生まれ変わり設定

2012年11月25日 04:48:31
【生まれ変わり設定】
うちの場合。そういや女神のセリフ見るカンジ、俺屍世界って輪廻転生が存在するの大前提ですよね。
しかし!そこに自分の考え突っ込んでよいならば。

七師の家って特殊で、初代・七師の考え方自体が「生まれ変わり? そんなものあるわけが無いだろう。人間死んだらそれで終わりだよ」
七師は死後の世界も来世も信じてません。「そういうものは『ある』と信じていた方が幸せ、というより『救いがある』から、『生きている人間が自分のために造りだした概念』だ。俺は来世も前世も信じないが、信じたい奴は勝手にすれば良い」と思っているのが七師。

R水月→初代からして昼子さんと直談判して「佑(第1子)に続く一族を生まれ変わらせろ」と言ってたので、輪廻の概念アリ。

高羽→そもそも初代・透がR水月嵐の生まれ変わりという設定なので、輪廻は当然存在する。R水月・高羽・天来・片瀬は微妙にリンクしてる並行世界なので、輪廻転生の概念が存在し、生まれ変わるのは基本的に、周回別の他家。
つまり、R水月の家に生まれた嵐が高羽透になったように、同じ家には戻ってこない。
同じ家で顔グラ一巡したら、基本的には「先祖の面影を宿した別人(=そっくりさん)」だけど、顔グラが同じでも必ず転生者とは限らないのがややこしくてすみませんなところです(苦笑)。
顔似ていて別人なのは、鷹羽初代とR水月初代、R水月遥と天来凛音。

で、初代=悲願達成まで輪廻の輪に戻らないが基本原則なので、各家の初代は「初代として生を受けた」以上、悲願達成時まで生まれ変わらない、です。
氏神になった者も、悲願達成時まで輪廻の輪から外れて魂が天界に留まるカンジ。無印鷹羽と封神はちょっと特殊なので別個に語ります。

っていうか、ここまで語りながら頭の中整理してて思ったんですが。
七師、それだとどうやってあの家訓を維持したんだよってカンジですが、初代自身が生まれ変わりを否定してる以上、「志を継ぐ」以外ありえなくなっちゃいますね……
2代目七師がよっぽど初代に共感して無いとそれ難しいんじゃないか? と。

何かこう、私といえば3と5の腐カプって認識だと思うのですが(そしてそれはあながち間違いではない。笑)

七師の家は、「前世も来世も存在しない、生きている現在こそが全て」って考えがあるから
「血筋を強くする」ってことや、強くなった子孫(=血筋)と受け継がれた継承刀が、
「自分達の生きた証、成し遂げたことの存在を示す分かりやすいカタチ」なんじゃないかな。

死後の世界を否定してる以上、七師が死んだ後も魂だけで留まるって考えにくいしなぁ。
多分、お別れの後、2代目七師になった八塚自身の意思で想いを継ぐ事を選んだんだと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする