関西系口調の書き分け

2012年11月18日 19:47:09
【関西系口調のうちの子の書き分け】
うちので言うと鷹羽日柳=京都、高羽透=南大阪+兵庫です。
厳密に言うと、透は京阪神+四国なので瀬戸内寄り。
マサ君と喋ってるときの透は、忍と喋ってるときよりおおらかさが前面に出てて、忍としゃべってるときは口の悪さが強調されてる感じ(本人に使い分けと悪気は無い)で、商工会仲間と話してる時の透は、多分バリバリ大阪人(笑 
だから、現パロの青嵐学園の透が一番大阪っぽい。
でも多分、口調が一番怖いのはやっぱ瀬戸内寄りというか、大阪にプラスして四国の言い回しが出ちゃったときかと。
広島・四国は慣れない人が聞くと河内長野より怖く(ヤ○ザっぽい)聞こえるらしいけど。

補足:現パロでお子をお貸しいただくご許可を得た、兵庫家(リコさんち)のお子たちは京阪神(神戸っ子)です。

炎は、似非関西で、多分関東の人がイメージしてる「関西弁」で、関西在住の人が聞いたらハリセンで突っ込み入る口調。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする