秋双子を語る

秋双子を語る

秋双子と略してますが、フルネームだと片瀬秋征・秋幸(カタセアキマサ/アキユキ)です。
来訪順だと秋幸が先で秋征があと。
なんだけど、プレイヤーの基準で「片瀬家では双子は二子を姉または兄とする」という家訓があったので、先生まれの秋幸が弟。

性格としては、ふたりとも基本は強心風なんだけど、数値の伸びが秋幸は心水の数値が伸び、秋征は心火の伸びが高かったという点と、嵐を養子に迎えてから秋征の進言が微妙に変わった、というプレイログを参考にしています。

秋幸はもともとが秋征に対する回復進言が多く、秋征は秋幸が多少体力減っててもあまり気にせず攻撃優先、とはいえ隊長の体力よりは若干秋幸の方を気にかけていた様子。だったのが、嵐を連れて行くようになったら嵐を回復が増えたとか。
数値的には、嵐の能力は地獄に行くにはちとキツいかな、程度で双子に比べたら弱いので、年長者が初陣の子を気にかけるのととおなじ仕組みかもしれませんが。

秋幸が弟なんだけど、秋征の方が行動早いので、貧乏籤というか苦労性なのは秋幸。
だけど、内面で色々考えて画策してるのは秋征の方。秋幸は一言で言えば「口下手で朴念仁」。
一見、秋征の方が秋征を振り回しているように見えて、世話を焼くのが実は嬉しい秋幸(秋征はそれがわかってるので面倒ごとを投げっぱなしにする)と、秋幸に悪い虫がつかないように色々牽制しまくる秋征。
ニブいのでフラグを割とへし折ってる秋幸と、気付いててもフラグ回収する方向には向かせない秋征。
ぱっと見、秋征の方が秋幸に依存しているように見えなくも無い双子ですが、実は相手がいなくなったときに喪失感が大きいのは秋幸の方だろうなという気はします。

とはいえ、この双子は所謂びーでえるな関係というよりは、ちょっと拗れてはいるけど思い入れ強めな家族愛というか、「双子ならではの特殊な距離感の兄弟」ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする