一族設定語り・当主の指輪

2012年10月27日 22:32:30
【一族設定語り・当主の指輪】
R水月=実は初代が持ちっぱなし(笑)素材はホワイトゴールド。

天来=着ける位置は任意。装着者がほんのり暖かく感じる不思議なシルバーリング。

高羽=初代透が、着けたまま殴り合いとかしてたせいでちょっと歪んでる(笑)チタンか何かの軽くてそこそこ丈夫な男物。

高千穂=初代の魂が封印されていて絶対外せない。着ける位置は「心臓に直結してる」左手薬指(笑)。初代と昼子に交わされた「呪の契約」の証。デザインは意外にシンプルで目立たない。

無印鷹羽=歴代当主の魂が封印されている。源太さんは「血の記憶を頼りに召喚」される。
実は当主交代の時以外も、装飾品としての指輪は外せる。
が、阿部さんとかの所謂「プロ」が見ると左手または右手の「指に巻き付く刻印」が視える。
つまり指輪自体はイミテーションというか、ただの装身具で呪いの刻印が当主の指輪本体。

封神=精霊銀で出来てる、仙界特別製不思議リング。

水月(七師家)=七師は元々、戦闘用の利き腕と逆の右手につけていたが、八塚の入れ知恵である時期から左手につけるようになる。
※八塚が吹き込んだ情報:「右手は『私は今フリーです』って意味だから、言い寄る人断りたいなら逆にした方がいいよ」
二代目・七師である八塚は意味わかってて左手につけてる(笑 八塚にとって、実は「女避け」
死後の世界を否定している、七師の思念が元になり構築された世界なので、源太パパの魂は指輪の中には居ない。アレは昼子様が作った幻。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする