各家初代の投資の方針

2012年11月23日 18:06:48
【各家初代の、投資の方針】
建立物とか公共事業は職人が冬を越せる為に必要と考えてる
高羽透の方針は、投資の優先順位 1商業 2宗教 3公共 4娯楽 だったりします。

娘達がかわいい幻灯とったり綺麗な着物着られるように、1宗教 2娯楽 3公共 4商業 なR水月と逆。

透は乙女心を全く理解できないから、幻灯は「そんなんピンボケさえせえへんかったらええやろ」ぐらいにしか思ってません。
そして水月初代と忍に「ぜんっぜん分かってない!」と怒られます(笑
荒れ放題の都をなんとかするのに必死な透は、嵐が言ってるような「人間ってゴハン食べてるだけで生きていけるわけじゃないでしょ」まで頭が回ってない。このへんは環境の違いですね。
嵐の方が復興の進んだ街に生まれているから、若干余裕があるのです。

凛音と封神望は、娯楽優先です(笑 凛音は娘の飛都実に頼まれて幻灯枠増やし、

封神家は「仙」なので、一般的な常識人とはどっかズレてて「おもしろそうだから」という理由で娯楽部門優先。

七師の方針は、1宗教 2公共 3 娯楽 4商業 です。

理由は「血統強化」「継承刀強化」が家訓だから。娯楽が商業より優先されるのは、彼が凝り性だからです(笑
ドSで「強いもののみ子を残す」という家訓を決定した七師ですが、コレクターでもあるので姿絵や幻灯枠集めないと気が済まない(笑

【俺屍の宗教建立物は役に立っているのか?】
あ、そういやウチ宗教建立物、観光名所になってるところ1箇所あった(笑
鷹羽の「鷹羽家の御霊よ神社」がそれだー。
カップルにご利益とか、花札で絶対負けないお札が手に入るとか噂が流れて参拝客の絶えない神社って設定にしてました私(苦笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする