってありますか?

蓮 「ああ、そういや無いなぁ」
蓉 「いやいや布団が狭いとか、着物をしょっちゅう間違えるとか色々あるだろ」
蓮 「あれ? それって双子に限った悩みなのか?」
蓉 「あー! 何でもねェ! 次だ次!」

24・仮に双子でなかったとしたらどんな関係になっていたと思いますか?

蓮 「佑兄さんとおれ達みたいな関係? って、今とあんまり変わってない気がするのはおれだけかな……」
蓉 (オレにとって蓮と佑兄さんは同じ兄でも、蓮の方が「弟」みたいなんだがな)

25・双子に生まれて幸せですか?

蓮 「双子じゃなかったら、あの訓練1ヶ月目の時間は無かったと初代から聞かされたから……良かったんじゃないかな、双子で」
蓉 「オレにとっても、やっぱ兄さんと蓮と、初代と4人でちゃぶ台囲んだのはいい思い出だからな」


質問配布元→魂結び

不撓不屈のR水月一族 1023年1月~3月

記録者・麻緒

1023年1月
討伐はさしたる戦果無し。いや、全員無事に帰還が最大の戦果!
いいこと言うじゃん、あたし。

 

1023年2月
討伐強化月間報奨金・1852両
うん、帝ってやっぱりケチね。道理で、お役所に任せといたら都がいつまでも復興しない訳だわ。
報奨金と、いらない武具を何個か売ったお金で商業部門にいくらか投資。
金額をここに記録しない理由? やーね、淑女のたしなみってやつよ。

 

1023年3月
交神の儀 現 ほろ酔い桜
現兄さん、姿絵の頬を見て「恥じらいのある乙女」だと思い込んでたらしくて、帰ってきたときちょっぴり落ち込んでたわ。
ま、あの女神様のお力なら、強い子を授かること間違いなし!
しかも女の子らしいわ。うん、やっぱり薙刀士は女の子よね。

GA透架を語る

久しぶりに触れる無印俺屍。
初心に戻って入力した初代の名前は「高千穂透架」。
しかし、ここで初プレイと同じ顔グラ・髪色も同じになるとは思っていませんでした。

女15初代は名前が違うのでどっちがどっちか文字のみで見分けがつくのですが、このままだと「高千穂透架」は二人居て、しかも両方火髪なので「どっちも赤毛だよ!!!」状態です。

プレイヤーここで考えた。
字面で何か区別がつく、良い方法は無いものかと。

結論。

「アーカイブ版の透架を『GA透架』と表記すれば良いのでは?」

初代当主って遺言も固定だし進言内容も見ることが出来ないので、プレイヤーが性格づけするしか無い様な気がします。

久しぶりだからと言うのを差し引いても。「顔グラ同じで髪色が同じでも、やっぱりPS版でプレイしてたときの透架とは別人なんだなぁ」という意識が強いです。
PS版をプレイしていた頃から時間も経過しているし環境も変わっているから、「プレイヤーの私自身の内面も少なからず変化している影響」もあるのかもしれませんが。

私は多分、プレイヤーとしてのヒキが強いのでしょう。
親子だったり兄弟だったり恋仲(笑)だったりする子が世代近く生まれてくることが多いのです。
しかし、初代についてもそれ以外の子についても、「ああやっぱり別人なんだなあ」と一期一会を強く感じます。
たとえどんなに姿が似ていても、「同じ子には二度と会えない」のが俺屍の醍醐味なのかなぁ、とも。

無印透架は譲れないものがハッキリしていて、一番大切なものさえ無事なら他はどうでもいい。ある意味、正気のまま狂気の采配が出来てしまう人です。
自分がどこか「歪んでいる」自覚があるので、綺麗なものに弱い(笑)。

一方、GA透架。
押しが弱くて流されるまま「運命の一族の始祖」になった一面があるのですが、基本的に「他人が大切にしているものは自分も大切にする」人。
自己主張はあまりしませんが、「言わずに我慢する」ことを選んだ場合は、墓まで持っていくタイプです。
そして自分が出来ないことは素直に他人の力を借りることが出来る人……かなぁ。
私は見栄っ張りの強情っ張りで助けを求めるのが下手なので、GA透架も高羽透や水月司同様「欠点克服した理想の自分」なのかもしれません。
キャラ付けするにあたってそうなるよう意図したわけでは無いのですが。
だけど自己投影の強い分身(アバター)というより、別人(キャラクター)ですね。自分の分身という意識で作ったのが無印透架と高羽透です。水月司とGA透架は「キャラクター」として意識していて、憧れではあるけれどハッキリと「別人」です。
無印透架と違い、昼子さんの計画は知りません。

冒頭の女神の話は
「低血圧な彼は寝起きでぼーっとしてたのでロクに頭に入らず、覚えていない」です。

自分の代で大江山踏破が無理だと悟るのは、実際に登った12月。
GA高千穂家のプレイ記録を元に何か二次創作の物語を書くかどうかは、悲願達成してから決めます。

そして、無印高千穂家(および鷹羽家)と若干の繋がりが出来ている(並行世界でif世界)なのは実はR版・高羽家(透の家)なので、
GA高千穂家と無印高千穂家は関連無しです。

顔グラ同じなのは他人の空似。
名前が同じなのは偶然の一致。
(無印透架の『高千穂』は彼自身が適当に考えた偽名という設定なので^^; つまりGA透架は高千穂まで含めて彼の本名です)

サイト運営についてのスタンス(ご質問に対する返答・やや長文)

一部のプレイ記録は別ブログにて展開中なので、二次創作に入るものは本館(CMa)で更新していきます。
別ブログにしてるのはプレイ記録付け始めたのがサーバー移転前で、本館置いてるサーバー重かったからです。

あと「二次色薄ければ、検索に引っかかりやすい無料ブログでも差し支えないかなと判断した」という理由もあります。

 

私の分類は下記。

プレイ記録→オタクじゃない、一般的なプレイヤーさんの視界に入れても原作の営業妨害にならないもの。

キャラクターイラストを、公式に無関係な一個人である私が勝手に描いたイラストで代用することに関しては賛否両論あると思いますが、俺屍無印については版権元の返答とガイドラインを参考に運営しています。

SONYさんの回答及びガイドライン

俺屍無印で、ゲーム画像をデジカメ(やモバイルカメラ)で撮影したものをブログやサイトに掲載することは商用・非商用を問わず「不可」

ユーザー制作のイラスト・文章をブログやサイトに掲載することは「可」

※ただし下記の条件を除く
 ・アダルトサイト
 ・営利目的のサイト(および、営利目的の利用)

俺屍Rでのスクショ(ゲーム画像)の扱い

・取説P9にも記載があるとおり、個人サイト(ブログ)での使用は問題なし。
ただし、「営利目的のサイト(および、営利目的の利用は不可)」「アダルトコンテンツを含むサイト」での使用は不可。

・PlayStation Network(PSN)利用規約において禁止される行為および それらを含むサイトにおける利用は不可。
*PSN利用規約
http://legaldoc.dl.playstation.net/ps3-eula/psn/j/j_tosua_ja.html

「不可」とされてるサイトでの利用が判明した場合は当該サイトよりスクリーンショット画像を削除することや、
当該サイトの管理者に削除依頼をすることが有。

以上を参考に、無印のプレイ記録は「ユーザー制作のイラスト」をゲーム画面を撮影したものの代用として掲載、
Rのプレイ記録はスクショを掲載しています(Rのスクショ取り忘れで私の手書きになる場合がごく稀にありますが)。

この辺(SONYさんへ送った質問への回答)は、Ray君に記事渡すにあたって彼に迷惑かからないように最初に記事として掲載してもらってるので、詳細はそちらをご覧頂ければ。
該当記事→http://fansite.oreshika.jp/rminatsuki_00/

 

二次創作と記録を分けているのは、「他のユーザーの記録は攻略の参考として見たいけどオタクの妄想は見たくない」という方の視界に間違って入っちゃう事を私が避けたいからです。
私の書くモン、俺屍開発者の桝田さんやMARSさん、アルファシステムさんが寛容なのに甘えさせて頂いてて、「捏造設定が多いので好みが分かれる」ことは承知してますからね。

ただし、これはあくまで私の運営スタンスです。
他のサイト管理人さんやブログ管理人さんが、無理をしてまで私のやり方にあわせる必要は無いですよ。
サイト運営スタンスはそれぞれの管理人が自己責任でもって決めればよいと思います。
ご自身のサイト(ブログ)なんですから。

「水月さんはどうしてその方針(運営スタンス)を決めたんですか」とのご質問に対しては、私の意図と理由は返答いたしますが、「どうしたら良いですか」「こうしたほうが良いですか」とのご質問に対しては「それ(サイトやブログの運営スタンス)をお決めになるのは、私ではなく○○さんご自身です」としかお返事できません。
参考程度に私が経験した過去事例をお話しすることもありますが、最終的に判断するのは私ではなく事例を聞いた「質問者さんご自身」です。

サイトの管理人が方針決められるのは自身の管理サイトのみであって、他人のサイトやブログの方針に対しては口出しできるものでは無いし、口出しするのはお相手の方に対して礼儀を欠く行為だと私は思っているので、しません。
(他人様のスタンスに対して口出ししたことは無いですが、ツイッターなどの発言でそう見えてしまったことがあるのならば、内省する所ではあります)

余談ですが、私が自分のサイトにR18置いてないのはサーバーの規約上置けないのと、SONYさんのガイドラインに引っかかる以上「置いたら削除要請来る可能性がある」からです。

以上で、参考になりましたでしょうか。

私のような辺境サイト管理人をお手本にとのお言葉、大変嬉しく存じます。
……が、なにぶん少し「固い」部分や、物言いが直球過ぎて他人様の心の機微を文章から読み取るスキルに欠けている部分のある未熟者の考えです。

「ああ、こんな考え方もあるんだな」位にさらっと流して頂いて、ご自身にあった運営スタンスを築いて行かれれば良いと思いますよ。
陰ながら応援させて頂きますね^^*

不撓不屈のR水月一族 1022年12月

1022年12月 記録者・麻緒

巻物取得・紅涙弾
真緒「疾風剣真緒」創作

いやいやいや、これちょっと、大事(とあたしは思ってないけど初代様がきちんと記録しろって言ってたらしい)な迷言抜けてるじゃん黄川人の。
剛さんから当主の座を託されたので、今月から手記書くのはあたし、真緒の担当ね。

しっかし何だかなー…「奥義創作」とか「第9代当主就任」って自分で記録するのって気恥ずかしいなぁ。

というわけで、あたしが忘れないうちに記録しとくけど、11月12月と大江山に登ったのね。
んで、黄川人のクソガキが「あの鬼を退治できたら素敵なところに招待するよ」って言ってたんだけど、なーんか悪意を感じるのはあたしの気のせいなのかしら?

それはさておき、剛さんの最期の言葉。決して格好良くはなかったけど、人柄がにじみ出ててあたしは好きよ(尊敬するって意味でね)

「いつも言葉が足りなくてごめん。今も何も言えなくてごめん。だから…ありがとうございました」
(プレイヤー注:やはりモヒカン君は、今回もとても心根の優しい子でした。三つの進言の中にも必ずひとつ、回復が入ってたのもお約束)

→1023年1月の記録へ

不撓不屈のR水月一族 1022年8月・9月・10月・11月・12月

記録者・剛

1022年8月
「当主様、今月は何を……って、あああッ!」
剛だ。爽殿より当主の座を託された。今月より、手記は拙者が記録する。
思えば、爽殿はいつまでも若々しく溌剌とした方であったから、こうしてお亡くなりになられるなど拙者もついぞ実感がわかなかったのだ。自分の至らなさにただ恥じ入るばかり。
「俺の人生は…けっこう刺激的だったかもナ…」

1022年9月
討伐は、さしたる戦果なし。
すまぬ、初代様。

1022年10月
鳥居千万宮討伐
九尾吊りお紺打倒 出撃隊長 七実
先月に継ぐ討伐で、迷宮奥の親玉打倒の知らせあり。怪我人無し。
迷宮の途中にて、土々呂震玄様解放との知らせあり。

1022年11月
米相場の儲け、5枚で397両。
討伐はさしたる戦果無し。

 

→1022年12月の手記へ

不撓不屈のR水月一族 1022年6月・7月

1022年6月/7月 記録者・爽

恨み足、右カイナ、左カイナ打倒
巻物取得・風祭り、黒鏡
剛君の子が来た。趣味は菊作り……渋い、渋すぎる! ヤバイって、何か渡とは違った意味でかっけーよこの親子。
名前はどうする? って聞いたら、剛君は以外な達筆で半紙に郷って記したのを渡してくれた。

読みは……ゴウだと剛君なのか息子の方なのか紛らわしいから(サトシ)。いや、名乗り読みって便利な。

あー、俺もボチボチお迎えが近いか。
ってことで、七実ちゃんを隊長に指名して白骨城に行ってもらった。
全員無事だからこのまま奥まで進んでも良いか聞かれたから、良いよって返事した。

→1022年8月の手記へ

不撓不屈のR水月一族 1022年5月

1022年5月 記録者・爽

討伐はさしたる戦果なし。ヤバイって、この書き方初代様に怒られそう。

いや巻物や指南書とってきたわけじゃないし、親玉倒したわけじゃないから本当に大して書くことねーンだよ。
若葉の丸薬いくつ拾ったとか、迷宮の中で使っちまうから覚えてねーし。
武器や防具も、使わない分はとっとと質入しちまうからもっと覚えてねーし。

ま、全員無事に帰って来てくれたんだ、それが一番の戦果ってことで。

→1022年6月の手記へ

不撓不屈のR水月一族 1022年4月

1022年4月 記録者・爽
お子来訪・交神の儀 剛 椿姫ノ花連

娘がやってきた。真緒(マオ)と名付ける。イツ花ちゃんによれば「煮魚以外は何でもパクパク召し上がります」らしいんで、前回交神の儀で天界に行ったとき「子供の好き嫌いは極力無くすように、偏食の習慣をつけさせないようにお願いします」って伝えといたのが聞いてもらえたのかもしんねーな。
しかし接ぎ木が得意って、以外に渋めの特技を持ってるんだな。二つ扇の前様って、あれで意外に落ち着いたところのある大人の女性なのかもな。

銘入りの剣を発注するため、真緒を連れて刀匠・剣福さんのもとへ。

ヤバイってあの値段!! 家の修繕費が丸々飛んじまったじゃねーか!
いやしかし、ここは耀穂ねーさんと初代の遺志だ。そして可愛い娘のためだ。
むこう3ヶ月位、雨漏りする家でガマンしよう。雨漏りも放っとくとヤバイって気もするけど、別に雨に濡れたからって死ぬわけじゃねーしな。

ちなみに、七実は妹ができたと大喜びだ。俺も嬉しい。

奥義を創作したことだし、跡継ぎをと思って剛君に交神の儀に行ってもらうことにした。
希望を聞いたら黙って椿姫様を指していた。
いや、剛君がその方が良いと言うなら、俺がとやかく言うことじゃねーよ。

→1022年5月の手記へ