不撓不屈のR水月一族 1020年8月

1020年・8月 記録者 5代目当主、風
交神の儀 風・椿姫ノ花連

蓮伯父と同じ方を選んだのは……そうですね、他意はありません。――本当ですよ。
イツ花さんに「目が泳いでますよ」と言われましたが、本当に無いんですよ深い意味なんて。
「土のにおいがする人、嫌いじゃないです」
……どういう意味でしょう。確かに僕は、先々月、片羽ノお業に膝を折り、手痛い敗走を経験しましたが、天上の神には全てお見通しということでしょうか。
でしたらこの方、相当きつい物言いを、僕たちに対してなさる方なのですね。
これも愛の鞭というものなのでしょうか。
本当に、僕のような若輩には、女心の機微などまったく察することなど出来ないようです。
いえ、失礼しました。……ところで、僕が授かったのも男の子のようです。これは天から、「鹿島様の席次よりも一族の血筋を強くなさい」と言われているのでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする